東京卍リベンジャーズ【第215話】最新話ネタバレと考察・感想!梵、花垣武道の初仕事は

東京卍リベンジャーズ【第215話】最新話ネタバレと考察・感想!梵、花垣武道の初仕事はのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年34号(7月21日発売)の『東京卍リベンジャーズ』第215話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第214話第215話
(最新話)
第216話
Amebaマンガ 50%OFFクーポン

『東京卍リベンジャーズ』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら500ポイント&5冊半額クーポンがもらえるので、週刊少年マガジンをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

東京卍リベンジャーズ【第215話】のあらすじ・ネタバレ

約束を違えた明司武臣

バイクで龍宮寺堅の家に戻った花垣武道は雨に濡れた体を拭きながら思案していた。

一緒に戻って来たらしい乾青宗が勝手知ったるバイク屋で寛ぎながら飲み物を持ってきてくれた。

そういえば家主の龍宮寺堅がいない。

花垣武道が尋ねると乾青宗は外で龍宮寺堅が梵と揉めていることを教えてくれた。

それなら様子を見に行かないと、と立ち上がる花垣武道に乾青宗は梵が大人の愚連隊だ、と警告する。

その言葉に身が引き締まる思いで外に出た。

外では語気を荒くした龍宮寺堅が約束が違う、と明司武臣に詰め寄っていた。

どうやら龍宮寺堅は花垣武道たちを巻き込まないという条件のもと、梵の仲間になったらしい。

関東卍會を潰したい梵は、佐野万次郎を救いたい龍宮寺堅に目を付けたのだ。

明司武臣の真意

ようやく一服して落ち着いた明司武臣は、佐野万次郎が創る東京卍會が好きだった事を告白する。

強さを追い求める不良界において、不良の時代を創るという独創性をもった佐野万次郎はまさしく佐野真一郎の弟だった。

だが、今の佐野万次郎が率いる関東卍會は違う。

そこに志や理念はない。

佐野万次郎が誤った道を進もうというのなら、佐野真一郎の仲間だった黒龍の自分は、佐野万次郎を止めるべきだろう。

梵に入る花垣武道

花垣武道は寺野南や瓦城千咒の目の前で佐野万次郎をぶっ飛ばす、と宣言した。

武力に秀でたわけでもない花垣武道が本気でそれを成し遂げるなら、勢力がいる。

その最短距離を進もうとするなら、梵に入れ、と瓦城千咒は花垣武道を勧誘した。

またまた約束違反だ。

花垣武道を巻き込まないという話を破る瓦城千咒に龍宮寺堅は苛立ちを隠せない。

梵を抜け、敵に回ろうとする龍宮寺堅に瓦城千咒はここで殺しあうか、と睨みつける。

花垣武道は佐野万次郎をぶっ飛ばすと決めていたが、どうすればよいか暗礁に乗り上げていた。

何もせずに時間だけが過ぎていくくらいなら、この提案は渡りに船ともいえる。

なら毒を食らわば皿まで……だ。

花垣武道は梵に入ることを決めた。

瓦城千咒と待ち合わせたはずが……

何のために花垣武道たちを守ろうとしたのだ。

呆れる龍宮寺堅だが、佐野万次郎と揉めたくないという梵と利害は一致している。

梵も佐野万次郎と争わないために、彼と親しい龍宮寺堅や花垣武道を味方につけたいのだ。

気付いたら雨が止んでいた。

皆の心を表すかのように仕方なく思えてきた。

龍宮寺堅はあくまでも利害が一致しているだけ、と強調しながら梵と合力することを受け入れた。た。

梵の花垣武道となった最初の任務は……瓦城千咒の荷物持ちだった。

愛用の黒い傘を持たされて、明日の昼3時に原宿な、と拒否権なく決められた。

瓦城千咒の荷物持ちは大変なのだ。

ようやく肩の荷が下りたという風な明司武臣に訳も分からず呆ける花垣武道。

翌日、意味も分からず原宿に到着したが、先に来ていたのは瓦城千咒だった。

遅いぞ、という瓦城千咒はセーラー服に身を包んだ女子高生だった。

あれ?……誰?

東京卍リベンジャーズの最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『週刊少年マガジン2021年34号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで500円分のポイントと5冊半額クーポンがもらえるので、『東京卍リベンジャーズ』第215話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年34号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

東京卍リベンジャーズ【第215話】の考察・感想

佐野万次郎の弟とか血筋かと思っていたら、全然違う方向にアンサーが出ました。

いや、まだ似ている点から諦めてはいませんが、女性とは完全に意外でしたね。

確かに佐野万次郎は忠誠的な顔立ちをしていますけど、この娘、アクロバティックキックとかしていませんでしたか。

いきなり最強寺野南から女の子と互角の寺野南になりました。

やばい、絶対陰口叩かれてそうな気がします。

婚約者がいる以上、花垣武道と恋愛がらみになることもないでしょうし、どれだけ振り回されるのかに注目しましょうか。

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』第215話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『東京卍リベンジャーズ』第216話は、週刊少年マガジン35号(7月28日発売)にて掲載予定です。

東京リベンジャーズが今ならお得に読める!

コミックシーモアの東京卍リベンジャーズセール情報

今ならコミックシーモアで、漫画『東京卍リベンジャーズ』をお得に読むことができます。
劇場版公開の限定セールなのでお見逃しなく!!

最新刊も50%OFFで読める!