ワンピース【第1020話】ネタバレと考察・感想!ロビンとブラックマリアが一対一で戦う!!

ワンピース【第1020話】ネタバレと考察・感想!ロビンとブラックマリアが一対一で戦う!!のアイキャッチ画像
最新刊を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年ジャンプ2021年35号(8月2日発売)の『ワンピース』第1020話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第1019話第1020話第1021話

ワンピース【第1020話】のあらすじ・ネタバレ

屋上ではカイドウとヤマトの戦いが白熱!

ヤマトはイヌイヌの実・幻獣種モデル『大口真神』であることが判明し、その能力でカイドウと渡り合います。

また、大宴会場ではロビンとブルック、ブラックマリアの戦いが進みました。

ロビンはブラックマリアと一対一で戦い、ブルックはブラックマリア傘下の『百鬼夜行』の相手をすることに。

常影港ではルフィが目を覚まして、合流したモモの助に鬼ヶ島まで運ぶように頼むのでした。

ヤマトの能力はイヌイヌの実・幻獣種モデル『大口真神』

ヤマトは人獣型になってカイドウと戦いますが、ここにきてカイドウの口から悪魔の実の能力が明らかになります。

彼女の能力はイヌイヌの実・幻獣種モデル『大口真神』。

カイドウが言うには幻獣種のため非常に希少な悪魔の実のようで、その能力を使ってワノ国を武器工場として守り、支配するよう言われます。

しかし、ヤマトは侍たちとワノ国を世界に解放するため、その能力を駆使して強力なブレス『無侍氷牙(ナムジヒョウガ)』をカイドウに向けて放ちます!

しかし、カイドウは『熱息(ボロブレス)』でこれに対抗。両者の攻撃が混じり合い、大爆発を起こしました。

ロビンとブルックは幻覚を見せられるも効かない

城内3階大宴会場ではロビンとブルック、ブラックマリアの戦いが激化します!

ロビンとブルックはブラックマリアの能力によって幻覚を見せられてしまい、幻覚に夢中になっているように見えるロビンに向かってブルックは惑わされないよう注意しますが、その声は届きません。

ロビンの目の前には母であるニコ・オルビアとクローバー博士、ハグワール・D・サウロが現れますが、みんな既にこの世を去った者たちです。

それにも関わらずロビンは近づき、ブラックマリアの術中にはまってしまうと思われました。

しかし、騙される直前にロビンは彼らに『三本樹浅葱水仙(トレス・マーノ フリージア)』で床から巨大な手を突き出して、攻撃します!

これらの幻覚はブラックマリア配下の妖怪たちで、白蛇のSMILE天井下がり、シシバナヘビのSMILE濡れ女、ナンバーズの九忍でした。

彼女たちはロビンになぜ幻覚が作用しないのか戸惑いますが、そのまま戦闘不能に陥ります。

ロビンに幻覚が効いていないことに安心するブルックですが、彼もロビンから平気である理由を訊ねられました。

ブルックが言うには、霧の中で50年間過ごす内に、その寂しさから毎日のように今は亡き仲間たちの幻覚を見ていたので、耐えられたようです。

ロビンもブルック同様、つらい幼少期を過ごしたので、幻覚に耐えきることができたのでした。

幻覚が効かない彼らの前にブラックマリアが現れ、輪入道という武器を振り回します!

この武器の先にある円形の部分にはパグのSMILE輪入道が入っており、彼が辺り一面に炎をまき散らして攻撃してきました。

城中に火の手が広がって足場が燃えてしまいますが、ロビンの『スパイダーネット』で天井に捕まって事なきを得ます。

まずは輪入道を倒す!

床一面が炎に覆われたため追い詰められたロビンとブルックは、炎を生む輪入道の対処を考えます。

そこで、ロビンに抱えられたままブルックの体から魂が抜けだして、そのまま輪入道に攻撃!

魂に直接影響を与えるブルックの『コールド魂(ソウル)』により、輪入道は凍り付いてしまいました。

さらに、床を覆う炎も居合斬『魂の(ソウル)パラード アイスバーン』により鎮火します。

これによりロビンは無事着地して、ブラックマリアに対峙しました。

すると、ブラックマリアはサンジのことを仲間を売った笑われ者だと馬鹿にします!

しかし、ロビンは「サンジがなぜ自分を頼ったのかを理解する必要はない」として、大きなロビンの分身と複数の巨大を腕を生み出す『巨人咲き(ヒガンテ・フルール)』を使って、ブラックマリアとの戦いに挑みます。

一方、ブルックはロビンにブラックマリアとの戦いを任せ、自分はブラックマリア傘下の妖怪たち『百鬼夜行』の相手を買って出ました。

ルフィはモモの助と合流する

鬼ヶ島から落ちたルフィはハートの海賊団が操縦するポーラータング号に救出され、目覚めます。

モモの助としのぶもカイドウから逃げるために落下していたので、ルフィとモモの助たちは常影港で合流することができました。

モモの助はお菊と錦えもんがカイドウに倒されたことで涙を流しますが、ルフィは「メソメソするな」と厳しい言葉でモモの助を奮い立たせます。

また、ルフィは体力を回復させて鬼ヶ島に戻るべく肉を求めますが、食料が枯渇している今、そう簡単に見つかるものではありません。

それに加えて、ルフィはモモの助に鬼ヶ島まで龍になって飛ぶように頼みます。

そんなルフィとモモの助のを、カリブーが遠巻きに見ていました…

ワンピースの最新刊を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ワンピース98巻』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ワンピース』の最新刊(98巻)を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

ワンピース【第1020話】の考察・感想

カイドウとヤマト、ロビンとブラックマリア、いずれの戦いも激化の一途をたどります!

一方、ここにきて、カリブーが登場。

彼はこの国を出るためにはルフィたちが勝つ必要がありますが、これからどう動くのでしょうか?

また、今のモモの助に鬼ヶ島まで飛ぶことはできるのでしょうか?

それぞれ考察してみましょう!

考察①:カリブーが肉を調達する

まず最初の考察は、カリブーがルフィのために肉やその他の食料を調達する、というもの。

カリブーの悪魔の実は自然系のヌマヌマの実で、体を底なし沼に変化させることができ、この能力を活かせば体の中に際限なくあらゆる物を収納することが可能です。

本編でも、体の中に大鎌やガトリング砲を取り出して使用していたので、その収納性は極めて高いものがあります。

また、自然系にはよくある能力ですが、体をある一定区間内に限り一瞬で移動することも可能です。

特に、ワノ国では雷ぞうたちに加担して一部の情報伝達手段を無力化することに成功するなど、その能力を高く評価されています。

このように、「物資の運搬」や「隠密行動」といった点に長けているので、食料(特に肉)を集めることも可能でしょう。

特に、今はワノ国で飲み食いが盛んにおこなわれる火祭りの真っ最中なので、そこから食料を大量に盗んでこれるため、頼りになりますね。

考察②:モモの助の悪魔の実の能力で鬼ヶ島まで戻る

次の考察は、ルフィはモモの助の力を借りて鬼ヶ島まで戻ることができる、というもの。

モモの助の悪魔の実は動物系のウオウオの実 モデル『青龍』で、小型の龍に変身する能力を持っています。

ただ、この能力はモモの助本人が宿敵・カイドウと非常に似た姿をとるため精神的に不安定になりがちで上手く制御できず、本人の意思に関係なく変身するなど、全くモノにできていません。

しかし、肉体が強化される動物系なので、変身すれば大人一人なら背中に乗せて飛ぶことができます。

一見すると、お菊と錦えもんを失ったというショックで変身は難しいと思われますが、ルフィという心強い味方がいるため、この逆境から成長を見せてくれるでしょう。

侍たちの大将として相応しい成長をしてくれそうですね。

まとめ

以上、『ワンピース』第 1020 話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ワンピース』第1021話は、週刊少年ジャンプ36・37号(8月10日発売)にて掲載予定です。