弱虫ペダル【第647話】ネタバレと考察・感想!勝負の世界

弱虫ペダル【第647話】ネタバレと考察・感想!勝負の世界のアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年33号(7月15日発売)の『弱虫ペダル』第647話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第646話第647話第648話
Amebaマンガ 50%OFFクーポン

『弱虫ペダル』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら500ポイント&5冊半額クーポンがもらえるので、週刊少年チャンピオをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

弱虫ペダル【第647話】のあらすじ・ネタバレ

ペットボトルを背負ったハンデ戦が始まろうとしている

リュックの中身はペットボトルがろっぽんも入っていた。

当たり前だがこのペットボトルの中には水がパンパンに詰められている。

2人は自転車で並走しながら会話をしていた。

川田は自分と坂道の間では実力の差があるからハンデをつけて勝負をしなければならないと言っているのだった。

このハンデをつけることでようやく平等な戦いができるのだと。

そして一方的に勝負を叩きつけるのであった。

神社まで坂を上っていくバトル。

坂道は勝負なんかしないで仲良く走ろうと言い出すが

一方的に勝負を挑んでくる川田。

勝負なんかしないでせっかくのサイクリングなんだから楽しもうと坂道は言っている。

川田はお構いなしにスポーツは戦いなんだから価値化負けしかない勝負の世界だと言い出した。

坂道はそんなことをしなくてもただ一緒に走るだけで楽しいと言うことを感じることができると説得を試みている。

川田はやはり物の世界には勝ちか負けしかないと言い出している。

買ったものは何でも思い通り、負けたものは地べたを這いずる。

川田はお前もそんな世界で生きてきたんだろうと言い張っている。

今目の前にいるのはインターハイで2年連続総合優勝した全国トップの坂道なのであった。

インターハイの優勝者として負けたものを見下してきた気分はどうだと。

坂道はそんなことをしていないと言い出すが

坂道はさっきまで2人で仲良く並んで走っていたのにこんなことになって意味がわからなかった。

川田はさっきまで自分にとって凄い人だと思っていたと坂道が伝えた。

川田が入部届を自分のもとに持ってきた時は素直に嬉しいと感じていたのだった。

だから少し期待をいだていたのだと。

しかしどうしても勝負したいのならしてやると言って坂道は勝負を受け入れるのだった。

坂道はペットボトルがたくさん入ったリュックサックを背負った。

ここから神社までは5キロメートルちょうどである。

そしてレースはスタートした。

ペットボトルを背負った状態でうまく足が回らない坂道。

それは12キロのお守りを背負っているのと同じだった。

このレースは楽勝かと思いきやあっという間に川田に坂道が並ぶのであった。

弱虫ペダルの最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『週刊少年チャンピオン2021年33号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで1000円分のポイントと100冊半額クーポンがもらえるので、『弱虫ペダル』第647話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年33号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で1000P+100冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

弱虫ペダル【第647話】の考察・感想

川田の意見はめちゃくちゃなようで一部正しいところがあります。

先日プロ野球の試合を見に行ったのですが負けたチームは怖い顔をしてみんなバスに乗って帰っていきました。

スポーツはやはり勝たないと笑うことができないのだと実感しました。

まとめ

以上、『弱虫ペダル』第647話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『弱虫ペダル』第648話は、週刊少年チャンピオンにて7月22日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!