女神のカフェテラス【第14話】ネタバレと考察・感想!ゆっくりと家族になっていく

女神のカフェテラス【第14話】ネタバレと考察・感想!ゆっくりと家族になっていくのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年26号(5月26日発売)の『女神のカフェテラス』第14話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第13話第14話第15話

ネタバレを見る前に『女神のカフェテラス』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

女神のカフェテラス【第14話】のあらすじ・ネタバレ

白菊の様子がおかしい

開店から2か月たち、相変わらず盛況を維持していた。

忙しなく働く隼は白菊に注文を伝えるが、心ここにあらずという風にボーっしている。

仕事中だぞ、と隼が諫めるとホールでは秋水が盛大にすっころんでいた。

アハハ、と明るい笑い声に呆れつつ怪我を気遣う。

いつもなら流星がまとめ役として回してくれるのだが、忙しい日に限っていない。

裏に回って手伝って欲しいと流星を呼ぶと、用事がある、と断られた。

確かに今日はシフトに入っていないし、善意で手伝ってもらうことを当たり前にするわけにもいかない。

代わりに桜花や紅葉に声をかけようと思ったが、流星に止められた。

命が惜しかったら今は止めておけ、という流星を無視して部屋に入ると桜花たちは着替え中だった。

菩薩のような表情で固まる隼。

いつまで見てるのよ、と放り出される。

終わったら手伝ってと力弱く頼むが、気が向いたらとドアを閉められた。

家族ごっこ

ようやくお客も帰り閉店になった。

今日はいつも以上に盛況で疲れた。

結局、桜花たちは手伝いに来てくれなかった。

それに弛んでいるのではないかと思ったが、よくよく考えるとシフトに入っていない彼女たちが来ないのは当たり前だ。

白菊が明日の準備をしてくれていたのも好意であって、本来は隼がやるべき仕事だ。

土日しか出られない秋水に無理を言って平日にも出てもらっている。

自分が子供の時、手伝いを強制されて嫌々やっていたことを思い出して、あらためて思う。

家族ごっこをして甘えていたが、本来は他人なのだ。

全部隼の都合を押し付けていただけなのだ。

感謝してたのよ

反省して居間に戻った隼に待ち受けていたのはマスター就任2か月の盛大なお祝いだった。

就任2か月って半端な期間だ、と訝しむ隼に1か月目は大嫌いだったから、と桜花がいつもの減らず口を叩く。

流星の提案でサプライズにしたため、飾り付けに苦労したらしい。

勘の良い隼に気付かれないようにわざと桜花たちに下着姿にならせたのだ。

……なんとなく言われるままに下着姿になっていたが、よくよく考えるとサプライズがバレるのと

着姿になるのはバレた方がマシではないかと今更ながら思う桜花。

紅葉は別に減るものではないし気にしていないようだ。

さて、ここのところ調子が落ちていた白菊はお祝い料理を作っていたからだ。

物凄く豪華な食事で、皆でお金を出し合って材料を買ったらしい。

秋水が盛大に転んで隼の気を引いてくれたおかげで準備を隠すこともできた。

……こけたのは天然だったらしい。

なんだかんだ言っても家族として迎え入れてくれた隼に皆感謝していた。

平日にバンドで出られない紅葉や部活で忙しくても平日に出てくれる秋水。

文句を言いつつ面倒見の良い流星や、言い争いが多いけど最終的には許してくれる桜花。

白菊は隼を家族だよ、と迎え入れてくれる。

皆の言葉が心に刺さる。

……隼が言っていた独り言が全部聞かれていたってことだ。

女神のカフェテラスの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年サマガジン2021年26号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で、50%OFFクーポンがもらえるので、『女神のカフェテラス』第14話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年26号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

女神のカフェテラス【第14話】の考察・感想

家族とはあるべきものではなく、なるべきものだということでしょうか。

まあ、無の境地に達した隼にしか起こりえない状況のような気はしますけれど。

家賃や家事分担がどれほどのものかは分かりませんが、給料も高くはないでしょうし、毎回手伝ってもらうのも申し訳ないですね。

そういうところに気が付けるのが隼の良い所だと思います。

現状では兄や弟っぽい感じですが、隼が一人の男性として頼られるようになっていくのはもう少し時間が必要でしょうか。

まとめ

以上、『女神のカフェテラス』第14話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『女神のカフェテラス』第15話は、週刊少年マガジン27号(6月2日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!