魔入りました!入間くん【第203話】 ネタバレと考察・感想!13冠達、入間に熱視線

魔入りました!入間くん【第203話】 ネタバレと考察・感想!13冠達、入間に熱視線のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン 2021年24号(5月13日発売)の『魔入りました!入間くん』第203話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第202話第203話第204話

ネタバレを見る前に『魔入りました!入間くん』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアならこんなにお得!

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年24号』詳細画像

週刊少年チャンピオン2021年24号 │310円165円

※会員登録(月額無料)で貰える50%OFFクーポンで半額で読むことができます!

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

魔入りました!入間くん【第203話】のあらすじ・ネタバレ

入間の望む答え

三傑の孫達の直々面接が始まりました。

そして、最後の番になった入間。

入間は、自分が魔界で魔王になったらどんな魔界を想像したいのかと質問をされました。

すると、入間は、今のままの魔界でもいいのではないかと素直に言いました。

驚く13冠達。

逆に13冠達は、入間に今の不安定なままの魔界の現状でいいのかと聞かれました。

すると入間は、今の魔界は不安定なのかとよくわからない表情を見せました。

13冠達は、世情についての知識が浅いなときびしいことばを浴びせられました。

謝る入間。

しかし、自分は悪魔学校の外の事はわからないが、悪魔学校みたいな魔界にしてみたいのかもしれないと言いました。

あっけにとられる13冠達。

サリバンは、入間の発言を聞きとても嬉しい表情を浮かべていました。

そして、面接が終了しました。

13冠達は、レイヂ、ラズベリィ、入間にそれぞれの志を胸に持ち競い合い高め合って欲しいと言いました。

晩餐を楽しむ入間達

面談が終了し、晩餐が始まりました。

見たことも無い豪華で高級な料理が次々と運ばれてきました。

驚きと興奮で喜ぶ入間達。

入間達は、食事を思う存分楽しみました。

やがて晩餐が終わり、入間とサリバンは帰ろうとしました。

するとレイヂが入間を呼び止めました。

レイヂは、部屋に来た入間を小間使いと勘違いして申し訳なかったと謝罪しました。

そして、自分達は三傑の孫として今後も顔を会せる機会が増えると言いました。

だから、入間達には負けないと宣言するレイヂ。

ラズベリィも本気で戦うと笑いました。

再会を誓い合う入間達。

帰りの馬車の中で、入間はサリバンと今日の事について話していました。

サリバンは、入間に緊張したけど楽しかった。

入間が一番だとご満悦でした。

すると、入間は、サリバンに質問します。

サリバンは、自分を魔王にしたいのかと。

するとサリバンは、真顔で答えました。

魔王職は、魔界の中で最も険しく偉大で大変だ。

サリバンは、入間が将来どんな道を選ぶのかわからないが、その時の為に1つの道として魔王と言

道も作ってあげたいという本音を明かしました。

入間が魔王を選ばないという選択も構わない。

これは自分のお節介だと笑うのでした。

表情が和らぐ入間。

入間は、面談は場違いだったかと苦笑いしました。

するとサリバンは、13冠達の質問は無意味だと高笑いするのでした。

13冠達の入間の食事の評価

その頃、13冠達は、3傑の孫達について話し合いをして笑っていました。

3名はとても面白い存在だったと口々に語っていました。

レイヂの食事の評価は、見た目に反して荒々しい豪快さがあった。

マナーはなっていなかったがこれが正しいとブレないレイヂ。

ラズベリィは、食器の使い方はマナーを違反していて滅茶苦茶な使い方だった。

でも一番綺麗に食べていた。

ただ、好き嫌いが多く嫌いなものはレイヂの更にこっそりと映していたと評価していました。

13冠達は、悪魔は食事中に自分の本来持っている素が出る。

だから13冠の集いをし話し合いをするのだと言う目的がありました。

バールは、入間の評価をしました。

食事をし、おかわりを要求した。

初めての客魔だと驚いて大笑いしていました。

入間は、しかも幸せそうに旨そうな表情で食べていた。

胃袋だけならベヘモルトに匹敵するとドン引きもしていました。

ただ、入間を見て底なしの欲を持っているのでゾッとする。

入間が本当に魔王になってしまったのならどうするのか。

バールは、入間の優しさと欲深さに警戒を改めて認識したのでした。

魔入りました!入間くん【第203話】の考察・感想

入間は、魔王になった時の魔界を悪魔学校の様な魔界にしたいと言います。

入間らしいというか素直で純粋で優しさ溢れる答えです。

サリバンが密かに喜んでいるのがほっこりします。

晩餐を楽しむ、入間、レイヂ、ラズベリィ。

3人は、今後も会う機会が多いので負けないと誓い合います。

誰が魔王に近づくのかとても楽しみになりました。

帰り道、入間はサリバンに自分を魔王にしたいのかと質問します。

サリバンの答えが温かい回答でなんか涙が出そうになりました。

入間に様々な道の選択肢を創る。

入間の事を大事にし考えて素敵なお節介で心熱くなります。

13冠達は晩餐で、食事の時に見せる素の状態を見る事を重視していました。

レイヂもラズベリィもそれぞれここに違う食べ方や考え方が見えて意外です。

そして、初めておかわりを請求した入間。

大物すぎます。

バールは、入間の底なしの欲と魔王になった場合の事を考えて恐れを抱きます。

これから三傑の孫達は、魔界とどう関わって行くのかとても興味津々です。

次号も楽しみです。

まとめ

以上、『魔入りました!入間くん』第203話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『魔入りました!入間くん』第204話は、週刊少年チャンピオン 2021年25号(5月20日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!