ランウェイで笑って【第194話】最終回ネタバレと考察・感想!EGAOの軌跡

ランウェイで笑って【第194話】最終回ネタバレと考察・感想!EGAOの軌跡のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年33号(7月14日発売)の『ランウェイで笑って』第194話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第193話第194話
(最新話)
第195話
Amebaマンガの会員登録クーポン

『ランウェイで笑って』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら1000ポイント&100冊半額クーポンがもらえるので、週刊少年マガジンをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で1000P+100冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

ランウェイで笑って【第194話】最終回のあらすじ・ネタバレ

EGAOの軌跡

都村育人がパリに行ったときに告白する、と藤戸千雪は宣言していた。

勝敗はすでに決していると分かっていながらも長谷川心は勝負だね、と応える。

そのような東京コレクションが終わり10年が経過した。

2021年東京ファッションウォークに初出展したEGAOは、同年北谷つとむ監督の”Smile at the Runway”で衣装を担当した。

このことによりEGAOは世界的に注目を集めることになったのだ。

そして2022年にはニューヨークに初出展し、”GLS Designer Award”大賞を受賞した。

さらに青山に初の直営店を開いた。

大手ハイブランドSANTISとコラボを発表し、Ocelotの巻頭企画にもなる。

2023年にはミラノに初出展し、大手航空会社NALの制服に採用された。

順調に拡大するEGAOはメンズラインEGAO hommeを創った。

そしてニューヨークに初の海外店舗も開く。

2024年、ついに念願のパリに初出展した。

創設メンバーの近況

それから6年が経過する。

今や世界を代表するブランドとなったEGAOは相変わらず忙しい日々を送っていた。

取材を申し込まれた都村育人は主力に成長した花丘真白に同行するか尋ねる。

真白呼びとなっているところが二人の距離感を窺わせる。

花丘真白も偉くなっているのだろう。

徹夜明けと思われる状況で、自分も寝るから、と周りを帰らせる。

上が帰らなければ下が帰れないのはどの業界も同じなのだ。

頼もしい花丘真白に後を任せて都村育人は取材に向かう。

最後までとむら君呼びの佐久間美依が車を回す。

忙しくも自信をもった顔つきに見える。

柳田一と上手くいったのかは気になるところだ。

同じく忙しそうについてくる長谷川心は育人呼びになっていた。

都村育人も心と呼ぶ様子は良好な関係を維持していることが窺わせる。

都村育人の薬指には指輪がはめられており、特定の相手は決まっている様子ではあるが……

都村育人が守れたもの

EGAOのターニングポイントがどこであったか、と尋ねられれば最初の東京コレクションだと答えるだろう。

都村育人の好きなようにさせてもらえた創設メンバーで一生仕事をしたいと思った。

そのメンバーとずっと仕事ができたことは幸運と呼ぶしかない。

何より、あのショーがあったからこそ大切なものが守れた。

皆がいてくれたから今の自分がある。

こちらミルネージュ、と語る藤戸研二の様子から、ミルネージュの倒産が回避されたことが分かる。

もしかしたら一度倒産して復活したのかもしれないけれど。

そして155センチの卵がモデルを目指そうとしている。

藤戸千雪の活躍によって身長が絶対の社会ではなくなっているのだろうか。

あれだけ厳しくしていた成岡雫がきっとなれる、とエールを送る様子が感慨深い。

二人の物語はこれからも続く

さて、取材も終わり藤戸千雪との待ち合わせ場所に都村育人が現れる。

今日はどういう歩き方をしようか、と尋ねる藤戸千雪に都村育人は笑って、と要望した。

これからも二人は夢に向かって歩き続けるのだろう。

ランウェイで笑っての最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『週刊少年マガジン2021年33号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで1000円分のポイントと100冊半額クーポンがもらえるので、『ランウェイで笑って』第194話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年33号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で1000P+100冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

ランウェイで笑って【第194話】最終回の考察・感想

ついに大団円です。

都村育人と藤戸千雪以外の恋愛模様はどうなったか不明ですが、主人公周りは揉めることもなく良好な人間関係を維持できたようで何よりです。

それにしてもEGAOの軌跡をなぞると、都村育人が如何にエリート街道を突っ走ったかということがあらためて認識できました。

かなり資金繰りが難しい服飾業界で拡大路線を続けていくためには、常に売れ続ける必要があったでしょう。

東京コレクション後のシャルロットの状況などまだまだ知りたいことはありましたが、都村育人を中心に未来の展望を予期させる良い最終回だったと思います。

まとめ

以上、『ランウェイで笑って』最終回(第194話)のネタバレと考察・感想をお届けしました。