ワンピース【第1016話】ネタバレと考察・感想!うるティがナミに倒され、ヤマトとカイドウの戦いが始まる!!

ワンピース【第1016話】ネタバレと考察・感想!うるティがナミに倒され、ヤマトとカイドウの戦いが始まる!!のアイキャッチ画像
最新刊を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年28号(6月14日発売)の『ワンピース』第1016話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第1015話第1016話第1017話

ワンピース【第1016話】のあらすじ・ネタバレ

クリマ・タクトに宿ったゼウスはナミと行動を共にします。

ゼウスの魂が移動する経緯を聞きながら移動していると、メアリーズの一人・バオファンを見つけますが、それと同時にウソップがうるティの頭突きを食らってしまいました!

瀕死の重傷を負いながらもまだ立ち上がるうるティですが、ウソップからお玉を奪い取って脅しにかかります。

その様子を見たナミは再び怒り心頭!

クリマ・タクトを使ってうるティを殴りつけますが、大したダメージにはなりませんでした…

また、うるティに『雷霆』を当てたいところですがお玉も巻き込んでしまうため迂闊に撃つことができません。

しかしそこはウソップの『必殺緑星 サルガッソ』をうるティに当てることで、植物が大繁殖!

お玉がうるティから引き離されたところで、ナミは『雷霆』をうるティに命中させて、無事うるティを倒すことができました。

また、この光景を見たバオファンは飛び六砲がやられたことを島中に伝えてしまい、百獣海賊団の士気を下げることに。

一方、屋上ではヤマトとカイドウが一騎打ち!

ヤマトはルフィが戻ってくるまでカイドウの足止めをするのでした。

ナミはゼウスがクリマ・タクトに宿った経緯を聞く

ビッグ・マムから逃げたナミ・ウソップ・お玉の3人は、移動しながらなぜゼウスがクリマ・タクトに宿ったのか事情を聞きました。

ゼウス曰く、ヘラに食べられる時にクリマ・タクトを伸ばしたことで魂が移動したらしく、さらにその影響でタクトは形状を自在に変化させることができるようになりました。

ゼウスから話を聞いている内に、ナミたちはバオファンのいる場所に偶然たどり着きます。

しかしその直後、ウソップの背後からうるティが迫ってきていました!

ナミがゼウスと協力してうるティを倒す!

ウソップは背後から迫りつつあるうるティに気づかず、頭に強烈な頭突きをもらってしまいます!

その衝撃で、ウソップは抱えていたお玉を手放してしまい、うるティに奪われることに…

お玉に詰め寄るうるティに再び怒りが沸き上がるナミはクリマ・タクトを振り回してうるティに攻撃します。

しかし、うるティに当たったタクトは棘付きの鉄球に変化していたのです!

タクトの変化に驚くナミですが、どうやらゼウスが形を操作しているようで、そのままいつも通りにタクトを使えば補助すると、彼に言われます。

ゼウスが言うには『雷霆』が決まれば一撃でうるティを倒せるとのことですが、うるティがお玉を抱えているばかりに攻撃できません。

ここで活躍したのがウソップの『必殺緑星 サルガッソ』!

うるティにくっついた植物の種は爆発的に成長し、その勢いに押されてお玉をうるティから引き離すことに成功しました。

ナミはすかさず『天候の卵(ウェザーエッグ)』で雷雲(ゼウス)を出すと、うるティ目がけて『雷霆』を放ちます!

しかし、うるティの俊敏な動きによりかわされてしまいました…

うるティが勝利を確信した次の瞬間、外れたはずの『雷霆』がゼウスの意思によって軌道を変えて、うるティに直撃!

こうして、ナミはうるティを倒すことができました!

また、その様子を見ていたバオファンは飛び六砲2人が負けてしまったことを島中に報告してしまい、百獣海賊団の士気を下げることに…

その後、ウソップはバオファンを『緑星 デビル』で生み出したハエトリソウのような植物を出して捕獲し、彼女を通してお玉の声を島中に響き渡らせることに成功します。

ヤマトがカイドウの足止めをする

屋上にて龍の姿をとっていたカイドウは再び獣人型の姿に戻り、ヤマトの前に降りてきます。

さらに、ヤマトが自分に勝てる道理はない、と断言したうえで、ワノ国の将軍になるよう命令しました。

しかし、ヤマトはカイドウの命令を拒否!

勝てないのは承知のうえで、ルフィが戻ってくるまでの時間稼ぎとしてカイドウと戦うのでした。

カイドウは、実の子供とはいえ手加減はしないと言うと、覇気を纏った金棒をヤマト目がけて振り上げます!

ワンピースの最新刊を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ワンピース98巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ワンピース』の最新刊(98巻)を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ワンピース【第1016話】の考察・感想

ようやくうるティを完全に倒しきることができました!

ビッグ・マムの攻撃を食らってもなお倒れないとは、かなりタフだったんですね…

さて、今回でヤマトはカイドウに勝負を挑みましたが、この戦いはどうなるのでしょうか?

また、お玉がバオファンを通して島中に声を届けることでどのような展開を迎えるのでしょうか?

それぞれ考察してみましょう!

考察①:ヤマトはカイドウに負ける

まず最初の考察は、ヤマトはカイドウとの戦いに負けてしまう、というもの。

ヤマトは自分につけられた錠を破壊できなかったあたり、覇気を使うことができないのではないでしょうか。

そのような実力でカイドウに挑むというのは赤鞘九人侍とカイドウとの戦いで結果が既に見えています。

カイドウに挑むのであれば、少なくともゾロのように武装色の覇気を使えるか、ルフィのように覇気を纏うことができなければ相手にならないと思われます。

このようにただでさえ不利なヤマトですが、さらにカイドウは獣人型の姿になって、手加減なしで戦うつもりでいるので、勝率は限りなく低いでしょう。

ヤマト本人も勝てると思っていないがために足止めに徹するようですが、ルフィが戻ってくるまで持ち堪えるのも難しいかもしれません。

考察②:お玉のきびだんごで形勢逆転する

次の考察は、お玉のきびだんごを食べたギフターズを操って形勢逆転する、というもの。

現在、お玉のきびだんごを食べてもギフターズのゴリラのSMILE・ブリスコラのように侍たちと戦っている者もいます。

彼らを味方にするには、お玉による命令がなければいけません。

しかし、今回で島中に声を伝えることができるバオファンの身柄を拘束することに成功しました!

これで、今戦っているきびだんごを食べたギフターズたちはお玉の声を聞けば味方になるはずです。

他の雑兵たちとは違う異能の集団・ギフターズを味方にできれば、戦力差がひっくり返ることも夢ではありません。

この戦いは全面戦争なので、どちらかの陣営が完全に消滅するまで続く泥沼の戦い。

敵を仲間にするという平和的な解決があるなら、ぜひそうしたいところですね!

まとめ

以上、『ワンピース』第1016話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ワンピース』第1017話は、週刊少年ジャンプ30号(6月28日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!