弱虫ペダル【第638話】 ネタバレと考察・感想!川田達の野望…

弱虫ペダル【第638話】 ネタバレと考察・感想!川田達の野望…のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン 2021年24号(5月13日発売)の『弱虫ペダル』第638話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第637話第638話第639話

ネタバレを見る前に『弱虫ペダル』の最新話を今すぐに読みたいならコミックシーモアがオススメ!

やはり絵付きで読んだほうが、漫画ならではの世界を味わうことができますよ…!

コミックシーモアならこんなにお得!

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年24号』詳細画像

週刊少年チャンピオン2021年24号 │310円165円

※会員登録(月額無料)で貰える50%OFFクーポンで半額で読むことができます!

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

弱虫ペダル【第638話】のあらすじ・ネタバレ

川田、坂道の威圧感に驚く

川田と桜井は、坂道達の居る総北高校自転車部の部室にやってきました。

その目的は、再入部する為でした。

川田は、鏑木達1年生に自分達の自己紹介をしました。

川田は、部室の片付けや買い出しとか自分達の世話を頼むと言いました。

但し、気安く指図はするなと睨みつける川田。

鏑木や段竹達は、あまりの高圧的な態度に不快感を抱きました。

川田は、返事をしろと怒鳴りました。

仕方なく従い返事をする鏑木達。

川田は、早速、ロッカーに持ってきた荷物を入れようとしました。

開いているロッカーを見つけ入れようとする川田。

鏑木は、そのロッカーに入れない様に注意しようとしました。

すると、坂道が川田の手を掴みました。

坂道は、そこは先輩の巻島の使っていたロッカーで乱暴に開けないで欲しい。

そこは、自分の我儘で永久欠番で使用禁止としていると言いました。

静かで強い眼差しの坂道を見て、寒気を覚える川田。

川田は、いつもの坂道ではないと只ならぬ雰囲気を感じました。

巻島の事を思い出す川田と桜井。

2人は、巻島を手足が長く気持ち悪い感じの髪の毛が緑の男だと思い出しました。

秋に海外に行ったと言う事も思い出し、触れない方が良いと判断する川田。

金城と田所のロッカーはどうしていると質問しました。

坂道は、今泉と鳴子が受け継いだと教えました。

川田は、内心伝統やつながりは不要だと吐き気を覚えるのでした。

川田の秘めたる野心

自転車部の練習がスタートしました。

鏑木は、杉元に近づき川田達が巡航速度でしっかりついてくると驚いていました。

杉元は、川田と桜井はテニスと野球をやってきて体の基礎が出来ている。

自転車の基礎に重要な体幹が整っていると冷静に見る杉元。

しかし、鏑木は、川田達に対し良い感情を持っていませんでした。

練習前、川田は、鏑木の肩を叩き練習を一緒に頼むと言いました。

そして、鏑木や段竹の席を狙っている。

奪うかもしれないと笑いました。

自分達は仲良しクラブで来たわけではない。

本気でレギュラーの座を狙っていると宣言しました。

川田は、桜井に巡航だったら余裕だと告げました。

自分達は、2年間テニスと野球で身に着けた経験が活かされる。

フィジカルも身に着け、自転車だけやって来た温室育ちの自転車部員達からジャージを奪う。

自分達の雑草としての強さを見せつけてやろうとギラギラ目を輝かせるのでした。

川田、杉元に勝負を挑む?!

先頭の坂道は、山に入るのでA班とB班に分けて登ると指示しました。

坂道は、杉元に本峰山の方面のコースをB班の担当を任せました。

中強度で登り川田達のペースも考え合わせて連れてきてくれと指示し分かれる坂道。

坂道達は、A班の峰ケ山に向かって、物凄い速さで登って行きました。

杉元と鏑木は、B班を担当し川田達に説明しようとしました。

川田は、手嶋にも連れてこられたことがあるので説明不要と言いました。

杉元は、気を取り直してスタートしました。

杉元と鏑木は、ペースを上げて走りました。

鏑木は、基礎体力だけある川田達も流石に登りは付いてこれないだろうと予測していました。

すると杉元の弟、定時がやってきました。

杉元は、定時に川田達を置いてきたのかと尋ねました。

が、定時は、今後ろに居るのは川田と桜井だと教えました。

沢田とゴリ蔵を抜いてやって来た川田達を見て驚く杉元達。

すると川田は、杉元にある提案をしてきました。

いい機会なので本峰山の頂上までジャージを賭けて勝負をしないかと言いました。

杉元は、不敵な笑いを見せる川田に戸惑いを隠せませんでした。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

弱虫ペダル【第638話】の考察・感想

川田と桜井の再入部は、自転車部に波風を与えます。

1年生に高圧的な態度で迫る川田。

さっそく、ロッカーを勝手に使おうとします。

が、巻島のロッカーを乱暴に扱い使うなと止める坂道。

坂道の威圧感が痺れました。

カッコ良いです。

川田も今まで見たことのない坂道に戸惑っていました。

練習を始め、テニスと野球で培った体幹で付いて行く川田達。

川田は、レギュラーを奪い強さを見せつけるという歪んだ野心を見せます。

坂道の指示で班に分かれ杉元達は、B班として本峰山の頂上まで川田達を率いて行きます。

スピードを上げ、登りは桜井達は速く走れないだろうと推測する杉元と鏑木。

しかし、川田達は、沢田達を抜いてやってきます。

そして、杉元に頂上までジャージを賭けて勝負しようと提案します。

態度が悪くイラっとします。

杉元達には、スカッとする勝ち方をしてもらいたいです。

そして、自転車部が2名の影響でどう変化していくか。

坂道は、自転車部に訪れた危機をどう乗り越えるのか。

次回も楽しみです。

まとめ

以上、『弱虫ペダル』第638話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『弱虫ペダル』第639話は、週刊少年チャンピオン 2021年25号(5月20日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!