シャドーハウス【第103話】最新話ネタバレと考察・感想!蘇る過去の記憶

シャドーハウス【第103話】最新話ネタバレと考察・感想!蘇る過去の記憶のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

ヤングジャンプ2021年28号(6月17日発売)の『シャドーハウス』第103話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第102話第103話
(最新話)
第104話

ネタバレを見る前に『シャドーハウスの最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

シャドーハウス【第103話】のあらすじ・ネタバレ

過去を知ろうとする生き人形達

ショーンやルウ達は、ミラーサイドと言う名の村に住んでいた記憶を思い出して行きました。

しかし、何故か村で共に生活していたエミリコの事を上手く思い出せないと打ち明けました。

ショーン達は、エミリコに選別会の事を憶えているかと質問して行きました。

それは、シャドーハウスに選ばれた者達が儀式として珈琲を飲まされる儀式でした。

ショーン達は、村で生活をしていたその行為が最後の記憶だとエミリコに教えました。

エミリコは、もちろんその事を憶えていると言いました。

ただ、その儀式が選別会かどうかはわからないと素直に言うエミリコ。

パトリックは、選別会に出ることは当時のこどもたちの目標だったと驚いていました。

ショーンは、エミリコは別の村から来たのかと推測しました。

そして、選別会に出る為に学校で必死に勉強をしていた。

シャドー一族の管理する館に仕える事は、一番の幸せに感じていた。

選別会に参加できるだけでもそれは光栄な事だった。

でも、それは、洗脳だったのかもしれないとショーンは冷静に考えていたのでした。

学校での記憶

学校では、授業が行われていました。

スピーチし校長先生や生徒達に褒められるジョン。

校長は、ジョン達の居る上級クラスが明日選別会に参加することが出来ると告げました。そしてチケットを突然配り始める校長。

生徒達は驚いていました。

校長は、外部から珍しい催し物があるので特別なプレゼントだと言いました。

喜ぶ生徒達。

しかし、パトリックは選別会があるのに遊んでいる場合ではないと否定的な発言をしました。

校長は、パトリックは真面目だと笑いました。

でも、外部からくる者を受け入れる姿勢も大事である。

シャドーハウスの素晴らしさを世界に広めていくことも重要だと告げました。

ジョンは、シャーリーがチケットを落としたので拾って渡そうとしました。

すると行かないと断るシャーリー。

ジョンは、シャーリーがドレス工房を見ていたことに気づきました。

ミラーサイドとシャドーハウスを繋げる仕事で、館で使用される服を作ることはとても名誉な事。

自分は、シャドー家に仕えずにここで働きたいとジョンに伝えるシャーリー。

でも、ジョンは、選別会は13歳までしか参加できない。

それを過ぎたら村で働くしか選択肢はない。

11歳のシャーリーが諦めるのは勿体ない。

外の世界を見る良い機会でもある。

館に入ったらミラーサイドに帰ってこれるのは大人になってからしかチャンスはない。

村での生活も明日には最後になるかもしれないとジョンは、再度シャーリーを誘うのでした。

サーカスに現れた1人の少女

学校の記憶を思い出していくショーン達。

でもエミリコは、思い出せないと口を揃えて言いました。

複雑な表情で黙り込むエミリコ。

気まずい空気の最中、校長から渡されたチケットは何だったか思い出そうとしました。

するとリッキーは思い出したと叫びました。

リッキーが村でパトリックと呼ばれていた時の事。

パトリックの家にルイーズがやってきました。

ルイーズは、行かないと頑なに拒否するパトリックの手を握り強引にある場所に連れて行きました。

そこに向かうジョンやシャーリー達。

その場所にはテントが立っていました。

その中ではサーカスの興行が行われていました。

様々なアトラクションを見て観客達は歓喜しました。

その中で一際目立っている1人の少女がいました。

笑顔で綱渡りをしている少女。

それは、エミリコと同じ顔をしていました。

シャドーハウスの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年29号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『シャドーハウス』第103話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年29号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

シャドーハウス【第103話】の考察・感想

ショーン達は、ミラーサイドの生活でエミリコの記憶が全くないと告げます。

シャドーハウスに選ばれた者は、儀式として珈琲を飲む記憶はあったと言うエミリコ。

いつもの明るさが無く戸惑いを隠せないエミリコの表情が新鮮です。

学校の授業で上級クラスのジョン達は、選別会に選ばれ向かう前に校長からサーカスのチケットを貰います。

遊ぶ暇はないと否定的なパトリックの真面目さと硬さは過去のものだと納得です。

校長は、外の世界を知る為にサーカスに行く事も大事だと訴えます。

シャーリーは、ドレス工房でシャドーハウスの為に使われる服を作ることをしたいとジョンに打ち明けます。

繊細で自分をシャーリーはしっかり持っていると思いました。

それでも、外の世界を知る貴重な経験が出来ると誘うジョン。

皆は、サーカスに向かいます。

楽しむ中、エミリコの顔をした1人の少女が活躍していて喝采を浴びていました。

この少女がエミリコの過去の姿なのか気になります。

次々と明かされる真実が見逃せません。

次回もとても楽しみです。

まとめ

以上、『シャドーハウス』第103話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『シャドーハウス』第104話は、ヤングジャンプ31号(6月31日発売)にて掲載予定です。