弱虫ペダル【第637話】 ネタバレと考察・感想!総北自転車部に訪れる歪み

弱虫ペダル【第637話】 ネタバレと考察・感想!総北自転車部に訪れる歪みのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン 2021年23号(5月6日発売)の『弱虫ペダル』第637話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第636話第637話第638話

ネタバレを見る前に『弱虫ペダル』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、週刊少年チャンピオンをすぐに半額で読むことができます。

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年23号』詳細画像
無料登録で50%OFFクーポン貰える!

『弱虫ペダル』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

弱虫ペダル【第637話】のあらすじ・ネタバレ

鏑木達、川田と桜井と出会う

総北高校では、お昼の時間を迎えていました。

購買部では、パンが大人気でした。

鏑木と段竹は、購買部に向かって全力で走っていました。

それは、毎週木曜日限定のスペシャルヤキソバ甘カラソースたっぷりコッペパンが売り切れてしまうからでした。

どうしても食べないと自転車部の練習に対して気合が入らない。

頑張る為にも食べないといけないと思い2人は急いでいました。

鏑木は、最後の2つを見つけて確保しお金を払いゲットしました。

喜ぶ鏑木と段竹。

すると2人に声を掛ける者達が現れました。

それは、元自転車部だった川田と桜井でした。

自転車部の1年生はご機嫌だなと川田に馬鹿にされる鏑木達。

しかし、鏑木は、パンを食べながらも2人の事は全く知りませんでした。

川田は、鏑木を見てキャプテンの坂道は躾がなっていないと冷たい眼差しを向けました。

更に鏑木を馬鹿呼ばわりし、ロードレースは頭が良くないとできない。

鏑木如き存在がインターハイに出れるのはレベルが低いと嫌味を言いました。

鏑木達は、関わらない方が良いと判断し去ろうとしました。

すると川田と桜井は、鏑木達に自己紹介をしました。

1年生の時に坂道達と共に入部し、今泉や鳴子とも競った事があると告げました。

すると鏑木は、その話に興味津々となりました。

怒りの鏑木達

鏑木は、桜井達の話に反応しました。

桜井は、鏑木にこの前の峰ケ山ヒルクライムのレベルは低かったかと質問してきました。

鏑木は、箱根学園以外の出場校は低い実力だったので低いと素直に答えました。

桜井は、思った通りだと鏑木を見ました。

段竹の様なインターハイのレギュラーで無い選手が優勝する程度だと鼻で笑いました。

その言葉に表情が変わる鏑木。

鏑木は、桜井に段竹は努力して優勝を勝ち取ったと怒鳴りました。

桜井は、スポーツの世界は甘くはない。

自分は身を持ってよく知っている厳しい世界。

体育の成績が悪い坂道がインターハイを優勝したのは運がいいと言い放ちました。

鏑木達は、部室に行き杉元に事の一部始終を教えました。

怒り心頭の鏑木と段竹。

杉元は静かに聞いていました。

杉元は、川田達の事を鏑木達にどんな人物だったか教えていました。

するとそこに今泉と鳴子がやってきました。

川田の話を聞いていた今泉は、川田が素行不良でテニス部を辞めたと告げました。

するとそこに坂道が現れました。

波乱の新入部員達

坂道は、入部希望者が現れたと嬉しくて興奮していました。

今泉は、どんな奴で自転車は持っているのか質問してきました。

坂道は、持っているし自分達の知っている人物だと笑っていました。

2人居て連れてきたと言う坂道。

坂道は、今泉達に紹介しました。

そこに現れたのは、川田と桜井でした。

驚く今泉達。

川田は、今泉の肩を叩きました。

あの頃は色々と世話になったがまたよろしく頼むと言う川田。

今泉は、坂道を見ました。

しかし、穏やかに入部を歓迎し笑っている坂道。

川田は、鳴子の前にやってきました。

そして川田は、静かに鳴子に言いました。

後から入部してきて派手に自転車部を荒らしたなと笑う川田。

鳴子の表情が固まりました。

川田は、一緒に仲良く練習できるのが楽しみだと今泉と鳴子を睨みつけるのでした。

弱虫ペダルの最新話を無料で読む方法とは?

コミックシーモアのおすすめポイント

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画で読むならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録後、50%OFFクーポンを貰えるので、『弱虫ペダル』第637話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年23号をすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

弱虫ペダル【第637話】の考察・感想

鏑木と段竹の学園生活の一面が見れてとても新鮮です。

ヤキソバパンを買う為に燥ぐ2人が高校生活を楽しんでいるなと思い羨ましくなりました。

そんな2人の前に現れた川田と桜井。

川田は、自転車部のレベルが低く、段竹の優勝も大したことは無い。

坂道もインターハイ優勝2回経験できたのは運が良いと馬鹿にします。

あまりの態度にご立腹の鏑木と段竹。

杉元は、元自転車部の川田達の詳細を教えます。

その時、坂道は、入部希望者を連れてきました。

それは、川田と桜井でした。

川田は、不敵な笑みを浮かべて今泉によろしくと言い、鳴子に部活を荒らしたと小言を言います。

挑戦的な態度に固まる今泉と鳴子。

川田の再入部が自転車部にどう影響を及ぼしていくのか。

坂道達や自転車部に悪影響を及ぼさないことを祈ります。

次回も展開が気になります。

まとめ

以上、『弱虫ペダル』第637話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『弱虫ペダル』第638話は、週刊少年チャンピオン 2021年24号(5月13日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!