【推しの子】【第45話】ネタバレと考察・感想!鮫島アビ子は譲れない

【推しの子】【第45話】ネタバレと考察・感想!鮫島アビ子は譲れないのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

ヤングジャンプ2021年27号(6月3日発売)の『【推しの子】』第45話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第44話第45話第46話

ネタバレを見る前に『【推しの子】』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

【推しの子】【第45話】のあらすじ・ネタバレ

全部直せ!!

原作者の鮫島アビ子は雷田澄彰に全部直してください、と要求を突き付けた。

神の声ともいえる原作者の意見だが、演劇を成功させるためにも全てを受諾するわけにもいかない。

本番までに20日を切っているし、そもそもOKが出たから今の脚本で稽古しているのだ。

なんとか被害を押さえようとダメージコントロールする雷田澄彰に何度も直してくれと言った、と鮫島アビ子は自身の意見を取り下げる気を見せない。

鮫島アビ子は実際の演劇を見れば理解してもらえるはずだ、と説得されて本当に良いなら、という条件付きでOKを出したのだ。

だが、実際に見てみればお話にならなかった。

良くないならNGを出しても良いはずだ。

脚本の駄目出しを受けたGOAは直せる部分は直す、と下手に出るが、どのようにするべきか、と助言を求める。

お前が書いたのか、と侮蔑するような目線を送る鮫島アビ子は、修正点は事前に伝えたはずだ、とあしらう。

作品を読んだこともないのか、と軽蔑し、読んだ上でこの程度の解釈なのか、と手加減など一切見せない。

キャラクターは我が子同然

別に鮫島アビ子もすべてを忠実に再現することを求めているわけではない。

でも、キャラクターを変えてしまうのは原作者に無礼だ。

キャラクターは原作者にとって我が子と同じであり、うちの子はこのような馬鹿なことはしない。

自分が新人だから舐められているのだと思った。

でも違った。

脚本家の力量がないからだ。

歯に衣着せぬ言い方を続ける鮫島アビ子の口を抑え込んだ吉祥寺頼子が一時退場させる。

さすがに社会人としてオブラートに包むべきだ。

よくあること

さて、稽古場の雰囲気は最悪になった。

原作者と脚本家が揉めるのはよくあることで、もともと打ち合わせ段階で不満が溜まっていたのだろう。

何より修正作業は伝言ゲームのように多くの人が仲介する。

鮫島アビ子は論理よりも感性を重視する作家なので、編集者たちが真意を読み取れなかった可能性が高い。

編集者も感情に任せた鮫島アビ子の言い方をそのまま伝えることができず、マイルドな文章に落と

込んでいかなければならなかった。

劇団サイドだって悪気があったわけではない。

時間や予算の都合上、なるべく主人公の出番を削りたくない等、劇団を成功させるために工夫していたのだ。

GOAも限られた制約の中で、なるべく原作者の要望に沿おうとしていた。

誰が悪いわけでもない。

全員がベストを尽くそうとした結果、少しずつ歯車が狂っていったのだ。

センスがない

自分が直す。

駄目なら許諾を取り下げる。

怒りが頂点に達した鮫島アビ子はついに伝家の宝刀を抜いた。

違約金が何千万とかかるにも関わらず、別に出しますよ、という鮫島アビ子が怖い。

GOAは何もするな。

名義はそのままにしてやるから、という鮫島アビ子の子供みたいな主張にひきつった笑顔が痛々しい吉祥寺頼子だった。

GOAも無抵抗だ。

脚本家の地位は周囲の見方よりとても低いらしい。

上位者の意見で簡単に首が変えられる。

よくある話らしい。

GOAにもプライドはある。

脚本を降ろされるのは了承しても、鮫島アビ子が作った脚本を自分の物として世に出す気にはなれない。

自分の名前を外すように雷田澄彰に頼むが、雷田澄彰も事故だからと頭を下げて名前を残してもらった。

名前を外すならポスターの修正など色々な方面に迷惑がかかるのだ。

大人の事情を察したGOAは雷田澄彰の気持ちも分かるため了承した。

脚本家は何も分かっていない。

鮫島アビ子はそういったけど、原作は1話から全て読んでいた。

他のスケジュールをずらしてまでやりたかった仕事だ。

良い演劇になるように全身全霊を込めた。

……創作者としてのセンスがない。

鮫島アビ子の辛辣なセリフが脳裏から消えない。

【推しの子】の最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年27号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『【推しの子】』第45話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年27号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

【推しの子】【第45話】の考察・感想

劇団サイドの状況を見せることで、決して悪意があったわけではないと分かり何とも言えない気持ちになりますね。

特に脚本家のGOAは中間管理職的な状況におかれ、ベストを尽くしたにも関わらず……ですから。

手柄は鮫島アビ子や演者にいき、叱責は全て受けるというマゾッ気がなければやっていけない職業かと思いました。

いや、成功時の達成感もあるのでしょうけれど。

さて、黒川あかねの解釈が関わってくるかと思いましたが、GOAには慈悲もなかったですね。

鮫島アビ子の脚本で頭角を示すパターンでしょうか。

まとめ

以上、『【推しの子】』第45話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『【推しの子】』第46話は、ヤングジャンプ28号(6月10日発売)にて掲載予定です。