東京卍リベンジャーズ【第214話】ネタバレと考察・感想!ドラケンの告白

東京卍リベンジャーズ【第214話】ネタバレと考察・感想!ドラケンの告白のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年33号(7月14日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第214話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第213話第214話第215話

『東京卍リベンジャーズ』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら1000ポイント&100冊半額クーポンがもらえるので、週刊少年マガジンをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で1000P+100冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

東京卍リベンジャーズ【第214話】のあらすじ・ネタバレ

渋滞の原因

道路で立ち往生する人々。

雨が降り始め、傘を差している人もいる。

長い渋滞ができていることで、車を降りて見物人が多く見られた。

その渋滞の原因は・・・梵(ブラマン)と六波羅単代の抗争・・・。

〝三天〟と呼ばれる3つのチームのうち、2つが激突しようとしているのだ。

渋滞の最前線では両チームの総長が対峙し、一触即発の雰囲気が漂っていた。

宣言

ドラケンを仲間に引き入れ、梵を潰そうと考えていた六波羅単代の総長、サウス。

しかし、梵の総長である瓦城が現れて状況が変わったと話す。

今ここで、梵を潰してしまうと言うのだ。

そんなサウスの言葉を聞いても、落ち着いている瓦城。

六波羅単代など眼中にないと言い、関東卍會との戦いに備えると返した。

さらに、その戦いのために武道を仲間に引き入れると瓦城は話したのだ。

両チームの総長の話を聞き、声を上げたのはドラケン。

勝手なことばかり話している2人に怒りを感じ、武道に同意を求める。

ドラケンに問われた武道は、マイキーの言葉を多い出し始めた。

助けてくれ・・・。

武道にそう話した、現代のマイキー。

武道の出した答えは・・・梵にも六波羅単代にも興味は無い・・・。

さらに、目を見開いてこう宣言したのだ!

関東卍會の佐野万次郎を、ぶっ飛ばしたい!!

サウス VS ドラケン

マイキーをぶっ飛ばすと宣言した武道の言葉を聞き、静まりかえる両チーム。

鶴蝶は武道の意図を理解したようで、彼が抗争の場に戻って来た意味を知る

かつての武道を知っている元天竺のメンバーは、武道を静かに見つめていた。

暫くすると、ざわつく両チームの兵隊たち・・・。

怒りの表情を浮かべたサウスが、武道の眼前に立っているのだ。

〝三天〟に割って入る発言をした武道に、怒りを爆発させるサウス。

武道を三下と呼び、挑発して見せた。

その瞬間・・・宙に浮いたサウスの体!!?

声を張り上げたドラケンが、右腕を振り抜いたのだ。

なんとかガードしたサウスの意識は、武道からドラケンに移る。

武道を守るため、サウスの前に出たドラケン。

第2ラウンドだと叫ぶドラケンと、サウスは嬉しそうに雄叫びを上げる。

2人は今にも、ぶつかろうとしていた。

静止の合図

睨み合うサウスとドラケン。

しかし・・・次の瞬間、サイレンの音が響き始めた。

両チームが道を塞いでいることで、警察が駆けつけたのだ。

サイレンを聞き、仕方ないと引き下がるサウス。

背を向けたサウスに、ドラケンは声をかける。

全てを東卍に置いてきた・・・。

ドラケンはそう宣言し、六波羅単代には入らないと言いきったのだ。

そんなドラケンの言葉には応えず、仲間を引き連れて去って行くサウス。

一方の武道は、ドラケンの言葉に笑みを浮かべている。

彼の心は変わらず、東卍にある・・・!!

東卍に全てを捧げてきたドラケン。

そんなドラケンに近づいていくのは、梵の副総長である明司だ。

ドラケンの肩に手を置き、謝罪の言葉を口にする明司。

武道は2人の様子を見て、違和感を覚えた。

その後、明司の号令で去って行く梵。

総長の瓦城は、最後まで武道を見つめている。

警察が近づいて来ていることもあり、逃げようと話すドラケン。

武道はドラケンのバイクに乗せてもらい、その場から走り去った。

思わぬ真実

ドラケンのバイクに乗り、謝罪の言葉を口にする武道。

大きな事を言い過ぎたと、反省しているのだ。

そんな武道に、お前らしくて良かったとドラケンは声をかける。

ドラケンの言葉に応えるように、安心したと返す武道。

相変わらずドラケンの心は東卍にあると、武道は信じて疑わない。

ただ、次の言葉に武道は目を見開く。

言っておきたい事がある・・・。

そう呟いたドラケンは、衝撃の言葉を口にしたのだ。

オレは今、梵のメンバーだ・・・!!!

東京卍リベンジャーズの最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『週刊少年マガジン2021年33号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで1000円分のポイントと100冊半額クーポンがもらえるので、『東京卍リベンジャーズ』第214話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年33号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で1000P+100冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

東京卍リベンジャーズ【第214話】の考察・感想

マイキーを救うため、過去に戻った武道。

東卍解散後の世界では、〝三天〟とよばれるチームが頭角を現していました。

マイキーが率いている関東卍會とは別の、梵と六波羅単代というチーム。

いきなりこのチームの総長たちが登場し、新たなキャラクターが明らかになりましたね。

昔と変わっていないドラケンの羽型を見て、安心する武道。

しかし、ドラケンは東卍以外のチームに席を置いていました!

今回の過去編で鍵を握るのは、ドラケンか・・・?

今までのドラケンを見ていると、梵に入った理由があるはずです。

武道と同じく、マイキーを救おうとしているのかもしれません!!

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』第214話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『東京卍リベンジャーズ』第215話は、週刊少年マガジン34号(7月21日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

東京リベンジャーズが今ならお得に読める!

コミックシーモアの東京卍リベンジャーズセール情報

今ならコミックシーモアで、漫画『東京卍リベンジャーズ』をお得に読むことができます。
劇場版公開の限定セールなのでお見逃しなく!!

最新刊も50%OFFで読める!