サタノファニ【第172話】ネタバレと考察・感想!しぐまの楔

サタノファニ【第172話】ネタバレと考察・感想!しぐまの楔のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年28号(6月7日発売)の『サタノファニ』第172話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第171話第172話第173話

ネタバレを見る前に『サタノファニ』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、ヤングマガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

サタノファニ【第172話】のあらすじ・ネタバレ

カレンの法悦は完全に完了したようだ

カレンがぐったりとしている。

カレンは大量の水分を垂れ流して床に倒れている。

それを見て姉妹も教祖様の完全勝利だと歓喜の声をあげていた。

教祖様も5回も法悦に耐えたものは初めてだとカレンをたたえているようだ

教祖様は一段落したと言うことで姉妹に服を着せてもらっていた。

すると教祖様はカレンの頭の中に何かがあることを自分の能力で透視したようだ。

教祖様はこのままではカレンの体は使えないと言っている。

教祖様はその正体まではわからないが彼の頭の中に何かが埋め込まれているのを自分の能力で発見したのだ。

教祖様は姉妹に龍野を呼んでくるように命じた。

まり亜が部屋を出ていてドアを閉めた途端に後ろからどさっと言う思い音が聞こえた。

それは教祖様が床に倒れてしまったことであった。

ひよ里は教祖様の顔をのぞきこんでみる。

教祖様の顔は骸骨のような変わり果てた顔のように見えた。

それは錯覚だったのだろうか一瞬で元の教祖様の顔に戻っていた。

しかし今のは何か自分のよくない運命を予知するものだったのだろうか。

教祖様はやはり彼に自分の残りの寿命ギリギリまで削られてしまったようだ。

しかしそれも一段落はしている。

この集落に潜り込んだ者たちはあと5人いる。

小夜子に打ち込んだ楔もそろそろ効いてくる頃だと教祖様は言っている。

小夜子はうなされていた

小夜子は横になりながら声を荒らげてうなされている。

小夜子は教祖様のことを思い出しながら自分の下半身をいじっていたのであった。

小夜子は頭の中では教祖様のことを否定していた。

しかし小夜子の頭の中には教祖様のシンボルが脳裏に焼き付いて離れなかったのであった。

そして小夜子は自分の頭の中の考えとは全く正反対に自分の下半身をいじる手が止まらなかったのであった。

しかし小夜子は自分自身と戦っていた。

小夜子はナチスのドクトルメンゲルのマーダーモデルを持っている。

そんな自分が教祖様になんて負けてはいけないと堪えていたのであった。

その頃千歌は教祖様を倒す作戦を立てようとしていた。

ノートパソコンに記されていたメッセージによると教祖様に見られてしまったらこちらの行動は続けになると言うことであった。

これを回避するには教祖様の目をどうにかするしかないのではないのかと。

それにはいくつかの方法が考えられた。

1つは暗闇を利用すること。

もしくは見えてしまってもかわすことのできない攻撃をすると言うことであった。

千歌は遠くから狙撃とかそんなあっさりと教祖様を倒してやるつもりはないとドスを取り出した。

千歌は教祖様の体を切り裂いてバラバラにしてやると意気込んでいる。

小夜子が起き上がってきた

小夜子がみんな作戦を立てている部屋に入ってくる。

小夜子はこの作戦に参加したいと言い出した。

千歌の兄の道隆はメデューサを治す方法があるとみいなちゃんたちに伝えていた。

自分の中の人格を消滅させて裁判をやり直せば無罪になる可能性があると。

しかしキリコは自分の中の人格を消すと言うことが許せなかったのであった。

サタノファニの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊ヤングマガジン2021年28号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録(月額無料)で、50%OFFクーポンがもらえるので、『サタノファニ』第172話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年28号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

サタノファニ【第172話】の考察・感想

やっぱり教祖様を倒したらエンディングは目前なんでしょうか。

ある程度最終回付近の伏線と思われる設定も出てきたと思います。

しかしメデューサによっては自分の中のマーダーモデルに友人のような感覚を持っているのでしょうか。

それとも完全に自分自身と同一化している存在とみなしているのか。

確かに自分の中の人格の1つを人に消されると言うのはあまり良い気分にはなりません。

メデューサたちの衝動は外因的なものなのかそれとも自分たちが持っていたものなのか。

まとめ

以上、『サタノファニ』第172話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『サタノファニ』第173話は、週刊ヤングマガジン29号(6月14日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!