サタノファニ【第175話】ネタバレと考察・感想!隊長の復活

サタノファニ【第175話】ネタバレと考察・感想!隊長の復活のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングマガジン2021年32号(7月5日発売)の『サタノファニ』第175話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第174話第175話第176話

ネタバレを見る前に『サタノファニ』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録をすることで、ヤングマガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

サタノファニ【第175話】のあらすじ・ネタバレ

血の儀の贄に選ばれた隊長

隊長を教祖様に差し出すことになったのでマキは鎖から解き放った。

隊長はすでにどこから見ても正気を失っているように見えた。

このままでは隊長を教祖様のもとに差し出すことができないので、進藤は隊長を洗ってやろうと思って部屋を開けたのだった。

ふと見渡すとこの部屋にはさっき毒の霧を食ってしまった洋子達も床にうずくまっていた。

マキはそのまま首に鎖をつけたまま隊長を外に連れ出そうとする。

すると隊長は突然奇声を上げたと思ったら部屋のドアを開けて廊下に走り去ってしまった。

マキに洋子たちを見張っているように命じて進藤は隊長を追いかけた。

隊長は廊下を走って逃げたはいいが行き止まりの通路まで来てしまった。

進藤は隊長に向かって毒の霧を放った。

正気を保っていた隊長

隊長は実は正気を失ってこの廊下まで走ってきたのではなかったのであった。

隊長がこの行き止まりの廊下まで進藤を誘い込むのは作戦の家だったのである。

この廊下にはたくさんの室外機が仕掛けられていた。

隊長は行き止まりの廊下に備え付けられた室外機に体を当てて熱風を封じ込めていたのだ。

そして隊長が室外機から体を離すと勢い良く熱風が進藤に吹き付けられていた。

毒の霧は暖かい風に寄せられて逆に進藤に向かっていったのであった。

毒の霧を防御しようとした瞬間隊長は飛び蹴りを食らわせた。

進藤はそのまま廊下の奥まで吹き飛んでいった。

進藤はあの部屋で1ヵ月以上閉じ込められて正気を保っていたことが信じられないと言っている。

隊長は信者たちを油断させるために自分が正気を失ったふりをずっとしていたのだった。

すべてはこの瞬間油断させて攻撃するためだと、部長は任務の為なら当たり前のようにこんなことをこなしてしまう男であったのだ。

毒の霧を跳ね返したはいいが自分自身に毒が効く事はないと進藤。

キリコが参戦した

進藤の首にワイヤーが絡み付いていく。

そして必さつ仕事人のようにそのワイヤーが上空に登っていく。

ワイヤーをあやちっているのはもちろんキリコだった。

キリコは目の前にいる隊長を見て生きていることに驚いていた。

キリコは既に毒で倒れている洋子たちの所にはミイナちゃん達を向かわせたと言っている。

そんなことを話しているうちに進藤は毒の力でワイヤーを切ろうとしていた。

そしてあっさりとワイヤーを切る。

隊長はこいつは体全身から毒を吹き出す毒人間だと注意を促した。

進藤は狭い通路の中で再び毒を吹き出すのであった。

キリコは回転しながら毒を吹き出している振動に近づけないでいた。

キリコはここは一旦距離を取ろうと廊下の奥に避難することにした。

すると背中が何かにぶつかる。

ぶつかっていたのはマキの背中であった。

マキはスタンガンを取り出してキリコに電流を浴びせた。

マキは自分と姉さんの幸せを邪魔するものは排除しようとしていたのであった。

サタノファニの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊ヤングマガジン2021年32号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『サタノファニ』第175話が掲載されている、週刊ヤングマガジン2021年32号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

サタノファニ【第175話】の考察・感想

ぶっちゃけ言うと、あまりにも伏線を張りすぎていたので、読者の100%に限りなく近い人たちは隊長はきっと正気のままでいて、演技をしているのだろうと思っていたことでしょう。

その予想が、あまりにもそのまま現実になってしまったので、かえって肩透かしにしまったと思います。

しかしマキがどういう立場なのか気になりますね。

マキが本当に操られているのか、何らかの目的があって行動しているのかはまだ予想がつかないです。

まとめ

以上、『サタノファニ』第175話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『サタノファニ』第176話は、週刊ヤングマガジン33号(7月12日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!