シャドーハウス【第105話】最新話ネタバレと考察・感想!エミリコ、星空を見て泣く

シャドーハウス【第105話】最新話ネタバレと考察・感想!エミリコ、星空を見て泣くのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

ヤングジャンプ2021年31号(7月8日発売)の『シャドーハウス』第105話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第104話第105話
(最新話)
第106話

『シャドーハウス』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

シャドーハウス【第105話】のあらすじ・ネタバレ

ケイト、シャーリーと語る

元サーカス団の少女は、ジョン達に誘われて選別会に参加することを決意しました。

少女は、校長室に侵入し自分が唯一書ける名を記入して戻ってきました。

パトリックは、少女に名前を何と書いたのか質問してきました。

少女は、他の人の名前を借りてケイトと書いたと笑いました。

ケイトと書いた症状は、自分も選別会で選ばれると嬉しいと希望に満ち溢れていました。

ジョンは、ケイトに選抜会の合格する基準は、健康状態や受け答えが重要だと教えました。

そう言ってケイトの肩を叩くジョン。

ジョンは、帰りながら今日から自分達はケイトも含めて5人が仲間だ。

シャドーハウスに入れたなら毎日が楽しくなると宣言しました。

ケイトは、シャーリーの家に泊めてもらう事になりました。

ケイトは、寝ようとする前にシャーリーに明日の選別会を頑張ろうと言いました。

しかし、シャーリーは、やはり自分は選別会に行かない。

洋服もケイトに譲ると言い出しました。

ケイトは、驚き理由を聞いてきました。

シャーリーは、兎の人形を出しました。

自分はこのラミーと言う名の人形が無いと人と話すことが出来ない。

自分の母親が作ってくれて、生まれた時からの友達だ。

でも、シャドーハウスには私物を持ち込むことは厳禁。

だから無理だと諦めるシャーリー。

するとケイトは、ラミーのリボンを取り、シャーリーの指に結びました。

するとシャーリーは、ラミーと一緒にいる感覚がすると笑いました。

シャーリーは、これなら選別会を頑張れそうだと参加を改めて決意するのでした。

エミリコ、思い出が甦り泣く

朝になりシャーリーの家にやってくるジョン、パトリック、ルイーズの3人。

ルイーズは、母親に作ってもらった綺麗な服を着ていました。

パトリックは、父親が買ってくれた上等な生地の服を着用していました。

ジョンは、特別な事を考えておらずいつもの普段着でした。

ルイーズは、ケイトに髪型を変えて印象を良くしてみようと弄り始めました。

皆から色々なアドバイスを聞いて嬉しくなるケイト。

ケイトは、今日から選別会に行き合格してシャドーハウスに仕える。

サーカスの時とは違う自分に生まれ変わると決意しました。

そして、現在。

ショーン達は、エミリコの事を思い出しました。

ショーンは、自分達が誘ってしまったのがきっかけでこのシャドーハウスに来ることになったのだ

気づき罪悪感に駆られていました。

他の3人も同じ気持ちで、エミリコの様子を伺っていました。

するとエミリコが目から、大量の涙を流し始めました。

エミリコは、泣きながらも笑ってました。

自分もショーン達との素晴らしい思い出があった。

だからここに来た事は全く後悔はない。

孤独な自分を仲間と言ってくれたから大丈夫だと言うエミリコ。

すると見えなかった夜空に星々が見え始めました。

星空の美しさに見とれる5人でした。

エミリコ、湖での出会いも思い出す

その後、部屋に戻ったエミリコ。

エミリコは、ショーン達との思い出だけでなく、突然、もう1つの事も思い出しました。

それは、過去にケイトとしてサーカスに居た時、綱渡りを失敗した日の朝の出来事でした。

落ち込み、湖の辺りを散歩するケイト。

ケイトは、とある1人の女性を見かけました。

ケイトは、挨拶をし女性にミラーサイドの人かと聞きました。

フードで顔の見えない女性。

すると強風が吹きました。

するとそこに長い黒髪の女性の顔が見えました。

ケイトだった時の記憶を思い出すエミリコでした。

シャドーハウスの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年32号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『シャドーハウス』第105話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年32号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

シャドーハウス【第105話】の考察・感想

ケイトと言う名前を書いた少女。

ジョン達は、ケイトを自分達の仲間として向かい入れ、選別会に通過して共にシャドーハウスで生活すると誓います。

シャーリーの家に止まったケイトは、シャーリーが選別会を辞退すると聞き驚きます。

シャーリーは、人形のラミーが居ないと人と話せない。

ラミーをシャドーハウスに持っていけないから諦めると残念がるシャーリー。

しかし、ケイトが機転を利かせてラミーのリボンをシャーリーの指に結び付けて再び参加することを決意させます。

ケイトの純粋な優しさが伝わります。

不思議な魅力あります。

過去の記憶を思い出したショーン達は、自分らがエミリコを巻き込んでしまった事を反省します。

しかし、エミリコは、素敵な思い出があった。

そのおかげで自分はここまでこれたと嬉し泣きするエミリコ。

すると真っ暗な空に星々が見えます。

ちょっと感動的です。

エミリコは、もう1つの事を思い出します。

それは、綱渡りに失敗した朝に出会った女性の事です。

この女性がこれからのエミリコ達の行動の鍵を握りそうです。

そして、シャドーハウスに関わる何かに影響しそうな気がします。

続きが楽しみです。

まとめ

以上、『シャドーハウス』第105話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『シャドーハウス』第106話は、ヤングジャンプ31号(7月8日発売)にて掲載予定です。