魔入りました!入間くん【第202話】 ネタバレと考察・感想!魔王候補の英才教育

魔入りました!入間くん【第202話】 ネタバレと考察・感想!魔王候補の英才教育のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン 2021年23号(5月6日発売)の『魔入りました!入間くん』第202話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第201話第202話第203話

ネタバレを見る前に『魔入りました!入間くん』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、週刊少年チャンピオンをすぐに半額で読むことができます。

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年23号』詳細画像
無料登録で50%OFFクーポン貰える!

『魔入りました!入間くん』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

魔入りました!入間くん【第202話】のあらすじ・ネタバレ

サリバン達の目的

サリバン達三傑は、次期魔王候補としてそれぞれの孫達を推薦しました。

しかし、1人だけ異を唱える者が現れました。

それは、13冠の1人である雷皇バールでした。

バールは、三傑の孫を次期魔王にすることは反対だと手から電流を放出してサリバンの下へ向かいます。

自分より低ランクの入間達を見せられて魔王と言われても納得は出来ない。

冷たい眼差しをサリバンに向けていました。

すると急くなとバールの肩を叩く者が居ました。

三傑の1人、べリアールでした。

べリアールは、バールに自分達は無理矢理言う事に従わせようとしているのではないと教えました。

サリバンは、バールに自分達は可能性を追うべきだと問いました。

バール達13冠は、とても優秀な悪魔の集まり。

本来ここから次の魔王を選ぶのが順当である。

でも、13冠同士が互いに競い消耗し削り合うのは得策ではない。

それでも今の不安定な魔界の環境では魔王が必要不可欠。

過去の魔王だったデルキラは、カリスマ性溢れて圧倒的で誰も代わりにはなれなかった。

ならば13冠の手で魔王を育てることが出来たのならどうなるのか楽しみである。

この教育と言う名の未来に希望をもたらす事が大事だと訴えるサリバンでした。

13冠の面接スタート

サリバンの話を聞き、バールは英才教育をすることはとても面白いと納得しました。

代わりに自分にも魔王候補を提示させてくれとサリバンに訴えるバール。

サリバンは、許可をしました。

13冠で次期魔王を育てるからバール達の意思も尊重するのは当然の事。

可能性を広げるためにお勧めの子がいたら推薦して良い。

これは大歓迎すると宣言しました。

13冠の悪魔達は、それぞれのオススメの魔王候補を頭の中に思い浮かべていました。

それを見たバールは、入間達と競わせるのが楽しみだとサリバンに向かって笑いました。

期待しているとサリバンもバールに向かって静かに笑いました。

しばらくすると入間達は、13冠の居る場所に連れていかれました。

13冠による面接がスタートしました。

13冠達は、入間達に強大な圧力を掛けようとしていました。

入間の答えは?!

13冠達は、入間達を歓迎すると言いました。

入間達は、思わずひれ伏して頭を下げ挨拶しました。

入間・レイヂ・ラズベリィの3名は、それぞれの学校と学年、階位を発言しました。

そして丁寧に挨拶をする入間達。

13冠は、1つだけ入間達に質問をしました。

それは、入間達が魔王になった暁に魔界をどのようにしたいのか考えているのかと詰め寄りました。

するとレイヂは、自分がルールを作り、全悪魔にそれを全て従わせる。

規律のしっかり整った自由な魔界を目指すと言うレイヂ。

次にラズベリィは、単純明快で強き者が上に立ち馬鹿でも分かる楽しい魔界にすると笑っていました。

そして、遂に入間の番になりました。

入間は、口を開き答えようと準備しました。

13冠全員は、入間が自分で考えて導き出した答えを何と言うのか気になっていました。

魔入りました!入間くんの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアのおすすめポイント

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画で読むならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録後、50%OFFクーポンを貰えるので、『魔入りました!入間くん』第202話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年23号をすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

魔入りました!入間くん【第202話】の考察・感想

バールの反発がギラギラしてます。

自分より低いランクの入間達を次期魔王にするのは納得いかないと攻撃的な姿勢を見せてました。

サリバンの次期魔王を英才教育で育てるという考えを知り認めました。

代わりに自分も魔王候補を提示するというバール。

バールがどんな魔王候補を出してくるのかとても興味津々です。

13冠の面接、とても威圧感があり恐怖です。

魔王になったらどのように魔界を纏めたいか質問される入間達。

レイヂは、規律の整った自由な魔界。

ラズベリィは、馬鹿でも分かる楽しい魔界を目指すと言いました。

そして、発言の番になった入間。

入間の出す答えが非常に気になります。

次回もとても楽しみです。

まとめ

以上、『魔入りました!入間くん』第202話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『魔入りました!入間くん』第203話は、週刊少年チャンピオン 2021年24号(5月13日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!