魔入りました!入間くん【第213話】 最新話ネタバレと考察・感想!入間達、新たなステージへ進む

魔入りました!入間くん【第213話】 最新話ネタバレと考察・感想!入間達、新たなステージへ進むのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年34号(7月22日発売)の『魔入りました!入間くん』第213話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第212話第213話
(最新話)
第214話
Amebaマンガ 50%OFFクーポン

『魔入りました!入間くん』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら500ポイント&5冊半額クーポンがもらえるので、週刊少年チャンピオンをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

魔入りました!入間くん【第213話】のあらすじ・ネタバレ

入間、クラスメイト達の異変に気づく

入間は、バチコから貰った羽根の耳飾りを左耳に付けて登校しました。

機嫌よく挨拶をする入間。

すると、問題児クラスのメンバー達がいつもと違う事に気づきました。

アリスやクララは、指輪を。

サブロは、叔父の雷煌バールから貰ったネックレス。

他の者達も耳飾り等していました。

アリスとクララは、入間の耳飾りも素敵だと褒めました。

入間は、クラスメイト達に師匠や家族達から貰ったと聞かされました。

買わされたり、強引に渡されて受け取ったりと様々な事情がありました。

リードは、クラスメイト達が同時期にプレゼントをもらう事は変だと疑っていました。

しかし、入間は、それでも嬉しい事だとにやけていました。

リード達は、そんな入間の笑顔を見て自分達は期待されていると嬉しくなるのでした。

師匠達の願いと思い

その頃、魔界の3傑の悪魔の1人、レディ・レヴィは、ウェパルを呼んでいました。

レディは、ウェパルに質問していました。

泣きながら断るウェパル。

それは、孫のレイヂの指導を断ると言う話でした。

レディは、ウェパルの才能と自分の教え子の中でトップの実力を持つ者だと評価していました。

ウェパルは、レディに謝りながら自分の思いをレディに打ち明けました。

指導も必要な事だが、一番は競う相手が大切だと熱く語るウェパル。

ウェパルは、レディにレイヂの指導に自分の弟子達を推薦していいかと言いました。

ウェパルの表情は、希望に満ち溢れて輝いていました。

一方、13冠のアマイモンは、フルフルを問い詰めていました。

フルフルが、3傑のべリアールの孫であるラズベリィの指導役を何故断ったのかと強く聞き出していました。

フルフルは、ラズベリィが何でも出来る器用な悪魔だから嫌いだから断ったと正直に告げました。

それに自分は、新しい遊びを見つけることがとても忙しく、指導する相手は自分で決めると笑いました。

パイモンとハットの対話

一方、13冠のパイモンは、ハットと話をしていました。

ハットは、今は非常に忙しいのでパイモンの命令に従いたいが丁重に断りを入れていました。

自分勝手な執事だとお茶を飲みながらも表情を変えないパイモン。

ハットは、自分は今、自分が見込んでいる悪魔を指導しているから無理だと正直に話し始めました。

詳細を聞き、興味を抱くパイモン。

パイモンは、悪魔学校の問題児のクラスの全員の位階が4になったことは面白い実験だと言いました。

更に問題児達は、位階に相応しく、未来の魔界を背負って立つ程の気概と実力は本当に実力があるのかとハットに問い質しました。

すると、ハットは静かに口を開きました。

入間達問題児クラスの悪魔達は、個性的だが逆境を楽しむ才能がある。

そして、生意気ながらもその姿を見れば見る程より育てたいという感情が湧いてくるとパイモンに教えました。

更に手塩に掛けた弟子に期待しない師匠は居ないと笑うハット。

パイモンは、ハットの楽しそうな表情を見てハットが入れ込んでいるケロリを見てみたいと笑いました。

ハットは、それぞれに印があり、ひと目見れば必ずわかると頷くのでした。

入間達、2年生に向けて夢と希望に満ち溢れる

問題児クラスは、2年生に進級するお祝いを兼ねて1年生の打ち上げパーティーをしようと決めました。

準備の為に買い物に行く入間達。

入間達は、笑顔で学校を出てお店に向かいました。

誰もが表情が晴れやかでした。

入間は、これから2年生としての悪魔学校の生活が始まることを楽しんでいました。

期待に胸を膨らませていろいろと想像する入間と仲間達が未来に向かって動き始めたのでした。

魔入りました!入間くんの最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『週刊少年チャンピオン2021年34号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで500円分のポイントと5冊半額クーポンがもらえるので、『魔入りました!入間くん』第213話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年34号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

魔入りました!入間くん【第213話】の考察・感想

師匠のバチコからプレゼントを貰ったのは入間だけではありませんでしたね。

それぞれのクラスメイトが師匠や家族から貰いいつもと違う雰囲気に気づく入間は流石です。

入間は、プレゼントを貰った事を素直に喜びほっこりする姿が何か癒されます。

入間の笑顔が魅力的です。

ウェパルやフルフルは、レイヂやラズベリィの指導役を断ります。

引き受けるかと思いきや断る理由や考えがそれぞれあるのは面白いと感じました。

パイモンは、ハットに入間達の問題児クラスは魔界の未来を背負えるかと質問します。

ハットは、どんな状況でも楽しみ進むことが出来ると静かに評価する所が紳士的で素敵です。

ただ、笑う表情は何か企んでいる邪悪さ満載です。

入間達は、2年生と言う新しい環境を楽しもうとしていました。

きっと入間達なら上手くやっていけるだろうと思います。

とても素敵な回です。

次回からの2年生編とても期待しています。

楽しみです。

まとめ

以上、『魔入りました!入間くん』第213話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『魔入りました!入間くん』第214話は、週刊少年チャンピオン 2021年35号(7月29日発売)にて掲載予定です。