血の轍【第91話】ネタバレと考察・感想!過去の幻影

血の轍【第91話】ネタバレと考察・感想!過去の幻影のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約3分で読めます

ビックコミックスペリオール2021年4号(1月22日発売)の『血の轍』第91話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第90話第91話第92話

血の轍【第91話】のあらすじ・ネタバレ

お母さんを焚き付けていたのは自分だった?

なんとお母さんは自分に怯えてしげちゃんを突き落とそうとしていたのである。

見覚えのある丘の上にはたくさんの蝶が混じっていた。

お母さんは自分の声に押されてそのまましげちゃんを突き落とそうとします。

その時しげちゃんの姿とその場所にいた自分の姿が重なったのでした。

その光景を過去の自分と現在の自分が眺めている

静一はここでようやくこの惨劇を引き起こしたのは自分が引き金になっていたとわかるのでした。

静一はあの崖の上で常軌を行した表情をしてそれを眺めていたのでした。

ここで自分はあの時しげちゃんをガケから落ちてしまえばいいと思っていたのだと過去の自分に問いかけました。

現在の自分が過去のお母さんたちに近づいていきます。

突き落とそうとしているお母さんの表情を見上げてみるとひどく怯えたように思えました。

そこで自分自身がお母さんを追い詰めていたのかと問いかけます。

自分がお母さんの苦しみを作る存在となっていたのかと。

それが自分が生まれてからずっと続いていたのかと問いかけました。

全ての元凶は自分だったのかとお母さんの顔をなでながら言っています。

そして崖の上で涙を流しながら愕然とする静一。

怯えた表情のお母さんとくちびるを重ねる静一

静一は目から自分がどうすれば良いのかと問いかけました。

そうしていると辺が真っ暗闇になって宇宙のような空間になっていきます。

このまま自分が生まれなかったほうがよかったのかなと思うようになりました。

後から子供の時の自分が自分自身に語りかけてきます。

血の轍の結婚の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ビッグコミックスペリオール2021年4号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『血の轍』第91話が掲載されているビッグコミックスペリオール2021年4号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

血の轍【第91話】の考察・感想

もともと賛否両論が多かったこの漫画だと思うのですが、最近の展開はさらに賛否両論ですね。

そもそもここ数週間描かれている展開は全て事実なのでしょうか?

自分としては突然しげちゃんが病院を抜け出していたあのあたりから長い悪い夢を見ているような気がしてなりません。

しかしここまで来て今までの展開は全部夢でしたと言うのも少し肩透かし。

お母さんの異常な態度が全部自分のせいだとでも言うのでしょうか。

まとめ

以上、『血の轍』第91話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『血の轍』92話は、ビックコミックスペリオール5号にて2月12日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

血の轍の10巻の画像

『血の轍』10巻が1/29に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※