弱虫ペダル【第642話】 ネタバレと考察・感想!過去の因縁

弱虫ペダル【第642話】 ネタバレと考察・感想!過去の因縁のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年28号(6月10日発売)の『弱虫ペダル』第642話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第641話第642話第643話

ネタバレを見る前に『弱虫ペダル』の最新話を読みたいならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年チャンピオンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

弱虫ペダル【第642話】のあらすじ・ネタバレ

川田は懸命に坂道を上っていた

川田は不正をおかして反対側の車線まで飛び出して走行している。

杉元は川田に追いつこうとしていたがなかなか追いつくことができなかった。

坂を登っているうちにだんだんと足の筋肉もやばいことになっていた。

しかし川田は気迫で絶対に負けないと言う気持ちを持っていた。

川田は今まで自転車やテニスなどいろいろな競技で散々負けてきたのだった。

しかしその悔しさや悲しみや焦りなどを全て自分1人で背負うと決めてこれまで戦ってきたのであった。

そして今まで虐げられていたことから比べたらこのくらいの痛みはなんてことがないとまた一生懸命に自転車をこぎ始めたのであった。

自分は雑草なのであると。

雑草は踏まれて向かれて引きちぎられて強くなっていくと。

川田を坂道で徐々に加速をしていた

なんと川田は坂道で加速をして2人の差は徐々に広がっていくではないか。

杉元はこの山の後半にある最大斜度の上り坂をペースを変えずに登りきっていることをを驚愕していた。

杉元はゴールまで残り500メートルのところで本気を出さざるをえなくなった。

下りは体を伏せて空気抵抗を減らして早く進んでいく。

そして上りで一気に踏み込む。

ここからは全力スパートで行くのであった。

杉元は川田を完全にとらえた。

川田は追いつかれたにもかかわらず冷静な目をしていた。

ここの2人の歴然としている、ルールを守るか守っていないからである

川田はまたしても反対車線を走り始めた。

そしてゴールまでついに300メートルまで来ていたのだった。

2人はゴールまでデッドヒートを繰り広げていた。

川田が入部してきた頃の話

杉元は入部してきた頃の元気よく挨拶をしてきた川田を無視付けていたと言うのだった。

杉元に言わせるとそれは意地悪ではなくて通路を塞いできてめんどくさかったかららしい。

川田は自分に対していろいろな質問を聞いてきた。

その中でも印象に残ったのはどうすれば勝てるのかと。

それを聞かれるたびにいつもあしらってきた。

こうとだけ教えてあげた。

お前の負けず嫌いは最大の武器になるとだけ。

弱虫ペダルの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年28号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

初回登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『弱虫ペダル』第642話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年28号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

弱虫ペダル【第642話】の考察・感想

雑草、何らかの仕事で関わったことがある人はわかると思いますが本当にすぐ生えてきてすごい生命力ですよね。

だから川田の雑草魂はなんとなくわかります。

しかしルール違反で買っても嬉しいんでしょうか、そんなので雑草魂って言われても。

まとめ

次回の『弱虫ペダル』643話は、週刊少年チャンピオンにて6月17日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!