東京卍リベンジャーズ【第208話】ネタバレと考察・感想!東京の不良たち

東京卍リベンジャーズ【第208話】ネタバレと考察・感想!東京の不良たちのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年27号(6月2日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第208話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第207話第208話第209話

ネタバレを見る前に『東京卍リベンジャーズ』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

東京卍リベンジャーズ【第208話】のあらすじ・ネタバレ

戻って来たのは10年前

武道は戻って来た時代が12年前ではなく10年前であることを千冬に確認し、窓の外を見ながらしみじみしている。

タイムリープする時代が変わった、という武道に千冬は簡単に未来に戻れないという話をした。
なぜならタイムリープのトリガーが直人ではなくマイキーになってしまったからだ。

千冬の発言が意外だった武道だが、その話は続けずに今のマイキーのことを聞いた。

千冬は下を向き何もしゃべらない。

千冬は武道の元に山岸を呼んだ。

不良辞典山岸

武道が東京の不良界隈のことを知ろうとしているのは珍しい。

山岸は自信満々に知識を披露し始めた。

黒板を使いさながら教師の様である。

この時代、東卍の解散から2年が経っている。

この2年の間に東京の勢力図は大きく変化した。

関東を制した東卍の解散により、東京には不良チームが溢れかえったのだ。

武道は熱心に山岸の説明をメモする。

「我こそは」と頂点を目指すチームが現れては潰されるを繰り返した状況はまさに東京戦國時代。

武道は東京戦國時代というワードに息を飲む。

山岸はこの時代に終止符を打った3人のカリスマがいる、という話を始めた。

3大勢力とは

3人のカリスマの1人は港区を拠点とする「最大」の勢力六波羅単代の寺野サウス。

1人は新宿区を拠点とし「最強」を謳う謎の愚連隊梵の瓦城千咒。

そして残る1人は勿論マイキーである。

マイキーは今渋谷区を拠点とする「無敵」の関東卍會総長だ。

今の東京はこの3チームが均衡しており、山岸はそれを三天時代と呼んだ。

武道はマイキーと同じレベルが2人もいることに驚き、口に出した。

そして考え始める。

山岸はまだ話しているが、武道はもう聞いていない。

武道は東卍を解散させたにも関わらずすぐに関東卍會という新しいチームを作ったマイキーの考えが分からない。

しかし、巻き込みたくない、周りを不幸にすることは間違いないと悲しそうに話していたマイキー

姿を思い出した。

武道はマイキーが新しいチームを作った理由を理解した。

千冬が武道に声をかける。

すると千冬は両手で自分の顔を挟んでいた。

武道の視野が狭くなっていることを表している。

何も言えない武道であったが、マイキーのことを考えなければいけないことは仕方がないことだ。

千冬はそのことも勿論分かっている。

それでも先につけなければならないケジメがあることを武道に伝えた。

日向へのケジメ

ケジメという言葉に疑問を抱いた武道であったが、すぐに理解して日向の元へ向った。

そして他の人もいる場所で日向に土下座をした。

日向は驚いている。

武道は顔を上げると涙でボロボロになっており、結婚をすっ飛ばして死んでしまったことを伝えた。

結婚というワードにも驚いている日向であったが、武道が未来から戻って来たことに気がついた。

2人は場所を変える。

武道はマイキーを助けなければ終わりが来ないことに気づいたと日向に話す。

日向は武道の選択が間違いであり、最悪の未来が来るとしても応援してくれると言ってくれた。

武道は心の中で日向に感謝すると。マイキーを倒すことを誓う。

東京卍リベンジャーズの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年マガジン2021年27号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で、50%OFFクーポンがもらえるので、『東京卍リベンジャーズ』第208話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年27号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

東京卍リベンジャーズ【第208話】の考察・感想

10年前に戻った武道が自分の目的をはっきりさせました。

3つも勢力があり、困難な道であることは武道も分かったはずです。

それでも、マイキーがわざわざ別チームを作ってまで皆を守ろうとしたことにも気づいているため、どうしてもマイキーを助けなければならないのです

それは未来でも約束したことでした。

日向にもケジメをつけたため、次からは早速動き始めるでしょう。

そのためには山岸にもう少しだけ詳しい状況を聞くのがいいのではないでしょうか。

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』第208話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『東京卍リベンジャーズ』第209話は、週刊少年マガジン28号(6月9日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!