MAJOR 2nd【第230話】最新話ネタバレと考察・感想!ボールの秘密

MAJOR 2nd【第230話】最新話ネタバレと考察・感想!ボールの秘密のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約3分で読めます

週刊少年サンデー2021年21号(2021年4月21日発売)の『MAJOR 2ndメジャーセカンド』第230話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第229話第230話
(最新話)
第231話

MAJOR 2nd【第230話】のあらすじ・ネタバレ

ピッチャー交代 、 仁科から千代姉

相手の学校もこちらのピッチャーがものすごいでかい女になったことにびっくりしていた。

仁科は まだまだ行けたのに3回で自分が降板したことが不服なようだった。

佐藤監督がそれをたしなめる。

さらにこの会話ピッチャーだけでなく守備もだいぶ変わっていた。

サードにはみちるがいた。

ショートとレフトとライトも入れ替えている。

ライトには早苗がいるが 実は一番不安な人選だったであろう。

早苗がこのライトで機能してしまうと、関鳥さんがスタメンから外れてしまう可能性が高いと焦っていた。

茂野はちよにアドバイスをしていた。

緊張するなと言っても無理な話である。

だからとにかく腕を振ってストライクを取りに行けというアドバイスであった。

そしてちよが投げた第一球。

それは超スローボールであった。

もちろん相手の学校のバッターは 全力でバットを当てに行く。

しかしなぜかバッドは当たらず空振りしてしまう。

千代はストライクを取りながら過去の事を考えていた。

さいしょは仁科で目当て野球部に入った。

しかし監督や周りのメンバーに支えられて引っ込み思案な自分が今こんな 舞台に立っていると。

三振を取る千代

さらに 三品がいいピッチングをした後それを壊すような真似は出来ないと意気込む。

そして見事に三振を取ってバッターアウトである。

それを見てバッテリーを組んでいた茂野もほっと一息をついていた。

次のバッターもストライクとファールで追い込んでいくがここで相手の監督からタイムがかかった。

佐藤監督も 千代のボールにはカラクリがあることを知っていたのだった。

 回転数の多いボードに対応する方法

千代のボールはスピン量が 多いことで手元で 伸びてきているから打たれないのだと相手の監督は見抜いていた。

相手の監督はボールの上を叩くつもりで行けと選手に指示した。

そしてそれは見事に当たった。

千代の 大手は弾き返されて、 その先にはのんびりと座っている早苗がいた。

MAJOR 2ndの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年サンデー2021年21号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『MAJOR 2nd』第230話が掲載されている、週刊少年サンデー2021年21号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

MAJOR 2nd【第230話】の考察・感想

仁科をかれ呼びする千代。

確かまだ付き合ってなかったと思ったんだが。

この点からわかるように非常にメンタルが強いと言えるでしょう。

まとめ

以上、『MAJOR 2ndメジャーセカンド』第230話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『MAJOR 2ndメジャーセカンド』第231話は、週刊少年サンデーにて4月28日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!