赤髪の白雪姫【第123話】最新話ネタバレと考察・感想!温室の手がかり

赤髪の白雪姫【第123話】最新話ネタバレと考察・感想!温室の手がかりのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約3分で読めます

月刊LaLa2021年6月号(3月24日発売)の『赤髪の白雪姫』第123話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第122話第123話
(最新話)
第124話

赤髪の白雪姫【第123話】のあらすじ・ネタバレ

カゲヤは薬の調合を命じられていた

謎の集団に 捕まってしまった二人。

謎の男達は 薬を調合してその方法を書き記せと指示をしてきた。

それをもたもたやっていると 謎の男たちはリュウに蹴りを食らわせた。

カゲヤは ここでは薬は作れないと謎の男達に言う。

薬の調合は誰も知らない本質があるからそこで作るのだと。

謎の男達は二人を連れて温室に向かった。

白雪達が2人が連れてこられた 家にたどり着いた

家は既にもぬけの殻のように思えた。

部屋の中は荒らされたような痕跡がある。

白雪はふと引き出しの中を開けて 庭の手入れ記録を見た。

白雪は この子に見覚えはないかとエイセツに問いかけた。

エイセツはエイセツで 何かフクロのようなものを手に取って呆然としている。

エイセツはカゲヤに 息子がいることを知らなかったのである。

そしてそのままどこかに向かおうとしていた。

カゲヤを過去に貶めたものがいるからそいつらに会いに行くと。

しかしやみくもに動き回っても事態が悪化するだけだとそれをたしなめる。

そんなことをお話していると屋敷の中に誰かが入ってくる気配を感じた。

白雪はこの時何かに気付いていた。

カゲヤが ここで薬を調合していた気配が全くないと。

そんなことを話している間にもフードをかぶった男たちは部屋の そばのドアまでしていた。

ここで3人は一芝居打つことに決めた。

部屋の外の男たちは中で仲間割れが起きたと思っていた

エイセツは この香水があればこの土地を影で制御できると2人にいきり立っていた。

エイセツは そうやって二人を何か硬いもので ぶっ飛ばして亀裂をさせた。

それを聞いて謎の男達が 部屋に入ってくる。

謎の男たちはエイセツのことも知っているようだった。

エイセツは 謎の男達に昨日自分たちを襲ったのと同じものたちかと問いかけると男達は知らん振りをしていた。

そうやって話をしているうちに亀裂をしている振りをしていた 二人が不意をついて男たちに攻撃を仕掛けた。

そしてこの部屋には最初にいた3人以外は全員気絶していることになった。

この男たちが入っていたことをまとめるとどうやら本当に先日襲撃した人たちとは違う 方面の者たちらしい。

さらにこの男たちは後手に回っていたので香水のこととかもう何もわからなかったのである。

白雪は突然 この屋敷には温室があるのではないかとつぶやいた。

赤髪の白雪姫の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『月刊LaLa2021年6月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『赤髪の白雪姫』第123話が掲載されている、月刊LaLa2021年5月号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

赤髪の白雪姫【第123話】の考察・感想

漫画だから何とも言えないですけどエイセツのうった芝居は多分下手くそなんでしょうね。

それに騙されるほうも騙されるほうでしょう。

何の疑いもなしに部屋に入ってくるのですからこの男たちは大したことがない人たちなのかもしれません。

まとめ

以上、『 赤髪の白雪姫』第123話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『 転生悪女の黒歴史』第124話は、LaLaにて5月24日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!