東京卍リベンジャーズ【第210話】ネタバレと考察・感想!マイキーには関わるな

東京卍リベンジャーズ【第210話】ネタバレと考察・感想!マイキーには関わるなのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年29号(6月16日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第210話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第209話第210話第211話

『東京卍リベンジャーズ』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

東京卍リベンジャーズ【第210話】のあらすじ・ネタバレ

マイキーのバブ

武道は電話でドラケンに呼び出された。

武道は久しぶりのドラケンに会うため、ドラケンが働くD&D MOTORCYCLESHOPを訪れた。

そこでバイクをいじっているドラケンに挨拶する。

武道に背を向けたまま返事をしたドラケンは、スッと立ち上がると汚れた手をタオルで拭きながらバブを直しておいたと武道に伝える。

武道は何のことか分からずにいた。

ドラケンは部品が届かなかったせいで修理が遅れたと話し、その話で武道もようやくバブのことを思い出す。

CB250T通称バブ。

武道がマイキーから貰ったバイクである。

ドラケンは乗ってみろ、と武道に言った。

ドラケンの意見

武道はバブを走らせる。

後ろにはドラケンを乗せていた。

夜の道を走りながら、武道は自分が再び未来から戻って来たことをドラケンに話す。

武道はずっと自分がマイキーに助けられてきたから、今度は自分がマイキーを助けなければならないと話す。

しかしドラケンは反対した。

マイキーはもうどうにもならないという。

上手く言えないドラケンであったが、東卍の解散によりカタギとなったドラケンたちとは違い、マイキーは自分で悪の道を選んだと話す。

マイキーは望んで東卍と決別したのだ。

ドラケンはマイキーに手を出すなと武道に警告する。

その理由は武道もよく分かっているがドラケンは口に出した。

今のマイキーは東卍の時のマイキーとは違う、相手が誰でも平気で○す。

それは武道も例外ではないとドラケンは言うのだ。

自分に銃を向け、実際に発砲してきたマイキーの姿を思い出した武道の心臓が1度大きく鼓動する。

その時正面からバイクを蒸かす音と共に、ドラケンに逃げろと言う声が聞こえた。

何と乾がバイクに乗った人物にズボンを掴まれ吊るされているのだ。

ドラケンが乾に気づき驚いたところで、バイクの人物は受け取れ、と乾を武道たちの方に投げてきた。

乾はどけと叫ぶ。

武道はバイクを止めようと全力でブレーキをかける。

武道のバイクは止まり、乾も無事に着地した。

乾を掴んでいた人物のバイクが道路にタイヤ痕を残しながら止まった。

そして何やら決め台詞を口にする。

“無双”のサウス

武道が変なことを言っている謎の人物に驚いていると、後ろに乗ったドラケンが口を開いた。

男の正体が気になる武道の考えを読んだかのように、ドラケンは目の前の男が六波羅単代の総代、”無双”のサウスだと言った。

サウスこと寺野南だ。

サウスは音を楽しむよう耳に手を当てながらリズムをとる。

周りからはウォンウォンとバイクの音が絶え間なく聞こえる。

武道とドラケンは既に大量のバイク、六波羅単代のメンバーに囲まれていた。

武道は今の状況に驚きすぎて開いた口が塞がらない。

それほどにすごい数のバイクが武道たちを囲んでいるのだ。

するとバイクを降り、サウスが武道たちの方に歩いてきた。

目的はドラケンだ。

サウスはドラケンの名を呼ぶと、笑みを浮かべながら仲間になれとドラケンに声をかけたのだった。

東京卍リベンジャーズの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年マガジン2021年29号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録をすることで50%OFFクーポンがもらえるので、『東京卍リベンジャーズ』第210話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年29号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

東京卍リベンジャーズ【第210話】の考察・感想

マイキーを助けたい、と強く思ったから過去に戻ってくることが出来たのに、現実はかなり難しい状況となっています。

マイキー自身が言っていたことをドラケンも言っているため、マイキーに関わることが本当に危険なのだと改めて感じました。

この時で東卍解散から2年しか経っておらず、それなのにマイキーはヤバいと言われていることから、もう黒い衝動が動き出しているのでしょう。

周りを巻き込めず、反対もされ、武道は答えを出せるのでしょうか?

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』第210話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『東京卍リベンジャーズ』第211話は、週刊少年マガジン30号(6月23日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

東京リベンジャーズが今ならお得に読める!

コミックシーモアの東京卍リベンジャーズセール情報

今ならコミックシーモアで、漫画『東京卍リベンジャーズ』をお得に読むことができます。
劇場版公開の限定セールなのでお見逃しなく!!

最新刊も50%OFFで読める!