キングダム【第686話】最新話ネタバレと考察・感想!雷土に捧げるレクイエム

キングダム【第686話】最新話ネタバレと考察・感想!雷土に捧げるレクイエムのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

ヤングジャンプ2021年33・34号(7月15日発売)の『キングダム』第686話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第685話第686話
(最新話)
第687話
Amebaマンガの会員登録クーポン

『キングダム』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら1000ポイント&100冊半額クーポンがもらえるので、ヤングジャンプをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で1000P+100冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

キングダム【第686話】のあらすじ・ネタバレ

軍人が敵将を討って何が悪い

扈輒将軍の前に引き連れられた雷土はその人物像を観察する。

すでに雷土が行った非道な行い、龍白公の息子を餌にしたことは扈輒に報告されていた。

扈輒の後ろで拷問具(?)をカチャカチャ並べている兵士が不穏な雰囲気を醸す中、雷土は自身が行った非道を認めた。

むしろ、何が悪いのか、と開き直った。

その言葉を受け入れがたいのが竜布だ。

雷土へ口を噤め、と激昂している。

龍白公は扈輒にとっても古い戦友であり、家族のようなものだった。

親愛の気持ちは息子たちと何も変わらないが、軍人が敵将を討つことに不満を持っているわけではない。

むしろ賞賛すら惜しまない。

まずは指を貰う

とはいえ、幕亮たちの手前、雷土を無傷で帰すこともできない。

扈輒は指を貰うと雷土の左指を切断した。

部下たちが悲鳴と共に指が切り落とされる。

雷土も苦悶の表情を浮かべながら同様に指を切られた。

これで処刑が終わった。

次は腕を貰う

そう安堵していたところで、扈輒は椅子に座りなおし、黒羊での虐殺について述べ始めた。

黒羊の罪は腕だ。

ようやく扈輒という人物像が見えてきた。

雷土は唾棄するかのような目線を送る。

どれだけの時間が経過しただろう。

ずっと拷問は続いた。

足の爪が捲られ、体には無数の釘が突き立てられた。

腕は切られ、部下たちはすでに殺してくれ、と嘆願している。

もはや目も抉れ、無事に生還することは叶わないだろう。

同じ趙人すら吐き気を催す。

あれだけ勇ましかった竜布でさえ、もはや言葉もない。

雷土は生かす気がないのならさっさと殺せ、とそれでも覇気を失っていない。

だからこそ、何も話さない

実は他の部下より雷土の拷問は弱めに行っていた。

腕もないし、足も不自由になるだろう。

それでもまだ生還の望みはあった。

それは扈輒が桓騎の狙いを知りたかったからだ。

何も話さない雷土の目を見続けた扈輒は、桓騎に狙いがあるということを認識した。

若い竜布には分からない老練だからこそ知れる経験なのだろう。

もともと扈輒は違和感を覚えていたのだ。

頭が良い桓騎が無為無策で戦っていたことがおかしいのだ。

今までの桓騎の戦い方を知れば知るほど違和感がある。

そして雷土の失策。

もう、楽になれ、全部話してしまえば良いのだ。

この戦場で桓騎が敗北することはもう決まっている。

ただ、趙軍としても無駄な損害を省きたい。

桓騎の死は絶対に譲れないが、雷土は生かしても構わないのだ。

雷土の部下はもうすぐ死ぬ。

ここで雷土が話したことは誰にも漏れない。

滔々と説得を続ける扈輒に雷土も言葉を絞り出す。

別に野盗の集まりである自分たちに忠誠心なんてない。

話しても誰も文句も言わないだろう。

だからこそ、扈輒に教えることは何もない。

雷土はここが死地だと決めていたのだ。

扈輒の温情を無にするのか、と拷問官たちが荒ぶる中、砂鬼一家よりマシだ、と雷土も吼える。

扈輒はこれ以上時間を無駄にできない、と将たちを前線に戻らせる。

もちろん雷土への拷問は続けるが。

ああ、もう一度だけ、お頭と話をしたかった……

キングダムの最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『ヤングジャンプ2021年33号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで1000円分のポイントと100冊半額クーポンがもらえるので、『キングダム』第686話が掲載されている、ヤングジャンプ2021年33・34号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で1000P+100冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

キングダム【第686話】の考察・感想

まあ、死亡フラグがビンビンに立っていましたから、雷土の結果自体は納得です。

でも、これ完全に雷土の戦術ミスで捕まっただけっぽいですね。

別に包囲されていたわけでもないので一目散に逃げていれば助かったわけです。

何かの策略で捕まったのかと想像しましたが、そんなこともありませんでした。

桓騎には何か策があるらしいですが、ここまで損害が増えてしまうと素直に賞賛しづらくなってしまいますね。

畑から次々に将軍や兵士が生えてくるっぽい趙が悪いのですけれど。

まとめ

以上、『キングダム』第686話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『キングダム』第687話は、週刊ヤングジャンプ2021年35号(7月29日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!