うるわしの宵の月【第9話】最新話ネタバレと考察・感想!この気持ちは一体何?

うるわしの宵の月【第9話】最新話ネタバレと考察・感想!この気持ちは一体何?のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

デザート2021年7月号(5月24日発売)の『うるわしの宵の月』第9話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第8話第9話
(最新話)
第10話

ネタバレを見る前に『うるわしの宵の月』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、デザートをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

うるわしの宵の月【第9話】あらすじ・ネタバレ

「すき」を確かめるために

琥珀から好きと言われたことのない宵に、琥珀の顔が近づいてきた。

触れそうになる2人の唇。

しかし寸でのところで琥珀は本当にしてもいいのか、と聞いてくる。

流されそうになっていた宵だったが正気に戻り手で口をガード。

何かを言おうとするが、琥珀が先に餃子を食べたからキスは駄目だと離れて行った。

宵は自分が無意識に流されそうになっていたことに気がつくと、顔を真っ赤にして悶絶してしまった。

普通の感じに戻ったと思われた琥珀だったが、この流れを壊したくないと宵の気持ちを聞いてきた。

そして手を繋いでもいいかと許可を求める。

宵はお試し交際を始める際、体の接触は無しと約束したと言うが、琥珀は先ほどのキスは受け入れそうになっていたと指摘。

ぎょっとする宵だったが、不意打ちに対処出来なかったのだと琥珀の言葉を否定する。

宵は好きと確かめるために手を出そうとする琥珀に、順番がおかしいと注意する。

琥珀はこれまで経験したことのない恋愛のため、やり方が分からないのだと素直に答えた。

そしてもう1度、無理強いはしないという前提の下で手を差し出す。

宵は男同士だと間違えられるかもしれない、と躊躇っているが琥珀は宵の手を取った。

琥珀にとって間違われることはどうでもいいことなのだ。

2人は手を繋いで歩き出す。

繋ぎ方は恋人つなぎだ。

宵はまだ気持ちが分からないのに手を繋いでいる今の関係を不思議に感じていた。

しかしそれよりも琥珀の熱い手の平の温度の方が気になり始める。

暑いのは果たして琥珀だけなのだろうか、と思いながら何も言わずに歩いていた。

宵の中で変わる琥珀の存在

家に帰ってから、宵は琥珀への気持ちの移り変わりを考えていた。だ

始めは「苦手」だったがいつしか「平気」に変わった。

琥珀は悪い人ではないため、嫌ではない。

しかし自分の気持ちに答えを出すことは出来なかった。

それでも、何故か琥珀から好きになって欲しい気持ちは確かにあるのであった。

宵は褒める言葉ではなく、琥珀からのはっきりとした言葉を待っている。

お風呂から出た宵はスマホを見つめ、琥珀が寝ただろうかと考えていた。

姉が話しかけているのに宵が気づかないため、姉は宵に彼氏が出来ただろうと聞いてくる。

慌てる宵は、まだ付き合っていないと正直に答えた。

面白がる姉は、宵の雰囲気が依然と違うと言ってきた。

感情表現が豊かになり、固さが取れて来たと言う。

宵は友達からも同じようなことを言われたことを思い出した。

宵は姉から根ほり葉ほり聞かれ琥珀の特徴を説明する。

姉は、相手が宵以上の王子だと聞き、意外とその立ち位置はあっているかもしれないと笑った。

この頃、琥珀もまたスマホを見てキスをしようとした時のことを思い出している。

あの時、琥珀が止まったのは歯止めが聞かなくなるかもしれなかったからだ。

宵が気持ちを自覚する

翌日、寝不足の宵は玄関で琥珀、そして琥珀の友達と遭遇する。

しかし宵はまともに琥珀の顔を見ることが出来ず、逃げるように歩いて行く。

琥珀はそんな宵を追いかけ、廊下にも関わらず壁ドンで宵を捕まえた。

宵がまた避けている、と言う琥珀に宵は否定するも、実際は避けていた。

琥珀は横を向く宵の首に髪の毛がついていることに気づき、取ろうとした。

急に首すじに触れられた宵は思わず手を叩いてしまうが、触れた意味を知ると赤くなる。

琥珀は宵が勘違いしたことに気づくと、嫌がることはしないと念を押した。

その言葉を聞いた宵は、自分が嫌だと感じたのか咄嗟に考え、去って行こうとする琥珀の服を掴んだ。

しかし友達が来てしまったため、何もい言わずにまた逃げ出してしまう。

宵は自分が期待していたことを自覚してしまった。

うるわしの宵の月の最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『デザート2021年7月号』紹介画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で、50%OFFクーポンがもらえるので、『うるわしの宵の月』第9話が掲載されている、デザート2021年7月号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

うるわしの宵の月【第9話】考察・感想

まだ好きに辿り着かない中で、宵は琥珀に触れられることは嫌ではない自分の気持ちに気づきました。

琥珀もまた、宵に触れたい気持ちが高まって行きます。

宵が嫌がることはしない、というのも宵を大切にしたい気持ちがあるからですが、それは好きなのかどうかは分かっていません。

2人とも鈍感なのか知りませんが、どちらも好きになっていることは間違いありません。

ここまでくると非常にもどかしくなってきます。

正式に付き合うまでに、もう1度すれ違いを挟むことになりそうですが、早めにくっついてほしい物です。

まとめ

以上、『うるわしの宵の月』第9話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『うるわしの宵の月』第10話は、デザート2021年8月号(6月24日発売)に掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!