裏世界ピクニック【第34話】ネタバレと考察・感想!裏世界の浜辺で空魚と鳥子は……

裏世界ピクニック【第34話】ネタバレと考察・感想!裏世界の浜辺で空魚と鳥子は……のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

月刊ガンガン2021年1月号(12月11日発売)の『裏世界ピクニック』第34話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第34話第35話第36話

裏世界ピクニック【第34話】あらすじ・ネタバレ

完璧なビーチと完璧な異世界

浜辺にビーチパラソルとビーチチェアを設置して2人は準備万端。

完璧じゃんと鳥子はどっと勢いよくビーチチェアに座り込むと空魚にも座るように急かす。

呆れたように返事をしながら空魚が隣に座ると2人の間にゆるーい空気が流れた。

ビーチの準備を大変だったと思い出す空魚、その耳には静かな波の音が聞こえ、鼻につくのは潮の香りと本当に完璧なサマーリゾートのように思えた。

ただ海の上に見える謎の建造物が完璧に異常な環境であることを訴えていなければ……。

なんの建物か聞く鳥子に空魚はアルカトラズ刑務所かなと答えるとずいぶん大きな刑務所だと鳥子は返事する。

ここが〈裏世界〉である事を確信させる建物を前に念のためライフルを出すように話す空魚に念のためライフルを整備しておく鳥子。

帰りはどうする?

暗闇でも分解清掃できるように教えてあげると言う鳥子に流石に一歩引いた感じの空魚。

何が起きても準備万端の2人はビールで乾杯すると帰りの事を相談する。

普通に飛行機で帰るつもりだった空魚だったが改めて考えると銃をどうするつもりだったのか疑問が思い浮かぶ。

夕べはバラして郵便とか宅配で送ろうと話していたと話す鳥子だったが、その方法は当然無理。

持って飛行機で帰ろうとするとX線検査でバレてしまう。

真剣に反社会的な事を悩む空魚に酔ってる時に相談しても何にもならないねと苦笑いする鳥子に空魚は実行に移さなくて良かったと嘆息する。

残された方法は銃をここに捨てていくか、それとも〈裏世界〉を通って帰るかだが、ここが自分たちの知ってる異世界と繋がっている保証もない。

友達と行った初めてのビーチで

波打ち際に行ってみないかと言う鳥子の提案に乗る空魚。

貝殻を投げて確かめてみるも特に異常は無さそうだ。

慎重に中に入ってみるが問題はなかった。

この海がどこまで続いているかと問う鳥子に空魚はニライカナイとか、沖縄の死後の世界みたいだと答える。

その答えに鳥子は世界の果てのような場所だからと合点がいったようだった。

鳥子と2人きりでずっと居ても良いかなとさえ思う空魚はこんなに海が楽しめるとは思わなかったと話す。

パリピとかがたくさん集まっている海は自分の居場所だとは思っていなかった空魚と対照的に別に怖い場所じゃないと言う鳥子。

空魚はそんな人たちの事を歌った「アングラ・サマー・ピープル」という歌が好きだったが鳥子にはアングラー(アンコウ)と勘違いされて話が食い違ってしまう。

同じく友達とは初めてのビーチに来たと言う鳥子は友達と一緒に出来ることは全部やってみたかったと告白する。

そんな鳥子の様子を見て、空魚はとにかく海でやれる事をやってみようと提案する。

白い塊と謎の声

思い立った2人だったが思いついたやれる事は既にやっていたり道具がなかったりで始めたのは射撃訓練だった。

不慣れながらも命中させた空魚に続き、鳥子は綺麗な射撃を見せる。

そんな鳥子も最初のうちは全然当たらなかったと会話を弾ませ、空魚は再び練習を始めるが的の先に謎の白い塊が浮かんでいた。

突然聞こえてきた大きな声に誰かが居ると驚く2人だったが、続いて何かぶつかる音とくぐもった悲鳴が聞こえてきた。

音のした方を探す鳥子の目線の先にあったものは……。

裏世界ピクニックを無料で読む方法とは?

U-NEXTの『月刊ガンガン2021年1月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『裏世界ピクニック』第34話が含まれている、月刊ガンガン2021年1月号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

裏世界ピクニック【第34話】考察・感想

非日常的ながらも浜辺という癒しの空間で空魚と鳥子の距離が更に縮まったような気がします

閉じ込められた浜辺からどうやって帰るのか幸先は不安ですが、そんな中でも2人はかけがえのない経験をしたのではないでしょうか。

それだけならば良い話だったで終わってしまうのですが、そうはいかないのがこの作品です。

いつの間にか現れた謎の塊に聞こえてきた声、何が起きているのか分からないのが不気味すぎます。

果たして2人は無事に異世界の浜辺から帰ることができるのでしょうか?

まとめ

以上、『裏世界ピクニック』第34話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『裏世界ピクニック』第35話は、月刊ガンガン2021年2月号(1月11日発売)に掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!