ワンピース【第1019話】最新話ネタバレと考察・感想!フランキーがササキに勝利する!!

ワンピース【第1019話】最新話ネタバレと考察・感想!フランキーがササキに勝利する!!のアイキャッチ画像
最新刊を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年33・34号(7月19日発売)の『ワンピース』第1019話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第1018話第1019話
(最新話)
第1020話

ワンピース【第1019話】のあらすじ・ネタバレ

城内のライブフロアではサンジがクイーンと戦う一方、ゾロがミヤギの治療を受けていました。

また、海中に沈んでいたルフィを助けたハートの海賊団の船員たちは、彼の治療に当たります。

そして、ドクロドームの右脳塔ではフランキーとササキの戦いが激しさを増していました!

人獣型となったササキが裏切ったギフターズたちを襲い、続いてフランキーにも襲い掛かります。

トリケラトプスの特徴である首回りのフリルを回転させることで空中戦を仕掛けるササキに苦戦するフランキーですが、彼の弱点である腹部に『フランキーラディカルビーム』を命中させ、勝利しました!

さらに、ドクロドームの屋上ではカイドウとヤマトの戦いが続いています。

人獣型のカイドウを相手にするヤマトも姿が変わっており、まるでミンク族のような姿になっていました!

親子同士の戦いですが、果たしてどうなるのでしょうか…?

ゾロとルフィの治療が上手くいく

城内ライブフロアではクイーンとサンジが戦っており、その隅でゾロがミヤギからの治療を受けていました。

また、ワノ国海上に浮かんでいるハートの海賊団の潜水艦『ポーラータング号』では海中に沈んでいたルフィの治療中です。

なんとか意識を取り戻すことに成功しましたが、復活そうそう、ルフィは肉を求めるのでした…

一方、フランキーとササキの戦いは激しさを増していきます!

フランキーはササキに苦戦を強いられる

ドクロドーム右脳塔ではお玉の能力により裏切ったギフターズたちが次々と敵を倒していました。

彼らがフランキーの邪魔をする輩を抑えてくれることで、フランキーはササキとの戦いに集中しますが、ササキは人獣型の姿をとってフランキーの前に立ちふさがります!

さらに、ドリルのように回転する刀『絡繰・螺旋刀』を構え、首回りのフリルを回転させて空中へ浮かびました。

そのまま高速回転しながら『ヘリケラトプス』で裏切ったギフターズたちを斬り裂くと、そのままフランキーへ襲い掛かります!

続けて、回転による推進力を利用して突進する『弾丸(タマ)ケラトプス』でフランキーに強烈な突進を食らわせるなど、猛攻を仕掛けました。

フランキーはササキの激しい攻撃に苦戦しますが、なんとか彼の隙を突くことに成功します。

フランキーはササキに勝利する!

フランキーはササキから一方的に攻撃を受けてしまいますが、彼の突進の勢いを利用して『将軍(ジェネラル)スープレックス』でササキを頭から地面に埋めてしまいます。

その隙を突いて、再び『フラン剣 勝利のVフラッシュ』でササキの腹部に攻撃しようとしますが、あと少しというところで避けられてしまいました…

そのまま剣を使った戦いにもつれこまれてしまい、ササキの螺旋刀にフランキーのフラン剣は耐えられず、折れてしまうことに。

堪らず逃げ出したフランキーですが、それを『弾丸ケラトプス』で追ってくるササキを『将軍砲(ジェネラルキャノン)』で迎え討ちます!

この攻撃がもとで致命傷を負ったササキですが、自爆覚悟の突進『マグナムケラトプス』をフランキーに食らわせました。

しかし、ロボットに乗っているフランキーはササキの突進を食らう直前に脱出しており、彼を倒す準備を無事に終わらせます。

ササキの腹部に潜りこんだフランキーは『フランキーラディカルビーム』を命中させ、ササキに勝利することができました!

こうして一つの戦いが終わる一方、カイドウとヤマトの戦いはまだ続いています…

ヤマトは人獣型になってカイドウと渡り合う

ドクロドームの屋上では、ルフィが戻ってくるまでの時間稼ぎをするヤマトが人獣型となったカイドウを相手にしていました。

その姿はモモの助と一緒に逃げていた時のものではなく、ミンク族のような動物を思わせるものに変貌しています!

悪魔の実の力によって何らかのゾオン系の能力に目覚めたヤマトは、カイドウと同じく人獣型の姿となって彼と戦うのでした。

ヤマトはルフィが復活するまで持ち堪えることができるのでしょうか…!?

ワンピースの最新刊を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ワンピース98巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ワンピース』の最新刊(98巻)を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ワンピース【第1019話】の考察・感想

今回は最後の最後でヤマトとカイドウの戦いが少しだけ描かれていました!

そこには、なんらかの悪魔の実の能力で人獣型の姿をとっている思われるヤマトの姿が!

彼女が口にした悪魔の実は本来ならば別の用途で使われる予定だったようですが、いったいどのようなものだったのでしょうか?

今回は、ヤマトの悪魔の実の能力について考察してみましょう!

考察①:ヤマトの悪魔の実の能力は九尾の狐になるもの

まず最初の考察は、九尾の狐に変身する能力、というもの。

九尾の狐は中国神話にみられる伝説上の生物で、その名の通り9本の尾をもつキツネの霊獣、または妖怪とされています。

変身したヤマトを見る限り、長い耳と大きな尻尾がついているように見えるのですが、これは九尾の狐狐の特徴を表していると考えられます。

また、九尾の狐は中国以外にも日本や朝鮮、ベトナムでも知られている有名な妖怪なのです。

親であるカイドウが高い知名度を誇る龍なので、それに並ぶ存在としても妥当だと思われます。

考察②:ヤマトの悪魔の実の能力は麒麟になるもの

次の考察は、麒麟に変身する能力、というもの。

麒麟は中国神話に現れる伝説上の動物の一種であり、泰平の世に現れるとされています。

また、獣類の長とされ、顔は龍に似て、牛の尾と馬の蹄をもち、身体には鱗があり、一本角、もしくは二本角や三本角で描かれる四霊獣の一つです。

これらの特徴を見ると、ヤマトと共通する点があります。

まず「獣類の長」についてですが、ヤマトはゾオン系能力者で構成されている百獣海賊団の中でも屈指の実力を誇ることから、この点は妥当だと考えられるのです。

特に、カイドウは彼女の強さを認めてワノ国の将軍にしようと考えていたので、百獣海賊団のNo.2ぐらいの実力はあるのではないか、と思います。

次に「牛の尾と馬の蹄」ですが、細長いイメージがある牛の尾と思いきや麒麟の姿を見てみると、その尻尾はふさふさ。

これも大きな尻尾を持つヤマトに共通するものです。

また、馬の蹄についてはヤマトの足元が描かれていないので不明ですが、脚の形状が牛や馬のような四足歩行の動物の形をしていたので、この点も当てはまると考えられます。

最後の「角」ですが、彼女には2本の立派な角が既に生えているので、こちらも該当。

また、「泰平の世に現れる」という点も「カイドウを倒してワノ国に平和をもたらす」という解釈ができるので、より信ぴょう性が増します。

考察③:ヤマトの悪魔の実の能力は雷獣になるもの

最後の考察は、雷獣に変身する能力、というもの。

雷獣とは落雷と共に現れると言われる日本の妖怪で、東日本を中心とする日本各地に伝説が残されていて、江戸時代の随筆や近代の民俗資料にもその名が多く見られています。

ただ、その姿は各地で違いが大きいため、ヤマトが雷獣の能力者であると断言するのは困難です。

しかし、雷獣の外見には「大きな尻尾をもっている」や「イタチや犬のような顔つきをしている」といった特徴が多く見受けられるので、こうした点は人獣化したヤマトの外見と共通するものがあります。

また、もしもヤマトの能力が雷獣に変身することであれば雷を自在に操る能力があると思われるので、火と風を操るカイドウと並んで自然現象を自在に駆使する戦いになるでしょう。

そう思うと、カイドウがワノ国の将軍になるよう勧めるほどの実力者だということにも納得です。

まとめ

以上、『ワンピース』第1019話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ワンピース』第1020話は、週刊少年ジャンプ35号(8月2日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!