私たちはどうかしている【第72話】最新話ネタバレと考察・感想!未来を作る2人

私たちはどうかしている【第72話】最新話ネタバレと考察・感想!未来を作る2人のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

BE LOVE2021年8月号(2021年7月1日発売)の『私たちはどうかしている』第72話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第71話第72話
(最新話)
第73話

『私たちはどうかしている』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、BE・LOVEをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

私たちはどうかしている【第72話】のあらすじ・ネタバレ

女将にお茶とお菓子を差し出す七桜

女将はまさかの自分たちが迎えに来るとは思わなかったと言っている。

七桜は女将の保釈が認められたと聞いたので椿さんから代わりに行ってほしいと頼まれていたのであった。

そう言いながらも女将を前にして表情がこわばってしまう七桜。

女将は自分がこう束されている間、本当に時間を持て余していたのだと呑気なことを言っていた。

やることといえば1冊の小説を読むことで自分の違う男女が愛し合って結ばれると言う話だったと説明している。

七桜は自分の母に対しては憎しみの心しかないでしょうねと言ってみた。

女将は自分の母のことが嫌いだと言っている。

といっても女将は自分のお母さんと違つながっているわけではなくて継母だった。

女将のママは本当にすごく嫌な人だったと言っている。

すごく嫌な人間なのに父にだけは愛されていた。

なぜこんな嫌な人間の言いなりになっているのだろうとお父さんに対して思っていた。

そしてそれは結婚しているからではないかと言う考えに子供のときの女将は至ったのであった。

こんな表情をしている女将のことを初めて見たのであった。

そう思いながらも子供の時に何があったとしても何をやっていいと言うことでは無いようだ。

女将は頭を下げて椿を幸せにしてほしいと頼んだ

女将は七桜に頭を下げている。

そのこと多喜川さんは椿にお茶を立てていた。

椿はここでゆっくりと話をしたかったのである。

向こうが忙しいと言うと10分で話を切り上げると極端なことを言い出した。

話と言うのは武六会を離れると言い出したことである。

多喜川はもっと自分の内でこの家を終わらせるつもりだったと言っていた。

椿は自分の母のことを恨んでいるでしょうねと問いかけると恨んでいるが起訴はしないと多喜川。

今日子さんの事は七桜に任せると。

そしてその答えに自分は従うだけだと。

そう言って多喜川はお茶をたてるのであった。

答えを出した七桜

七桜は光月庵の代表として答えを出した。

今日子とは縁を切らず迎え入れると。

しかし周りのものはこの決定には到底納得しなかった。

七桜がむしろ当主を止めてこの街の文化に二度と関わらないと言う事下にしないと納得できないのではないのかと。

和菓子を捨てる覚悟があるのかと問いかけてくる周りの一堂。

しかしそんな事はさせないと椿が立ち上がった。

自分たちは先代の罪をいつまで背負っていかなければならないのかと。

椿は必ず納得のいく未来をお見せするとしてみんなに頭を下げるのであった。

私たちはどうかしているの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『BE・LOVE2021年8月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『私たちはどうかしている』第72話が掲載されている、BE・LOVE2021年8月号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

私たちはどうかしている【第72話】の考察・感想

次回ついに最終回。

最初は普通じゃない状態で結婚することになった椿と七桜。

最終回で結婚式を挙げると言うことで感無量のラストになるでしょう。

まとめ

以上、『私たちはどうかしている』第72話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『私たちはどうかしている』第73話は、BELOVEにて8月1日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!