弱虫ペダル【第648話】最新話ネタバレと考察・感想!信じているからこそ

弱虫ペダル【第648話】最新話ネタバレと考察・感想!信じているからこそのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

週刊少年チャンピオン2021年34号(7月22日発売)の『弱虫ペダル』第648話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第647話第648話
(最新話)
第649話
Amebaマンガ 50%OFFクーポン

『弱虫ペダル』の最新話を読むなら「Amebaマンガ」がオススメ!

今なら500ポイント&5冊半額クーポンがもらえるので、週刊少年チャンピオンをすぐに無料で読むことができます。

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

弱虫ペダル【第648話】のあらすじ・ネタバレ

坂道はラッキーだけで勝っていたと言うのか

坂道はペットボトルを装いながらも自転車をこいでいる。

川田はそんな姿をお前は今までラッキーだけで勝ってきただけだと言っている。

それを聞いて思わず坂道はよろけてしまいます。

お前は拾った宝くじで1億当てたやつと同じ存在に過ぎないと。

坂道は珍しくこの暴言に対して言い返した。

曲がりなりにもインターハイを自分は勝ったのだと伝えた。

川田はそのインターハイというのがしょうもない大会だったのにさらに正月をしている。

きっとインターハイには弱い選手しか出なかったのだと。

自分もそんな弱い人ばかりで大会で勝ち進んでみたいと言って坂道を上っていく。

坂道がついに切れた

坂道は自分が戦ってきた相手を弱いとののしられることが1番許せなかったのだった。

速攻それを訂正するように坂道は言っている。

川田はこれを見て今までにない気迫を感じていたのだった。

川田はそのリュックサックにペットボトルを背負ったままで俺に勝ってみろよと言ってくる。

川田はこのまま自分のことを下に見るなと叫びながら自転車をこいで行く。

ペットボトル作戦こそが自分が坂道を倒すためのベストな方法だと言って川田は自転車をフルスロットルした。

桜井が部室に走ってくる

桜井は坂道たちが勝負をしていることを伝えた。

家子には今泉と鳴子がいた

桜井は小野田にリスペクトを送りながらも川田にも同じように感謝をしているのだと伝えた。

桜井はもともと人数が足りない野球部をやっていたのだった。

川田はそんな時に一緒に自転車でインターハイを目指そうと誘ってくれたのであった。

桜井はそのことには感謝しているが今回のやり方はまずいと。

坂道に何かあっては大変だと今泉たちに、2人が勝負しているところに行ってくれと桜井は頼むのであった。

今泉は何を言うかと思えばそれで負けたらキャプテンとしての素質がなかっただけだと言い張った。

今泉は負けてしまったらそれはそれで仕方がないからキャプテンを譲ればいいだけの話だと非常にも言っている。

しかしこれは何もそんなこと言っているわけではない。

坂道ならこれを乗り越えてくれるだろうと言う信頼感があったからだ。

ただ助けに行く必要はないと言うことでも、ちょっと見学には行こうと言うことで2人は現場に向かうことにした。

弱虫ペダルの最新話をお得に読む方法とは?

Amebaマンガの『週刊少年チャンピオン2021年34号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、「Amebaマンガ」です。

会員登録をすることで500円分のポイントと5冊半額クーポンがもらえるので、『弱虫ペダル』第648話が掲載されている、週刊少年チャンピオン2021年34号を今すぐ無料で読むことができます。

人気作品をまとめてイッキ読みできる大チャンスです!

会員登録で500P+5冊半額!
※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

弱虫ペダル【第648話】の考察・感想

スポーツを通しての信頼感はいいですね。

勘違いした指導者がよく部活でパワハラを起こすことがありますが、この漫画を読んでほしいと思います。

そして次回坂道は何を思い出して覚醒するのだろうか。

まとめ

以上、『弱虫ペダル』第648話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『弱虫ペダル』第649話は、週刊少年チャンピオンにて7月29日に発売されます。