東京卍リベンジャーズ【第202話】ネタバレと考察・感想!マイキーがまさかの行動に!?

東京卍リベンジャーズ【第202話】ネタバレと考察・感想!マイキーがまさかの行動に!?のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年20号(4月14日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第202話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第201話第202話第203話

『東京卍リベンジャーズ』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

東京卍リベンジャーズ【第202話】のあらすじ・ネタバレ

日向の予感

日向は武道の家を訪ねていた。

ドアホンを鳴らしても武道が出てこないため、日向は合鍵で家に入る。

武道を呼ぶ日向は、汚すぎる武道の部屋にショックを受けると、窓を開けて片づけを開始することにした。

その時、突如日向が武道からもらった四葉のネックレスが切れてします。

落ち込む日向は、何か不吉さを感じていた。

結婚式に来て欲しい

廃ボーリング場。

武道は後ろに来た人物がマイキーであることに気づいた。

良い未来、これ以上求める物はあるかと聞くマイキーに、武道は前を向いたまま1通の封筒を見せた。

武道が渡したかったという封筒の中身をマイキーは問う。

武道は結婚式の招待状だと答えた。

マイキーにはどうしても結婚式に参列して欲しいのだ。

12年前の約束通り全員元気で幸せだと伝える武道は、マイキーだけが幸せそうじゃないと言う。

三途は武道の言葉に反応すると、殺すぞと武道を脅して武道の頭に当てている銃を強く突き付けた。

するとマイキーは三途に席を外してくれと頼む。

武道と2人で話したいと言うのだ。

一瞬間を置くも了承した三途は、下で待っていると言ってフロアから出て行った。

黒い衝動

三途がで定期扉が閉まった後、少しの沈黙が流れた。

先に口を開くのは武道。武道は黒い衝動について聞こうとする。
マイキーの人生が狂った

要因は稀咲や真一郎の死にあると思っていた武道にとって、黒い衝動の存在は衝撃的な物であった。

得体のしれない黒い衝動の正体を知るには、マイキーに直接聞くしかないのである。
再び沈黙。

また武道が口を開いた。

武道は日向を救ったことで、もう過去には戻れないことをマイキーに話す。

それはマイキーのおかげであると武道は思っていた。

マイキーが何も言わなくても、これまでとは全く違う現代はマイキーが皆を守ったからだと武道は考えているのだ。

武道はスッと立ち上がる。

そして振り向きざまに、今度は自分がマイキーを救う番だと言った。

マイキーがまさか・・・

その時、ドンッと音が聞こえる。

武道は何が起きたか分からず驚いた。

振り向いた先にいるマイキーは武道の方に銃口を向けており、その銃口からは硝煙が上がっている。

武道は自分の背中、右肩の下の方に穴が開いていることに気づく。

状況を理解した武道の戦慄が走った時、マイキーはまたもや発砲。

今度は左わき腹の少し上あたりだ。

武道はその場に倒れこむ。

苦しむ声を漏らしながら、武道は立ち上がろうと腕に力を込める。

なんとか上半身を起き上がらせることが出来たが、撃たれたことで武道は吐血。

そんな武道の背後には、立ち上がったマイキーがいる。

息を荒くしている武道が再び振り向きマイキーを見ると、またドンッと鈍い音が響き渡った。

丁度その頃武道宅の片づけを終えた日向は、窓から空を見上げ、武道は何をしているのだろうと考えていた。

背中の真ん中から3発目の銃弾を受けた武道はその場に倒れ、血だまりを作っていた。

武道の足元には無情にも結婚式の招待状が落ちており、マイキーは武道を見下ろしていた。

東京卍リベンジャーズの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年20号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『東京卍リベンジャーズ』第202話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年20号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

東京卍リベンジャーズ【第202話】の考察・感想

ようやく会うことが出来たマイキーに武道は撃たれてしまいました。

これも黒い衝動によるものなのでしょうか。

もしかしたら現代のマイキーは常に黒い衝動に支配されているのかもしれません。

結婚式が迫り、武道に危険なことはさせられないと言っていた一虎の言葉が蘇ります。

気になる部分としては、武道が死ぬのかどうかです。

マイキーの銃弾は頭は勿論、心臓も避けているように見えることから、マイキーは武道にこれ以上詮索させないようにしただけで殺すつもりはないのだと感じました。

武道は死ななければ諦めずにマイキーを助けようとするでしょう。

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』第202話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『東京卍リベンジャーズ』第203話の話は、週刊少年マガジンにて4月21日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!