弱虫ペダル【第644話】ネタバレと考察・感想!次のターゲットは

弱虫ペダル【第644話】ネタバレと考察・感想!次のターゲットはのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年30号(6月24日発売)の『弱虫ペダル』第644話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第643話第644話第645話

『弱虫ペダル』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

会員登録でもらえる50%OFFクーポンで、週刊少年チャンピオンをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

弱虫ペダル【第644話】のあらすじ・ネタバレ

勝負を制したのは川田だった

ついに2人はゴールに達した。

杉元は自転車をこぎながらひどく落胆しているようだった。

このレースを振り返ってちゃんと自分が負けるポイントがあったんだった。

一番加速しなければいけないといけないところで加速できなかった。

それはそれ以前にダッシュを繰り返していたからであった。

杉元は絶対に負けられない試合に負けてしまったことでひどく肩を落としているのだった。

それに比べて正反対の川田。

川田はこのレースに勝ったことで勝利に酔いしれていた。

遅れてきたメンバーたちはようやくこのレースに誰がかったのか知ったようだ。

そして川田が勝利のおたけびをあげているのを発見した。

川田は杉元をののしっている

川田は杉元がこのレースに勝ったらどうとか言っていたのをひどくあざけ笑っているようだった。

川田は自分の勝利を今泉たちに報告していた。

杉元の前に鏑木が立った。

鏑木はすごい剣幕で杉元を見つめている。

鏑木はこのレースに何か不正があったと言うことをすぐに見抜いていた。

杉元が何か必要なことをやったのではないのかと。

杉元はこのレースにそういう不正行為は一切なかったと説明した。

鏑木は納得していなかった

鏑木は正々堂々やって杉元が負けるわけはないと思っていたのである。

鏑木はそうやって事実を隠しているのは自分が代わりに川田をぶっ飛ばすと息を巻いていた。

杉元はそう言ってくれることがすごく嬉しいと鏑木に言っている。

杉元は自分に味方がいる事は嬉しいがやはり自分が負けてしまったと言う事は変わることのない事実だと。

自分たちが変えることができる事は自転車で帰るしかないのだと。

これに鏑木が手をあげたら大変なことになると言って杉元は涙を流すのであった。

そんなことを知らずに川田は桜井に自分がかったことを報告した。

川田は次のターゲットを小野寺に定めていた。

弱虫ペダルの最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『週刊少年チャンピオン2021年30号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『弱虫ペダル』第644話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年30号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

弱虫ペダル【第644話】の考察・感想

杉元はこれでいいんですかね。

スポーツマンシップに反する行為は絶対に後で自分に返ってきます。

スポーツと言うものはそういうふうになっているのです。

小野田は正々堂々と川田を倒してほしいと思います。

まとめ

次回の『弱虫ペダル』645話は、週刊少年チャンピオンにて7月1日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!