アシガール【第106話】 ネタバレと考察・感想!信長が走る

アシガール【第106話】 ネタバレと考察・感想!信長が走るのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約3分で読めます

ココハナ2021年5月号(20213年月27日発売)の『アシガール』第106話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第105話第106話第107話

『アシガール』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

アシガール【第106話】のあらすじ・ネタバレ

ご隠居様が若君を愛でていた  

腰元たちもそんな様子を見て微笑ましいと思っていた。

天丸 の言葉を訳して腰元たちに伝えたりしてみんなはのほほんと過ごしていた。

唯も じいやをここに連れて来て正解だとお菓子を食べながらそんなことを考えていた。

世話係の女の人達をうまく手なずけてこっそりとお菓子も差し入れしてくれるようになっていた。

しかし相変わらず庭は 竹の柵で囲まれている。

入り口には鍵もかけられている。

24時間に貼られている状態。

しかしそういった人質生活を送っている割にはまぁまぁ平和に過ごしているように思われた。

そうやって考えていると外で何か騒がしい声が上がっているのが聞こえた。

もしかしてまた戦いがあるんじゃないかと思い出した唯。

お付きの者は月の軍勢が来ると覚えている人たちがいると話した。

この家には結婚が決まっていた二人の貴族の者がいたと言う。

しかし婚礼の席に赤い月に住んでいるという鬼女が大軍を率いて現れて 我が君を連れ去ってしまったのだという伝説があったのだった。

唯 はそれを聞いて微妙に話が捏造されているんではないかと感じた。

実際はは若君と女性はそれほど良い関係ではなかったのだと説明した。

御月 はお城の近くまで来ていた  

今日もお城の近くには警備が厳重に敷かれている。

これではうかつに近寄ることができない。

そんなことを考えていると若君のもとに使者がやってきた。

それは信長を一緒に倒してくれという伝令であった。

若君は きっと織田信長のことだから こっちが攻めに行くという事は筒抜けであると考えていた。

信長にもこちらの考えは伝わっていたようだ

織田信長は一成が 斎藤道三と通じていたことを知っていたようだ。

そして織田信長は直ちに黒羽 城を攻めることを決意した。

織田信長は部下のものにしろとはいにしてやれと命じていた。

アシガールの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ココハナ2021年5月号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『アシガール』第106話が含まれている、ココハナ2021年5月号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

アシガール【第106話】の考察・感想

面白いけどページ数も短くてあっさりと終わってしまいますね。

唯の子供も無事に成長しているようです。

ちょうど今水曜どうでしょうで織田信長のことをやっているので 合わせてみると理解しやすいかもしれません。

まとめ

以上、『アシガール』第106話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『アシガール』第107話は、ココハナにて4月28日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!