アシガール【第105話】 ネタバレと考察・感想!それぞれの想い

アシガール【第105話】 ネタバレと考察・感想!それぞれの想いのアイキャッチ画像
最新話を無料で読むならコチラ
この記事は約5分で読めます

ココハナ2021年4月号(2月27日発売)の『アシガール』第105話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第104話第105話第106話

『アシガール』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

アシガール【第105話】のあらすじ・ネタバレ

若君の焦り

緑合城の危機を知った清永は、都から急ぎ城へと向かった。

だが、城へと戻った清永が知ったことは、唯と天丸が人質になったという、衝撃的な真実だった。

驚きのあまり、清永は声を上げ、小平太は側にいた源三郎に対して、何をしていたのだと怒号を上げた。

焦った清永は、黒羽に急ぎ攻めいるとまで言い出す始末だ。

だが、小平太は、焦って攻めいったところで2人に危険が及ぶだけと諭す。

小平太の言葉に、清永は反論ができなかった。

源三郎は、責任をとって切腹を申し出る。

だが、清永はそんな源三郎の懇願を「たわけ!」と一喝する。

源三郎が切腹をして、何の意味がある!と、取り次がなかった。

源三郎も、天丸の供をと敵に願い出たのだ。だが、敵からは年寄り一名のみと言われてしまったがために、唯や天丸と共にはいけなかったのだ。

だが、源三郎には若君に伝えなくてはいけない、大切なことがあるのだ。

源三郎は、清永に信成が同行したこと。

そして、必ず天丸と無事に戻れるとわかっているから、誰も来てはならないと言う唯からの伝言を伝えた。

唯からの言葉を聞いた清永は、どこか納得した表情を浮かべるのだった。

唯がそう言うのなら、そうなるのだろうと、次第に冷静さを取り戻していく清永。

だが、小平太は清永の落ち着きとは反比例するように、相賀への怒りを露にしていた。

苦悩

相賀一成は、これまでのことを振り返っていた。

あの満月の夜。2人が消えてからというもの、一成は失策続きだった。

3度も野上領に攻めいったものの、その結果は多大な被害を出しただけに終わり、信長を怒らせてしまった。

信長からは、切腹を言い渡されるのではないかという噂まで広がっていて、一成は焦っていた。

そこへ、信長とは敵対関係にある斎藤家の重臣。小野正長からの密書が届けられたのだ。

そこには、手を組んで信長を北と南から討ち取ろうと書かれていた。

そのためには、忠永上洛中に緑合城を攻めて、人質をとり、御月家を味方に引き入れてほしいとも書かれていた。

更には、城主が上洛している間がいいだろうというアドバイスまで書かれていたのだ。

思い出の城

唯は、久しぶりに黒羽城へと足を踏み入れた。

懐かしいその光景に、心の中でこっそりとパパが生まれて、イケメンに育つ城だと天丸に囁く。

だが、その一方でこの城に人質として戻ってきたことに、複雑な想いを抱いていた。

一成の元へと通された唯。だが、一成は意外にも唯に対して優しい態度を見せた。

唯を見た一成は、どこかで見たことがあるような、不思議な感覚になる。

「どこかで会ったか?」

と、一成に尋ねられた唯は焦った。

そして、咄嗟に緑合を離れるのは初めてだと言う。

そして、その言葉に一成は納得してくれた。

なんとかその場を誤魔化すことには成功した唯。

唯と天丸は、西館の奥座敷で監禁されることとなってしまった。

そして、一成は念のためにと、唯がいる西館の奥座敷の周りを竹矢来で囲むようにと指示を出すのだった。

アシガールの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ココハナ2021年4月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『アシガール』第105話が含まれている、ココハナ2021年4月号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

アシガール【第105話】の考察・感想

普段は感情を高ぶらせることのない清永の焦った様子に、改めて清永が唯をどれだけ大切にしているのかがわかった気がしました。

そして、唯の伝言を聞いて安心する姿に、本当に彼女のことを信じているのだと思いました。

そして、天丸と2人で人質となった唯が、内心ではどれたけ不安なのかと思い、心配でなりません

おまけに、場所は思い出の地である黒羽城。なんていう運命なのだと、その展開には胸が詰まります。

この先、唯がいつ清永と再会できるのかはわかりませんが、その日が来るのを待ち望みたいと思います。

まとめ

以上、『アシガール』第105話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『アシガール』第106話は、ココハナ2021年5月号(3月28日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!