女神のカフェテラス【第18話】最新話ネタバレと考察・感想!お願い、助けて

女神のカフェテラス【第18話】最新話ネタバレと考察・感想!お願い、助けてのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年30号(6月23日発売)の『女神のカフェテラス』第19話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第17話第18話
(最新話)
第19話

『女神のカフェテラス』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

女神のカフェテラス【第18話】のあらすじ・ネタバレ

隼に対する認識はヘタレで一致

隼と紅葉のデートは瞬く間にお茶の間に伝えられた。

興味津々の流星、白菊の大学生組と心底興味がなさそうな高校生の秋水が印象的だ。

さて、情報源は桜花で雨の日に出かける二人に違和感を持ったらしい。

ちなみに隼が誘うわけはないから……ヘタレだから、というのが女子たちの見解だ。

デート?いいえ引継ぎです

盛り上がっている女子たちとは違って、別離のためのラストデート。

隼と紅葉は静かな喫茶店で佇んでいた。

紅葉が伝えるべき懸念事項を隼がメモしていく。

冬場は外気でサーバーやカップが冷えるから温めなければならないのだ。

……デート?

ただの引継ぎではないか。

少し紅葉が不満を漏らすが、家では落ち着いて話せる状況ではない。

紅葉が辞めることは認めていても、その後の営業に支障が出てはならないのだ。

淡々としている隼に、内心面白からぬ様子の紅葉だった。

祖母の優しさを思い出す紅葉

紅葉の不満げな様子を察した隼は映画でも行きたかったのか?と天然でつっこむ。

まったく悪気はないのだろうが、紅葉には煽られているようにしか見えない。

いつも通りの憎まれ口を叩きながら、隼は祖母の言伝がなかったか?と尋ねた。

どんなに美味しいコーヒーを淹れても、飲む人の心がここになければ意味はない。

祖母は親身になって紅葉の相談に乗ってくれた。

そんなことを思い出しながら、紅葉は隼に伝えるべきことは何もない、と答える。

それならばあまり長く留守にすると女子たちに揶揄われる。

早く戻るか、と喫茶店を後にする。

ここにいたい

家では遊園地に行ったとかバンドに行ったとか、二人のデートについて盛り上がっていた。

そのような中、一人冷静な秋水が隼と紅葉の話を盗み聞きしてしまったと真面目な顔で語りだした。

隼は家に戻ると、お茶の間に行く前にカフェの方に向かった。

先ほど飲んだコーヒーが美味しくなかったのだ。

慌ただしくなる前に紅葉のコーヒーが飲みたくなった。

多分、これが紅葉の淹れる最後のコーヒーになるだろう。

僅か1年間だったけど、良い思い出だった、と紅葉は語る。

紅葉はバンドを辞めることを気にしていた。

隼も紅葉の曲が気に入ってたから、残念だ、と告げる。

今まで隼は紅葉が実家に帰る理由について一切聞かなかった。

なぜ、聞かないのか、と紅葉は尋ねる。

そうか、所詮は家族ごっこだからか……と一人納得する紅葉に、隼は家族なら何でも聞くのか、と告げる。

隼は家族でも言いたくないことを無理に聞き出すことはしないし、相手の考え方を尊重する。

隼らしいな、と紅葉は思いながら辞める理由を話し始めた。

紅葉の家は200年以上続く貿易商で父親が早世したため、紅葉が跡取りにならなければならなかった。

早く結婚して子供を作ることを求められていたのだ。

会ったこともない結婚相手が既にいる。

ウケルでしょ、と笑いながら語る紅葉が寂しそうだ。

隼はウソが嫌いだ、と紅葉のコーヒーを飲みながら告げる。

なぜなら、紅葉が淹れたコーヒーがクソまずいからだ。

そのとき女子たちが乱入して辞めないで、と騒ぎだした。

一通り想いを語った後、隼はどうするのだ、と紅葉に決断を迫る。

隼は紅葉の意見を尊重するとそっぽを向いたまま語り、紅葉は絞り出すようにここにいたい、と呟いた。

涙を流しながら何とかして、とお願いする紅葉に、分かった、と応じる隼。

女神のカフェテラスの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年マガジン2021年30号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録をすることで50%OFFクーポンがもらえるので、『女神のカフェテラス』第18話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年30号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

女神のカフェテラス【第18話】の考察・感想

まだまだ女子勢にはヘタレの認識の隼ですが、少しづつ頼りがいのあるところを見せ始めました。

いつもはギャグ要因の秋水が今回は珍しく真面目でしたね。

盗み聞きの時点でいつも通り怪しい行動でもしていたのでしょうけれど。

さて、伝統あるお嬢様が結婚までの間放蕩するというフィクションではよくあるお話ですが、現実にまだあるんでしょうか。

上流階級の現実は良く分かりません。

今ならいくらでもぶち壊そうと思えば壊せそうですが、紅葉自体にも家を存続させたいという思いもあるのでしょうね。

その辺りが解決を難しくさせそうです。

まとめ

以上、『女神のカフェテラス』第18話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『女神のカフェテラス』第19話は、週刊少年マガジン31号(6月30日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!