東京卍リベンジャーズ【第203話】ネタバレと考察・感想!マイキーが自害する?

東京卍リベンジャーズ【第203話】ネタバレと考察・感想!マイキーが自害する?のアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年21号(4月21日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第203話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第202話第203話第204話

『東京卍リベンジャーズ』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

東京卍リベンジャーズ【第203話】のあらすじ・ネタバレ

血を大量に流し、膝をつくタケミチ

廃ボーリング場でやっとの再会を果たしたはずだったが、マイキーは冷めた表情のまま、手にした銃で無情にも何発もの銃弾をタケミチへと浴びせた。

膝とつき、うなだれたタケミチの体からはいたるところで血が流れ出し、息は荒く、意識も途切れてしまったように見える。

そんなタケミチに向かって、マイキーはこうするしかなくなるから、会いたくなかったのだと言う。

そしてタケミチがこれまで何度も繰り返してきたタイムリープのことを示すように、お前の長旅もここで終わりだと告げてマイキーはタケミチに背を向けた。

しかし、去ろうとするその背中に向かって、瀕死のはずだったタケミチから細々とした声が漏れ出す。

助けに行くと。

君のためなら何度でも。、何度でも助けに行くと。

タケミチはTシャツを自らの血で染め、目や鼻や、口からも血を流しながらも、うつろな目で呟き続けるのだった。

屋上に立つマイキー

マイキーはタケミチの言葉を背中に聞きながらも、振り返ることはせず、無表情でその場を去っていく。

そして何かを覚悟したかのような目で、ここで全部終わらせると呟くと、マイキーは外階段をゆっくりと一歩ずつ上り、廃ボーリング場の屋上の、縁に立った。

眼下の道を行き交う人々が、ビルの屋上に立つ人影を見つけて騒ぎ始める。もしかしてその人影は飛び降りようとしているのではないかと。

人々の噂が広がり始め、それはマイキーの指示によって外で待っていた三途の耳にも届く。

騒ぎに気付いた三途がふと屋上を見上げると、そこに立っていた人影がマイキーであったため、三途は思わず驚きの表情を見せ、大声でマイキーの名を呼んだ。

マイキーの頭をよぎる昔の仲間たち

屋上に立つマイキーの頭の中に、昔の仲間たちが語りかけてくる。

兄であり初代総長だった真一郎、エマ、場地、ドラケン。

それぞれが口々に語りかけてくる言葉は、しかし記憶の中のものではなく、まさに今のマイキーに対しての言葉のようだった。

真一郎とエマは頂点からの眺めを尋ね、場地はマイキーがみんなを守ってくれたのだろうと語りかけ、ドラケンはマイキーの心はわかっていると、理解を見せる。

そして同じようにマイキーを信頼の目で見つめてくる、タケミチら東京卍會の仲間たち。

そうしている間に、今のマイキーの姿に東京卍會時代の特攻服の姿が重なっていた。

今の自分と東京卍會時代の自分を重ね合わせたマイキーは、行くぞオマエら!と大きな声で叫ぶと、昔のような屈託のない無邪気な笑顔を最後に見せて、屋上から飛び降りる。

下から大声で制止する三途の言葉も虚しく、マイキーの体は宙へと舞った。

タケミチが飛び降りるマイキーを止める

身を投げ出し目を瞑り、まるで満たされたかのような安らかな表情を見せながら地面へと落下していくマイキー。

しかしその時、落ちていくマイキーの腕をがっしりと掴み、止める手があった。

驚いてマイキーが見上げると、それを掴んでいたのは窓から血だらけの顔を出すタケミチだった。

タケミチは口の中からも血をまき散らしながら必死の形相でマイキーに叫ぶ。君を死なせないと。

東京卍リベンジャーズの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年21号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『東京卍リベンジャーズ』第203話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年21号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

31日間の無料期間内に解約すれば、完全無料です。
解約後も未使用分のポイントは残るので、とりあえず登録してみるのもおすすめ!

東京卍リベンジャーズ【第203話】の考察・感想

まだまだ多くの謎に包まれている現在の展開ですが、その中でもわずかにわかってくるのは、マイキーもタケミチを死なせたくはなかったこと。

しかし会った以上は死なすしかなかったということ。
そしてそのことによってなのか、マイキー自身も死を選んだということ。

またマイキーの心の中の仲間たちの言葉から、現在の状況が東卍時代の自分のポリシーに反することでは恐らく無いということでしょうか。

場地による「みんなを守った」という言葉やドラケンの「わかってる」という言葉から、現在の状況がみんなを守るためにやむを得ず取っていた行動だということを窺い知ることができます。
では何から守ったのか。

マイキー自身の黒い衝動からなのか、あるいは他にマイキーがそこまでせざるを得なかったような黒幕が存在しているのか、この先の展開が気になるところです。

そして銃で撃たれてあれだけ血を流していたタケミチが死なずにマイキーを救うまで至っているという点についても、マイキーにそもそも殺す意図がなかったか、あるいはタケミチが死なないための何らかの策を予め講じていたといったことが考えられます。

とにかく続きが気になりますね。

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』第203話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『東京卍リベンジャーズ』第204話の話は、週刊少年マガジンにて4月28日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!