ウマ娘シンデレラグレイ【第46話】最新話ネタバレと考察・感想!スーパークリークの物語開演

ウマ娘シンデレラグレイ【第46話】最新話ネタバレと考察・感想!スーパークリークの物語開演のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊ヤングジャンプ2021年31号(7月1日発売)の『ウマ娘シンデレラグレイ』第46話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第45話第46話
(最新話)
第47話

『ウマ娘シンデレラグレイ』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊ヤングジャンプをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ウマ娘シンデレラグレイ【第46話】のあらすじ・ネタバレ

順調な序盤戦

運命の菊花賞が始まった。

一斉に18人が走り出し、1番人気のヤエノムテキはさすがの好スタートだ。

いつものように……それだけで好ポジションにつけるのが、ヤエノムテキの能力値が高いことを物語っている。

調子は悪くない、そう感じたヤエノムテキは6番手から7番手辺りを余裕でキープしていた。

逆にいつもと違う様子を見せていたスーパークリークは1バ身離れて中団にいる。

序盤は荒れることもなく予定調和のようだが、スーパークリークは楽なレース展開にはならないことを予期していた。

長距離は総合力が高くないと勝てない

正面スタンド前では8万人を超えるウマ娘ファンが大歓声を上げている。

菊花賞は運やスピードだけで勝てる甘いものではない。

3000Mという距離は持久力のないウマ娘を容赦なく脱落されていく。

持久力がなければ後半はバテてしまうのだ。

だが、3000Mという距離はもともと全力で走り切れるものではない。

筋疲労の限界に近い距離なので後半苦しくて当たり前なのだ。

なら、何が問題になるのだろうか。

それは、脳の疲労だ。

距離が長いということはレースの時間も同時に長いことを意味する。

そのため、集中力は途切れ、視野は狭く、判断は遅くなる。

長距離はまぐれのない総合力の勝負なのだ。

スーパークリークは名瀬文乃を信じている

ふむ、持久力か。

オグリキャップはその話を聞きながら天皇賞を思い出していた。

天皇賞は2000Mで、それよりもさらに1000M長い。

さすがのオグリキャップでも大変そうだなー、とのほほんと思っているとレースのペースが上がり始めた。

ヤエノムテキが外から駆け上がってくる。

残り800Mで疲労感もあるが、条件は皆同じだ。

同じ条件なら負ける気はない、とヤエノムテキがさらにペースを上げる。

そのヤエノムテキの内にピタリとマークしているのがスーパークリークだ。

5、6番手に人気の2人のウマ娘がいる。

その後ろは10バ身ほど空いている。

スーパークリークは走るのが好きだった。

だから練習でよく無理をした。

名瀬文乃は捻挫している足を、ガラスのような綺麗な足とたとえた。

そして自分を信じてくれるなら、スーパークリークをシンデレラにしてみせると約束した。

だから実力をセーブした。

壊れないように大切に、着実に努力した。

よく我慢した

レースは第4コーナーに差し掛かる。

前が塞がっているヤエノムテキは直線にかけて外へスパートをかけた。

ここまで我慢すれば十分だ。

残りの距離なら全力を出せるし、この距離が残っていれば差しきれるだろう。

君なら出来る、行け!

名瀬文乃の許可したラインからスーパークリークがギアを上げる。

ここから本当の勝負が始まったのだ。

スーパークリークは狭い内からぶち抜いていく。

完全に虚を突かれたウマ娘たちはついていけない。

ヤエノムテキすら完全に想定外の様子だ。

名瀬文乃とスーパークリークが紡ぐ物語が今始まろうとしている。

ウマ娘シンデレラグレイの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『ヤングジャンプ2021年31号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『ウマ娘シンデレラグレイ』第46話が掲載されている、週刊ヤングジャンプ2021年31号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ウマ娘シンデレラグレイ【第46話】の考察・感想

1番人気のヤエノムテキは外へ向けてスパートを駆けました。

逆にスーパークリークは最短距離の内を選択しました。

下馬評的にはヤエノムテキの能力をもってすれば外でも差せるという判断なのでしょう。

しかし、この選択が勝敗を決めるのかもしれません。

怪我がちのスーパークリークは捻挫という表現で済んでいますが、競走馬は怪我が死に直結する世界だから本当はもっと悲壮感があるのでしょうね。

それにしても、オグリキャップの適正距離は本当に悩ましいですね。

少し適正と違っても強いのですから……菊花賞に出ても良いレースをしそうです。

まとめ

以上、『ウマ娘シンデレラグレイ』第46話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ウマ娘シンデレラグレイ』第47話は、週刊ヤングジャンプ2021年32号(7月8日発売)にて掲載予定です。