ワールドトリガー【第208話】最新話ネタバレと考察・感想!与えられた課題

ワールドトリガー【第208話】最新話ネタバレと考察・感想!与えられた課題のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

ジャンプSQ.2021年7月号(6月1日発売)の『ワールドトリガー』第208話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第207話第208話
(最新話)
第209話

ネタバレを見る前に『ワールドトリガー』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、ジャンプSQ.をすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ワールドトリガー【第208話】のあらすじ・ネタバレ

新しい試験が始まろうとしている

まずは諏訪さんの指示で、施設内の設備を確認することになった。

自分たちが最初に入ってきた入り口からは意味はわからないが開かないドアが2つあった。

それを過ぎると、左右にまた寝室がある。

それの片方は2人部屋で片方は1人部屋だった。

その先にはトイレやシャワーや脱衣所や洗面台があった。

入り口の横には、水の残りの量を表すゲージがあった。

そこからさらに進むと広い部屋には5人分の仕事部屋があった。

仕事部屋に入ってまだ右に行くと、何か大きい設備があってそれを開けてみると眠る場所があった。

しかしここは非常に狭かったのでだれもこんな所では見たくないであろう。

この辺を調べるのは後にしてみんなでキッチンに行くことになった。

このキッチンはどこにでもあるキッチンのように普通に見えたが今度は自分の能力で動かすことができるらしい。

このキッチンのところにも水の残りの量を示すゲージがあった。

コンロ以外にも料理をする道具はオーブントースターやレンジや炊飯器などバラエティーにとんでいろいろあった。

しかもここには食器洗い機などもあった、これらの示すところは水の量を節約するつもりなのだろうかと言う考えも浮かんでくる。

しかしここでの疑問点はこれらを動かすためには全部自分の能力を使わなければいけないと言うことである。

つまり普通に生活をするだけで自分の能力を消耗していくと言う不安がよぎっていた。

キッチンの奥には食事置いておくスペースがあった、ここで気になることを発見する。なぜか冷蔵庫だけは電気で動いていたのであった。

食料が足りないと言うことに気がついた

ここで過ごす期間は1週間、しかしどう考えても食料は4日分ぐらいにしかなかったのであった。

ここで考えられることを整理してみる。

この戦いは食料をめぐって他の人と争う戦いなのであろうかと。

誰か断食をする人がいれば済むんじゃないかと言う冗談も出てきたが冗談では済まないであろう。

さらに食料のあるスペースを調べてみると意味のわからない機械が置いてあった。

この意味のわからない機械にはダイヤルがあったので恐る恐る回してみる。

すると小麦粉が少しずつ出てきた。

しかしあまりにも少しずつ出てくるのでこれを使おうとしたらイライラしてくるんじゃないのかと言う話題になった。

ひとまずこの小麦を使って何をしたらいいかと言う話になってパンを焼けばそれぞれの食料になるんじゃないかと言う結論に至った。

試験のルールの確認を5人でする

第一試験の基本ルールを5人でまた確認することになった。

大雑把に分けると大体3つに分かれる。

与えられた課題をこなすことが1つ。

このスペースの中に7日間過ごすと言うこと。

朝の9時から夜の9時まではトリオンを使った状態になっていること。

そしてこれにプラスしてたくさんの課題が用意されているのであった。

ワールドトリガーの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアの『ジャンプSQ.2021年7月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画で読むならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録後、50%OFFクーポンを貰えるので、『ワールドトリガー』第208話が掲載されている、ジャンプSQ.2021年7月号をすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ワールドトリガー【第208話】の考察・感想

こういう閉鎖空間での試験と言うのはプラネテスや宇宙兄弟と言う偉大な先駆者があります。

いったいそれにどれほどまで近づけると言うのでしょうか。

ワールドトリガーの場合は上の2作品に比べて何でもありなので非常にリアルさが薄れます。

よって緊迫した状況を閉鎖空間で作ると言うのはこの作品では非常に向いてないと思います。

おそらく1年間ぐらいかけてこのテストをやるんだと思いますがどのくらいのことができるのか見届けたいと思います。

まとめ

以上、『ワールドトリガー』第208話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ワールドトリガー』第209話は、ジャンプSQ.2021年8月号(7月4日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!