魔入りました!入間くん【第207話】 最新話ネタバレと考察・感想!サブロの出した答え

魔入りました!入間くん【第207話】 最新話ネタバレと考察・感想!サブロの出した答えのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年28号(6月10日発売)の『魔入りました!入間くん』第207話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第206話第207話
(最新話)
第208話

ネタバレを見る前に『魔入りました!入間くん』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年チャンピオンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

魔入りました!入間くん【第207話】のあらすじ・ネタバレ

エミリコが連れて行く場所

ケイト達は、真実を解き明かすと決意し絆を確かめ合いました。

そんな最中、エミリコは、ショーン達をある場所に連れて行きました。

歩きながらエミリコは、ケイト達が今後の作戦を考えている間、自分達生き人形は過去を思い出していくことが必要だと言いました。

ショーンも過去の自分達の記憶をしっかりと思い出せばシャドーハウスを攻略していく為に大事な事だと納得しました。

エミリコは、あれを見せれば思い出せるはず。

5人揃ったら見たかったと楽しそうにしていました。

そんなエミリコが連れてきた場所。

それは、屋根の上でした。

ここから星空が見えると自信満々に告げるエミリコ。

しかし、空は曇っていました。

悲しくなり思わず泣いてしまうエミリコでした。

それぞれの過去の記憶

リッキーは、ルウに話しかけました。

人間と自覚してどう思ったかと質問するリッキー。

ルウは、何も知らずに生き人形と暮らしていた時と感じなかった気持ちや感情があると教えました。

リッキーも夜眠れなくなったり、仕事に集中できなかったり余計な事を考えて辛くなると言いました。

ルウは、疲れるけど珈琲は美味しくなかったしシャドーハウスの為に尽くすつもりはない。

でも、人間らしい実感は完全にはまだないと無表情で告げました。

リッキーは、自分の名前がパトリックだと思い出したのがきっかけだと答えました。

ショーンは、記憶の戻り方も個人差がある。

自分達は、お陰様達が自分達の生前の本当の名前を名乗っていると推理しました。

するとエミリコは、列車に乗ってシャドーハウスに連れてこられたことを思い出したと言いました。

列車と言う言葉を聞きショーン達は反応し始めました。

生き人形達、同じ村の出身者と判明する

ショーン達は、シャドーハウスに行くために乗った列車がすす列車と呼ばれたことを思い出しました。

ずっと自分達はすす列車に憧れて待ち続けていた記憶がある。

列車が下りてくる時にその姿が湖に逆さの様に写る。

周りに囲まれた美しい景色があった。

湖の近くに村があった。

名前はミラーサイドだと思い出したエミリコ達。

色々と過去の記憶を少しずつ思い出していくように努力して行きました。

ショーンは、皆の顔をしっかり見て行けばより何か思い出すと気づきました。

ショーンは、眼鏡を掛けてエミリコ達の顔を見て行きました。

リッキーは、ショーンのメガネが妙に似合っていると言いました。

ショーンは、リッキーの顔を見て想像以上にムカつくと言いました。

2人は、取っ組み合いの喧嘩に発展してしまいました。

ラム、学校の事を思い出す

ラムは、ショーン達の喧嘩を見て思い出しました。

よく学校の先生にショーン達が起こられていたと。

リッキーも学校に通っていた記憶が甦りました。

ラムは、自分達は学校で読み書きを習い、ダンスしたり食事のマナーも覚えたと言いました。

ショーンは、学校に行けば仕事の手伝いをやらなくて良いので好きだった。

リッキーやラムも、テーブルマナーやダンスをしたと頷きました。

ショーンは、村の学校の授業がシャドーハウスの訓練だった理解しました。

エミリコは何者か?

学校の記憶を思い出し話して行きました。

ラムは、授業が終わると直ぐに帰る。

リッキーは、髪型が違ったととかルウはよく笑っていた等過去の話に花が咲いて行きました。

するとショーンはある事に気づきました。

ショーンだけでなく他の者達もある人物に視線を向けました。

その先には、エミリコが居ました。

ショーン達は、何故かエミリコの事が思い出せないと見ていました。

その言葉を聞き言葉を失うエミリコでした…。

魔入りました!入間くんの最新話をいお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年28号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『魔入りました!入間くん』第207話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年28号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

魔入りました!入間くん【第207話】の考察・感想

絆を深め、更なる人間時の記憶を取り戻そうと考えるエミリコ達。

エミリコがショーン達を連れて行ったところは屋根上でした。

星が見えると思いきや曇っていて残念そうになくエミリコが泣くところが笑えます。

自分達生き人形の本当の名前をお影様達が名乗っていると理解するエミリコ達。

そんな最中、自分達がすす列車でシャドーハウスに連れてこられた記憶を取り戻します。

しかも、自分達が湖の近くにあるミラーサイドと呼ばれた村に住んでいたと思い出し始めます。

学校で授業を受けて様々な事を学んだ。

それは、シャドーハウスに入る為の訓練だったと気づくショーン達。

学校での出来事を振り返る中、ある違和感を感じます。

それは、エミリコの記憶が全くない事です。

驚きを隠せないエミリコ。

エミリコの本当の正体は、一体何者なのか非常に気になります。

エミリコの記憶が甦った時がシャドーハウスが変わって行くと感じます。

エミリコ達が今後どうしていくのかとても気になります。

次回も楽しみです。

まとめ

以上、『魔入りました!入間くん』第207話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『魔入りました!入間くん』第208話は、週刊少年チャンピオン 2021年29号(6月17日発売)にて掲載予定です。