リビングの松永さん【第44話】最終回ネタバレと考察・感想!シェアハウスにバイバイ!

リビングの松永さん【第44話】最終回ネタバレと考察・感想!シェアハウスにバイバイ!のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

デザート2021年8月号(6月24日発売)の『リビングの松永さん』第44話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第43話第44話
(最新話)
第45話

ネタバレを見る前に『リビングの松永さん』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、デザートをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

リビングの松永さん【第44話】最終回あらすじ・ネタバレ

シェアハウス卒業

大学の4年間も含め、合計6年間シェアハウスにいた美己は大学を卒業するタイミングでシェアハウスから出る。

荷物をまとめて部屋を出た美己に、突然クラッカーが浴びせられた。

この日は誰も折らず送別会もないと思っていた美己だったが、皆はサプライズを仕掛けてくれたのだ。

喜ぶ美己だがサプライズはこれでは終わらない。

既にシェアハウスを出たOBたちも美己の送別会のために駆け付けてくれたのだ。

OBたちを呼んでくれたのは北条だが、北条はこの日仕事が忙しく来ることが出来なかった。

それでも美己は北条の気持ちがとても嬉しかった。

服部たちはこの日から美己が松永と同棲すると知っているためワクワクしているが、美己は松永が今海外にいるのだとさらりと答えた。

研修のため1か月ほどイタリアに行ったという。

ありえないと泣きわめく服部だが、美己はそんな松永がかっこいいと笑っている。

みんなそんな美己を抱きしめてくれた。

寂しくない

送別会の締めは美己からの挨拶だ。

6年間もシェアハウスにいた美己だが、今は思っていたより寂しくないと言う。

その言葉にショックを受ける住人たちだが、美己が言いたいことはみんなが思っている事と違う。

6年前、親元を離れた上スマホを失くした美己は、1人を感じ泣いた。

しかしそんな美己の手をとってくれる松永がいた。

依存ではなく支え合ってくれるみんなに何度も支えられた。

美己はこのシェアハウスの全員がいたからこそ成長し、今の自分になることが出来たと改めてみんなに感謝した。

服部、大貫が美己を抱きしめ美己に感謝を伝える。

今がとても幸せだという大貫の笑顔を見た美己も笑顔になった時、ドアホンがなり息を切らした北条が入って来た。

休憩時間に抜けてきたという北条は1本の薔薇を美己に渡し、離れていてもずっと美己を忘れない、応援していると言ってくれた。

こうして、美己はシェアハウス自体にも感謝を伝え、新しい家へと送ってもらった。

この日貰った花を水につけた美己は、しばらく1人で過ごさなければならないことを実感すると、いつも人がいたシェアハウスのことを思い出す。

もう帰らない、そう思うと涙が出てきた。

松永帰還!?

その時突然玄関ドアが開き松永が帰って来た。

連絡もなく帰って来た松永は、研修先の人から同棲初日に家にいないのはありえないと怒られ、急いで仕事を終わらせて帰って来たのだ。

松永は泣いている美己を抱きしめ、送別会の話を聞くと6年間の頑張りを労った。

松永は美己にキスをした後、これから家族になるがシェアハウスの時のように気張らず行こうと美己に伝える。

松永はこの後、いつまでも”松永さん”と話すのを止めないかと言う。

美己は恥ずかしそうにしながら、誰も呼んでいない”純ちゃん”呼びをした。

悩む松永だが、思わず笑ってしまった。

この後、夜を過ごし2人は朝を迎えた。

朝からベッドでいちゃついた後、しっかりとご飯を食べて美己は出勤する。

松永は美己を呼び止めると、キスをして送り出した。

美己のリビングにはこれからもずっと大好きな松永がいるのであった。

リビングの松永さんの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『デザート2021年8月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『リビングの松永さん』第44話が掲載されている、デザート2021年8月号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

リビングの松永さん【第44話】最終回考察・感想

遂に完結、良い終わり方でした。

前回のラストで美己が大学に合格しましたが、まさか大学期間を全て飛ばして4年の時が経っていたとは予想外です。

しかし、大学を卒業してから同棲の方がリアルでいいです。

深くは触れなかったものの、これから美己も松永になるというセリフから2人が結婚することは決まっているのでしょう。

あえてその先を描かないことで想像が膨らみます。

最後まで美己の幸せを願ってくれる北条が本当に良い人過ぎて泣きそうでした。

まとめ

以上、『リビングの松永さん』第44話(最終回)のネタバレと考察・感想をお届けしました。