ランウェイで笑って【第191話】ネタバレと考察・感想!個人に寄り添う都村育人

ランウェイで笑って【第191話】ネタバレと考察・感想!個人に寄り添う都村育人のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年30号(6月23日発売)の『ランウェイで笑って』第191話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第190話第191話第192話

『ランウェイで笑って』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ランウェイで笑って【第191話】のあらすじ・ネタバレ

モデルの主張は雑音

モデルがランウェイで笑うことは御法度と言われている。

なぜだろうか?

それはランウェイの主役がモデルではなく服だからだ。

デザイナーは全ての主張を服に乗せて発信しているのだ。

その主張を世に伝えることがモデルの役割であり、モデルの主張は雑音にしかならない。

コンセプトを表現する天才

最高峰のモデルであるシャルロットもそのことは良く分かっている。

シャルロットはデザイナーが生み出したコンセプトを表現する天才なのだ。

ランウェイを歩むシャルロットは服の特徴をすぐに観客たちの知らしめていく。

シャルロットを中心に世界の色が消えていく。

シャルロットが来ている服以外の情報は雑音なのだ。

もともと高いレベルのシャルロットだが、今日は鬼気迫るものを感じる。

今日はシャルロットと来ている服だけの世界に没入させられた。

都村育人のデザイン方法

都村育人はデザインを作る際にオーディションに受かったモデルと話すことを希望した。

佐久間美依の負担は大きいが、周りを尊重する都村育人の行動は佐久間美依にとっても好ましいものなのだろう。

不満を言う事もなくその願いを叶えていく。

デザイナーは普通自分が作りたいものを作り、モデルがそれに合わせるものだ。

だが、都村育人は違った。

モデルたちと満足いくまで会話し、何枚も何枚もデザインをやり直した。

デザインだけではない、パタンナーへの指示も細かかった。

作り方、という意味ではない。

着る人の特徴が自己中心的だ、とか、それを裏付ける力があり自信もある、とかだ。

都村育人は着る人のことを細かく洞察、分析して伝えていったのだ。

モデルの中にはシャルロットもいた。

今や誰もが認めるトップモデルだ。

誰もシャルロットに意見することもなく、窘めることも改善案を出すこともなかった。

それでも誰も自分に勝てない。

シャルロットは次第に不満を募らせていたのだろう。

そのことに気付いたのは皮肉にも身内ではなく新進気鋭の都村育人だった。

都村育人のデザインは認められるのか

モデルはデザイナーの主張を表現するためのもの……違う。

これはシャルロット自身の主張だ。

藤戸千雪との勝負が楽しくて堪らないシャルロットはランウェイで笑顔を見せる。

始めから違和感があったのだ。

本来服の影に隠れるはずのシャルロットの個が完全に消えていなかったのだ。

最高峰のモデルであるシャルロットがそのようなヘマをするはずがない。

これはデザイナーが個人に寄り添ったからこそ生まれたものなのだ。

今までありそうでなかったデザイン。

奇策なんて才能のない凡人が行うものだ。

それが高いレベルで実現されている。

都村育人の共感力、洞察力、分析力が並外れていることが窺える。

天性のものなのか、努力の賜物なのかは分からないが、独立しなければ見出せなかっただろう。

都村育人のデザインが認められると良いのに……とかつてパタンナーとして見出した綾野麻衣は才能の原石を見つめた。

ランウェイで笑っての最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年マガジン2021年30号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録をすることで50%OFFクーポンがもらえるので、『ランウェイで笑って』第191話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年30号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ランウェイで笑って【第191話】の考察・感想

デザイナーとしての才能がないと見放された都村育人が努力の末にデザイナーとして開花しようとしているのを見て綾野麻衣は複雑な思いもあったでしょう。

でも、素直に賞賛し受け入れることができる彼女もまた服飾界の傑物なのでしょう。

孤高の天才として孤立していったシャルロットも都村育人のデザインを楽しそうに表現しているのも注目点です。

世界最高峰のモデルに受け入れられるのなら、かなり高い確率で成功しそうです。

さあ、次は藤戸千雪の出番ですね。

まとめ

以上、『ランウェイで笑って』第191話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ランウェイで笑って』第192話は、週刊少年マガジン31号(6月30日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!