東京卍リベンジャーズ【第211話】ネタバレと考察・感想!三天の一角、寺野サウス登場

東京卍リベンジャーズ【第211話】ネタバレと考察・感想!三天の一角、寺野サウス登場のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年30号(6月23日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第211話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第210話第211話
(最新話)
第212話

『東京卍リベンジャーズ』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年マガジンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

東京卍リベンジャーズ【第211話】のあらすじ・ネタバレ

六波羅単代総代、”無双”のサウス

ドラケンを後ろに乗せ単車を流していたタケミチの前に突如として現れたのは、現在の東京を争う”三天”の一角、六波羅単代の総代、寺野サウスだった。
サウスによって単車の上から投げつけられたイヌピーはかろうじて無事だったが、サウスを中心として三人は大量の六波羅単代に囲まれてしまう。

ドラケンはサウスと既に何度も面識があるようで、六波羅に勧誘するサウスに対して改めて断りを入れるが、そのサウスは身長185cmはあるはずのドラケンを悠々と見下ろすほどの巨漢。タケミチはその大きさにただおののくばかりだった。

ドラケンがまったく相手にならないサウス

ドラケンは引退したことを理由に、もう不良の抗争には関わる気がないとサウスに告げるが、それを聞いたサウスは「フォルテッ」の掛け声とともにドラケンを殴りつける。
その威力はすさまじく、あのドラケンがあっけなく吹っ飛ばされたことにタケミチは驚く。

サウスはドラケンに向かって、引退など許さないと青筋を浮かせる。ならば何故、東京卍會は最強を謳ったのかと。
顔つきが鋭くなり立ち上がったドラケンに、まだダメージは感じられない。しかし再び「フォルテ!!」の掛け声とともにサウスが今度は突き上げるような左のボディブローを当てると、ドラケンの身体が浮き上がり、そのパワーに再びタケミチは驚く。
そして浮き上がったドラケンに今度は「フォルテシモ!!」の掛け声と共に右からの打ち下ろし。豪快な音を立ててドラケンはその場に倒れてしまう。

その圧倒的な力にタケミチは驚きを隠せない。
いくら引退したとはいえ、あのドラケンがここまで一方的にやられるとは、サウスとはどれだけのバケモノなのかと。

サウスの目的

口から血を流し、道路に突っ伏したまま悶絶するドラケンにサウスが言葉を投げつける。
不良の時代を創ると言ったマイキーの東京卍會。それはサウスと同じ思想であり、だからこそサウスは東京卍會を潰すために東京へ来たのだと。
だから東京卍會の解散とメンバーの引退がサウスには許せないのだった。

サウスにとって引退は逃げと同じ。他の者に食いつくされるまで最強で居続けることが弱肉強食の世界だろうと、サウスは怒りの表情をドラケンに向けながら凄む。
ここで死ぬか、自分の下につくかの二択をドラケンに迫るサウス。

さらにサウスの意識は、そばでその様子を見ていたタケミチにも向けられていた。
サウスはタケミチに向かって元壱番隊隊長と呼びかける。タケミチも他人事ではなく、サウスにとっては”食う”対象だった。

梵(ブラフマン)

タイムリープ早々の大ピンチに焦るタケミチ。
しかしその時、大きな叫び声と共に、二人のところに人が吹っ飛んでくる。
そこに現れたのは、六波羅単代と同じく”三天”の一角である梵(ブラフマン)のナンバー2であり、初代黒龍の副総長であった明司武臣。

余裕の表情で邪魔をするなと言うサウスに、明司は同じく余裕の表情で、人の上に立つなら後ろも気にかけろと言う。
いつの間にかタケミチらがいる交差点には、大量の六波羅単代と、大量の梵まで集まり、”三天”の内の2チームによって埋め尽くされていた。

東京卍リベンジャーズの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年マガジン2021年30号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録をすることで50%OFFクーポンがもらえるので、『東京卍リベンジャーズ』第211話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年30号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

東京卍リベンジャーズ【第211話】の考察・感想

高校生編に入り、新たな勢力図となった東京の不良たちの世界。
マイキー率いる関東卍會を除いた”三天”のうちの二天が早くも出そろいました。
梵は謎が多そうでしばらくは現れないだろうとも思っていたので、意外でしたね。ただし現れたのはまだナンバー2で、最強を自称するナンバー1はまだ現れていません。

そして今回は何と言っても六波羅単代総代である寺野南(サウス)の存在。名前から言ってもティラノサウルスがモチーフでしょうか。
ドラケンを圧倒的する力と、クラシック音楽を想起させる独特の語彙が個性的です。
話からすれば東京出身では無いようで、全国にはまだまだ強豪が潜んでいるということですね。
ドラケンも再び巻き込まれそうで、ここからの展開が楽しみです。

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』第211話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『東京卍リベンジャーズ』第212話は、週刊少年マガジン31号(6月30日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

東京リベンジャーズが今ならお得に読める!

コミックシーモアの東京卍リベンジャーズセール情報

今ならコミックシーモアで、漫画『東京卍リベンジャーズ』をお得に読むことができます。
劇場版公開の限定セールなのでお見逃しなく!!

最新刊も50%OFFで読める!