キングダム【第685話】ネタバレと考察・感想!岳白公と対峙する李信

キングダム【第685話】ネタバレと考察・感想!岳白公と対峙する李信のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年32号(7月8日発売)の『キングダム』第685話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第684話第685話第686話

ネタバレを見る前に『キングダム』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第685話】のあらすじ・ネタバレ

羌礼は強すぎるから……ね

もうすぐ趙の本陣というところで巨体の男が出てきた。

まったく困った人だ、と呆れる現場指揮官の様子から岳白公のいつもの戦い方だということが窺える。

そう、多くの人を馬ごと吹っ飛ばす膂力は心配することこそ愚かに思えてしまう。

飛信隊の切り札である羌礼も他の兵士たちの巻き添えで吹っ飛ばされてしまう。

羌礼は土石流のような死体や馬の流れに押されて崖を滑り落ちていった。

羌礼によると、岳白公は妙な体術を使うらしい。

使うぞオォォォという悲しい叫びがこだましていた。

前線に集まる将軍たち

さて、騎馬隊の勢いが落ちたことで主力の歩兵たちにも動揺が広がっている。

前の状況が分からないのだ。

前の方からでかくて動きが速い新手が出たという噂が飛んでくる。

もたもたしているうちに遅れて来た李信が前線まで到着してしまった。

李信は何が起きたのか、と状況を確認していると、死角の方向から敵影を察知した。

呆然としている兵士たちに李信は危ない、と声をかける。

武芸者だけが感じる何かがあるのだろうか、李信が一番最初に岳白公を認識したのだ。

まったく気付いていない兵士たちに声をかけるも間に合わない。

李信の声が空しく轟きながら兵士たちが潰されていく。

秦兵たちを潰すのが楽しくて仕方がないような岳白公は一人で戦況を変えていった。

これだけの威力の攻撃となると周りの兵士たちが邪魔になる。

肉塊が飛び散る戦場で、李信は馬から降りざるを得なかった。

その李信の前についに岳白公が立ち塞がる。

まるで2倍はあろうかという身長差だ。

怒髪天を衝く岳白公

岳白公は李信の進撃を褒めながら自分の名を名乗る。

まさか趙右翼の将が逃げずに向かってくるとは思わなかった。

李信は手間が省けた、と軽口を叩く。

李信の逃げる、という言葉に心底意外そうに反応する岳白公。

なぜ、このように楽しい時間を避けなければいけないのか。

この状況は岳白公が恋願っていた状況なのだ。

岳白公は侵略者の秦を叩き潰したい。

平和を乱す李信たちに対する殺意が溢れるように出てくる。

自分たちを悪だと認識していない秦兵は岳白公の暴言に怒りを露にする。

自分たちは嬴政のために正義の戦いを繰り広げているのだ。

李信だけはその功罪すべてを受け止めるように表情が変わらない。

さて、岳白公は憎き怨敵を倒すために戦闘の研究と修練に明け暮れたのだ。

岳白公の近衛兵団”閃叫”はフルフェイスの兜であり、明らかに他と装備が異なる異質な軍団だ。

見るだけで相応の武力を保持していることが分かる。

危険性を察知した飛信隊の飛鹿も前面に出てきた。

世界は複雑に見えて単純だ。

因果応報、暴力には暴力だ。

雷土の行方

一方、扈輒本陣に捕縛された雷土が連れてこられた。

怒り収まらぬ龍白公の息子。

少し遅れて扈輒がその前に姿を現した。

後ろには異形の覆面男たちが拷問具(?)を携えている。

扈輒が見据える先は雷土なのだろうか。

雷土もまた、扈輒を見定めるように視線を動かさない。

キングダムの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年32号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『キングダム』第685話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年32号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

キングダム【第685話】の考察・感想

所詮、岳白公は羌礼の敵ではない、と言わんばかりに羌礼が退場していきました。

彼女が前線にいるとなぜ戦わないんだ、という指摘を受けてしまいますからね。

強すぎるキャラはいろいろと制限がかかるものです。

もともと栄養不足の李信は体が小さく表現されていますが、巨漢と並べると大人と子供より酷い身長差ですね。

王騎の矛が馬上でなければ邪魔になりそうな雰囲気です。

一方、雷土が助かりそうな雰囲気はありませんが、まだギリギリ強者の雰囲気は残っていますね。

まとめ

以上、『キングダム』第685話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第686話は、週刊ヤングジャンプ2021年33号(7月15日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!