ラブファントム【第63話】ネタバレと考察・感想!始まりの場所

ラブファントム【第63話】ネタバレと考察・感想!始まりの場所のアイキャッチ画像
この記事は約3分で読めます

プチコミック2021年6月号(4月8日発売)の『ラブファントム』第63話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第62話第63話第64話

ネタバレを見る前に『ラブファントム』の最新話を今すぐに読みたいならコミックシーモアがオススメ!

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアならこんなにお得!

コミックシーモアの『プチコミック2021年6月号』詳細画像

プチコミック2021年6月号 │559円279円

※無料会員登録で貰える50%OFFクーポンで半額で読むことができます!

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ラブファントム【第63話】のあらすじ・ネタバレ

長谷さんはお客さんをホテルで案内していた

長谷さんはいつもどおりテキパキと仕事をこなしている。

それを見て女の社員達は惚れ惚れするのだった。

人間業とは思えない仕事ぶりだと。

こうやって長谷さんは怪人呼ばわりされるのだった。

そんな長谷さんもホテルの屋上でタバコを吸って一息つくことがある。

完璧に仕事をこなしている長谷も徐々につかれ始めていた。

最近眠れないことが続いているらしい。

そんなことを考えて自分の形すらわからなくなりそうだった。

そうやっていると自分以外に屋上に誰か人がいるのを発見した。

それは新人の女の子の社員だった。

その女の子の声を遠くから聞いていると心地よくなって眠れそうな気がしてくるのだった。

女の子はなんとか仕事をこなすと走り去っていった。

そうやって言うと自分のスマートフォンにも仕事の電話がかかってきて仕事に戻らなきゃと思う長谷さんだった。

業員のリストを見て女の子の名前を知る長谷さん

喫煙所で長谷さんは従業員のリストを見ていた。

昨日屋上にいたのはどうやら平沢百々子という社員だ。

そんなことを考えながらコーヒーを飲んでいるとどうやらいつもとコーヒーの味が違うことに気がついた。

コーヒーはどうやら今日から新人が練習がてら入れることになったらしい。

飲んでいると仕事が頑張れそうなそんな気がしてくるコーヒーの味だった。

今日も1日仕事を頑張るとまた屋上に来てしまう長谷さん。

長谷さんは今日はあの女の子はいないのかと思うと少しガッカリしながら煙草を吸い始めた。

女の子の姿を見ていると姿に影が出来て自分の形が分かるような気がしたからだ。

そんなことを考えながらこれでは怪人らしくないなと自分でも思い始めた。

そんなことを考えながら屋上の縁に立った。

背中をそっと掴む百々子

長谷さんがビルから飛び降りるんじゃないかと思ってそっと背中を掴んだももこ。

それが勘違いだとわかると百々子は気まずそうにしていた。

ようやく自分を見つけてくれる人が現れたのかと思い始めていた。

心配なら確かめてみるかと長谷さんは百々子を誘った。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ラブファントム【第63話】の考察・感想

なんと最初の方はずっと回想してるのかなと思ったらそのまま行っちゃいましたね。

実質番外編と言ってもいいようなエピソードです。

ドラマ化もすることだし1から新規ファンに説明してあげてるのかな。

まとめ

次回の『 ラブファントム』第64話の話は、 プチコミック2021年7月号 にて6月8日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!