キングダム【第682話】最新話ネタバレと考察・感想!切り立った崖の上には

キングダム【第682話】最新話ネタバレと考察・感想!切り立った崖の上にはのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年28号(6月10日発売)の『キングダム』第682話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第681話第682話
(最新話)
第683話

ネタバレを見る前に『キングダム』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第682話】のあらすじ・ネタバレ

崖に登れれば飛信隊のものだ

趙軍の激烈な反撃を受けて手痛い打撃を受けた飛信隊だが、より難所な崖を選ぶことで趙軍の裏をかくことができた。

干斗を先頭に次々に崖を上っていく。

趙の守備兵は見当違いの場所を守っていた。

趙の敵襲の声と干斗のダッシュが交差する。

怯むことなく単騎で特攻する干斗に生死を共にした仲間たちも次々に特攻を始めた。

ここがターニングポイントだ。

戦況を見守る河了貂も番陽も固唾を飲んで見守る。

崖下で戦っている李信には当たり前だという風に、そして趙本陣にはまさかという風に驚きが伝わっているようだ。

成長していた新人たち

いつぞやの怯えていた頃の干斗ではない。

瞬時に3人を仕留めるほどの力量を見せた。

後に続く仲間たちもそれぞれ奮闘し、落石の罠を破壊する余裕まで見せた。

これにより傾斜の緩やかな方向から飛信隊は上れるようになった。

体力に不安がある尾平たち先輩組がこれで楽になる。

だが、全員が崖を上がるまでまってくれる敵兵ではない。

崖を上った直後なのだから体力も疲弊しているだろう、と攻勢を強めてきた。

なめるな、選抜組の飛信隊はもっとキツイ修練を行っているんだよ、と干斗たちは少人数で敵兵を押し返す。

頼れる隊長

崇原たち歩兵団の主力組が上りきる頃には、橋頭保が出来ていた。

新人に任せきりでは先輩の名が廃る。

崇原たちも息を整える間もなく戦場に身を馳せた。

敵の弓を盾で防ぎながらも徐々に崖上を占有していく。

どうやら歩兵の力量では飛信隊の方が上のようだ。

守備兵も増援を送ってきており、混戦は続くが、崇原の指揮のもと一致団結して敵の守備陣形を崩していった。

趙が作っていた狩り場さえ崩してしまえば李信率いる本隊が緩斜面を使って上ってこれる。

混戦の趙右軍だが、左軍ではその状況は伝わっていない。

今が好機なのだ。

要所を把握した羌礼がついて来いと先行する。

一人で戦うな、という干斗の声に彼女なりの檄を飛ばす。

羌礼を心配した昂は部隊長である尾平よりも先行して駆け始めた。

少しずつ男らしさを見せ始める昂と相変わらずの尾平だった。

雪崩れ込む騎馬隊

十分な兵力で守備陣を固めていた趙軍だが、本陣に入ってくるのは劣勢の報告ばかりだ。

どういうことだ、と戸惑う本陣指揮官は次々に変わる戦場に対処ができていないようだ。

さて、右の狩り場の指揮官も敵襲を受けて戸惑っている。

罠用の兵士を置いているのでほとんどが弓兵だ。

とても飛信隊の歩兵と切り結べる戦力はない。

次々と討たれる弓兵に慌てながらもどうしてよいか分からない。

戦況が飛信隊に傾いたと判断した崇原は尾平に李信を呼ばせる。

だが、尾平が呼ぶまでもなく李信は崖を上ってきていた。

攻めどころを見誤らない男、李信がその勢いのまま乱入していく。

岳白公という男

混乱の極みにある趙軍の中で、ただ一人落ち着いた男がいた。

岳白公である。

自身の巨大な戦槌を軽々と片手で持ち、李信を肉塊にしてやろう、と凄む。

一方、雷土に息子が捕らえられたと知った龍白公は自ら助けるために向かっていた。

龍白公は息子を溺愛しており、軽率ではあるが、どうしても自分の手で助けたかったのだ。

だが、残虐さでは定評のある桓騎軍である。

龍白公の僅かな望みを嘲笑うかのように息子は無残に磔にされていた。

まさか来るとは思わなかった。

人の心を無くした桓騎軍は、手柄首に群がるように襲い掛かる。

キングダムの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年28号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『キングダム』第682話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年28号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第682話】の考察・感想

親の子に対する愛情を馬鹿げた者として嘲笑う雷土は本当にらしいですね。

桓騎軍の中では一本筋の通った男に見えましたが、本質は野盗ですから。

とはいえ、ここで龍白公が討たれるという雰囲気をあまり感じません。

逆に逆鱗に触れて龍白公が無双し始めたりするのではないでしょうか。

脇役同士の戦いは勝敗が読めなくて楽しいですね。

さて、李信側はようやく大将が出張ってくるようです。

ここはサクっと李信の活躍を見せて大将軍への功績にして欲しい所ですね。

まとめ

以上、『キングダム』第682話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第683話は、週刊ヤングジャンプ2021年29号(6月17日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!