ゆびさきと恋々【第20話】最新話ネタバレと考察・感想!雪は全てを許されている

ゆびさきと恋々【第20話】最新話ネタバレと考察・感想!雪は全てを許されているのアイキャッチ画像
この記事は約5分で読めます

月刊デザート2021年8月号(6月24日発売)の『ゆびさきと恋々』第20話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第19話第20話
(最新話)
第21話

『ゆびさきと恋々』の最新話を読むならコミックシーモアがオススメ!

月額無料の会員登録で、デザートをすぐに半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゆびさきと恋々【第20話】あらすじ・ネタバレ

行き先に悩む雪

雪と逸臣は予定を調整し、来週末数時間だけデートすることになった。

雪は少しでも予定を立てようとするが、普段から色々な場所に言っている逸臣とどこに行けばいいのか分からない。

本屋でカフェの情報を見ながら雪が悩んでいると、りんからラインが返って来た。

一緒に予定を考えてくれるりんは、逸臣ならどこに行っても楽しさを見つけられそうと言い、雪も妙に納得してしまう。

りんから追加で、逸臣が見たいのは雪が楽しんでいる所だと言われ、妙に逸臣の言葉が思い出された。

雪はインスタで”#デート”と検索してみる。

そこに並んでいる恋人の写真では女の子たちが幸せそうでキラキラしている。

雪は自分が逸臣と一緒にいる時の顔が気になった。

そして自分がしたいことを考えた。

遂にデート

雪と逸臣は電車に載っている。

雪はスマホに目的地までの時間を打ち込み、逸臣に見せた。

少し照れたような表情でじっと見てくる雪に逸臣が気づくと、雪は初めて出会った時のことを思い出したと手話で伝える。

初めても電車の中だったのだ。

あの時はたまたま同じ電車、今回は一緒に電車に乗り同じ目的地に向かっている、雪はそのことが嬉しかった。

目的の駅に到着し電車を降りるが、逸臣は周辺に何があったか思い出せない。

さくさく歩いて移動する雪は、早く来いと言わんばかりに立ち止まっている逸臣に手招きする。

逸臣は張り切っている雪を見て面白がっていた。

雪は得意げにスマホを取り出すと、色々な物の写真を撮り始めた。

今日は写真撮影をしに来たのかと逸臣が聞くと雪はうなづく。

雪が写真を撮るのはSNS用ではなく自分で見返すためだ。

真剣な表情で写真を撮る雪を見て、逸臣は微笑んでいた。

藤の花の下で・・・

移動と撮影を繰り返していると藤の花が沢山咲いている場所に着いた。

雪は目を輝かせると、藤の下に向かう。

藤を見上げ感動している様子の雪を逸臣はじっと見ていたが、雪が逸臣を振り返った時は逸臣も藤を見上げていた。

雪は藤の中に佇む逸臣を見て、”心を奪われる”という感覚を初めて実感した。

藤の下にいる逸臣は、何もかもが幻想的なのだ。

逸臣は藤の前にも花の写真を撮っていたのではと雪に聞く。

雪は花の写真を撮ることが好きなのだというと、これまで撮影した花の写真を逸臣に送った。

雪とって花は季節を順番待ちにしているかわいい存在なのである。

雪が嬉しそうにした時、逸臣は雪の近くに蜂が飛んでいるのを見つけた。

そして雪の肩に手を回し、蜂を払いのける。

突然逸臣が密着してきたため雪は訳が分からず顔を赤くするが、蜂が飛んでいたことを教えられて納得した。

ドキドキしながら、気をつけなければと考える。

逸臣は近づいたことで雪のスマホの中にある写真を見てしまった。

そしてこれが雪の見ている世界なのだと思うと雪のスマホを貸してもらう、高く上に掲げた。

藤を入れた状態で一緒に写真を撮ろうとしているのだと雪も気づいた。

すると逸臣はタイミングが必要なことに気がつき、3本指を立てて雪に見せる。

そしてカウント後に撮影した。

逸臣との初めての写真に興奮気味の雪は、自分の照れている顔が恥ずかしくなるも、それでも2人の写真が撮れていることが嬉しかった。

全部いい?

場所を変え、雪が手作りしたお弁当を食べながら雪は桜志の話をした。

逸臣は桜志と仲が良いと言うが、雪には逸臣が勝手に言っている風にしか聞こえない。

今度は桜志家に行ってみたいという逸臣の言葉を聞いた雪が手話で難しいと伝えたところ、逸臣の動きが止まった。

逸臣は手話でキスをしてと言われているのだと思ったようだが、会話の流れからおかしいと思い止まっていたようだ。

こんな所でキスなんて恥ずかしいと表現した雪だが、その手話の形が親指を立てたグーサインだったため、逸臣は2人の間にあるお弁当箱をずらし雪の口に自分の口を近づけた。

しかし寸でのところでやはり流れがおかしいと気づく。

逸臣はいいねだと前には出さず、前に出すと野球のアウトと同じく駄目を示すのだと雪に教えられた。

雪はキスは恥ずかしいがくっついていたいと伝え少し逸臣に近づいた。

逸臣は遠慮している雪に、雪ならば全部いいと伝えた。

雪は聞きたいことがあったが、もう少し待つことにしてこの日は逸臣が海外に行く理由だけを聞いた。

全部いいと言ってくれた言葉は、雪にとって涙が出そうになるほど嬉しい物だった。

ゆびさきと恋々の最新話をお得に読む方法とは?

コミックシーモアの『デザート2021年8月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

「イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!」

「ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!」

そんなあなたにおすすめなのが、コミックシーモアです。

会員登録で50%OFFクーポンがもらえるので、『ゆびさきと恋々』第20話が掲載されている、デザート2021年8月号を今すぐ半額で読むことができます。

無料登録で50%OFFクーポン貰える!

ゆびさきと恋々【第20話】考察・感想

藤の花の下で心を奪われたのは逸臣の方だと思いましたが、あのセリフは恐らく雪の物です。

しかし逸臣も絶対に心を奪われているため、2人とも同じタイミングでときめいたと思われます。

すごく素敵だと思いました。

キスの流れでは絶対に変だと思いながらも一度顔を近づけてみる逸臣が面白かったです。

あのまましても大丈夫だったのでは、と思ってしまいました。

逸臣がくれる言葉はいつも雪を幸せにしてくれているため、今度は雪が気になることについても話して雪を安心させて欲しいです。

まとめ

以上、『ゆびさきと恋々』第20話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ゆびさきと恋々』第21話は、月刊デザート2021年10月号(8月24日発売)に掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!