キングダム【第683話】ネタバレと考察・感想!雷土の命運は如何に!?

キングダム【第683話】ネタバレと考察・感想!雷土の命運は如何に!?のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年30号(6月24日発売)の『キングダム』第683話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第682話第683話第684話

ネタバレを見る前に『キングダム』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第683話】のあらすじ・ネタバレ

親の愛

可愛い息子の死に激怒した龍白公は囲まれながらも桓騎を次々と討ちとっていく。

それでも背後からの攻撃は避けきれない。

討ち取られるのは時間の問題だ。

龍白公の護衛隊も必死で血路を開こうとしているが、雷土の部隊が足止めしている。

完全に待ち伏せていた雷土は弓兵も槍兵も完備しており、簡単に打開できる状況ではない。

ついに龍白公に弓兵の矢が突き刺さった。

可愛い息子、還の名を呼びながら倒れかけるも、磔にされた息子を見て、何もせず死すことはできない、とさらに奮起する。

これこそ親の愛、といえるほどの活躍を見せた。

普段なら逃げの一手だが……

楽に片付くはずだった。

だが、思った以上に粘る龍白公のせいで足の速い敵の援軍が迫っていることが伝えられる。

普通なら、危なくなればすぐに逃げるのが桓騎兵だ。

だが、雷土は厳しい現状で龍白公を討ち取れば桓騎の助けになると考え、止めを刺すことを優先させる。

龍白公はすでに気力だけで戦っており、今の雷土に勝てる状況ではない。

それでも背後から奇襲をかける雷土はさすが野盗だ。

決して武人ではないだろう。

雷土は愛息子が泣きながら小便を漏らして命乞いしていた、と慈悲もなく最後に伝える。

息子の名誉のためにも龍白公はただでは死なん、と龍白公は雷土の矛を握りしめた。

雷土は龍白公を切り捨てるが、矛を握られたまま離れない。

捕縛された雷土

龍白公に矛を握られてしまいまごついていると、敵の援軍が到着してしまった。

投げやりで兵力を削られ、精鋭騎馬隊が乱入してくる。

父親譲りの武人である竜布が雷土の巨体を一撃で吹っ飛ばした。

雷土が指揮できなければ野盗が命をかけて戦うわけがない。

ろくに戦えず兵たちは逃げていく。

竜布は磔にされた弟を見て雷土に怒りをぶつける。

雷土のへらず口に殺しても殺したりない。

竜布は扈輒のもとに雷土を送ることを決めた。

驚く部下や当然だと語る部下。

どうやら普通に死ぬよりも扈輒は過酷な嬲りを行うようだ。

右腕が捕らえられた桓騎はどうするのだろうか。

すまない、と思う雷土は自身の待つ未来よりも桓騎のことを慮っていた。

鬼才亜花錦

一方、影丘では崖上に上った飛信隊の攻勢が次第に衰えていく。

趙軍の方が多いため、時間をかければかけるほど相手の体制が整ってしまうのだ。

始めは順調だった李信、干斗、崇原たちも敵兵に囲まれ勢いをなくしていく。

羌礼もどこかで戦っているだろうが、長期戦には不向きなため休んでいる可能性もある。

ここは切り札である羌瘣に期待したいが、崖下で敵を引き付ける囮を担っていたため、崖上にはなかなか近づけない。

できれば左右からの挟撃を仕掛けたいところだが、王賁が動けない今、戦力が足りないのだ。

河了貂が何か手はないかと思案していると番陽が事前に仕掛けた一手がある、と語る。

どうやら亜花錦を右側に伏せていたようだ。

細かい指示を出さなくても自分の判断で動ける亜花錦は、今が絶好の機会だと判断したのだろう。

精鋭を引き連れて右側から急襲をかけたのだ。

キングダムの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年30号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『キングダム』第683話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年30号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第683話】の考察・感想

何だかヤバそうなフラグを立て続けていた雷土が捕まってしまいました。

正直、業が深すぎるので助かる気はしません。

というより、幹部が危機に陥った時に桓騎がどういう反応を示すのかに興味が移っています。

野盗仲間として助けても変ではないし、切り捨てても変ではないでしょう。

一方、飛信隊の河了貂はいまいち冴えないですね。今回も玉鳳隊に助けられた結果になりそうですが、偶然に頼っている間は軍師として信頼はし辛いです。

もちろん、内容は不味くても必ず勝つ軍師というのも面白いかもしれませんけれど。

まとめ

以上、『キングダム』第683話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第684話は、週刊ヤングジャンプ2021年31号(7月1日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!