血の轍【第96話】ネタバレと考察・感想!取り調べが始まる

血の轍【第96話】ネタバレと考察・感想!取り調べが始まるのアイキャッチ画像
最新話を今すぐ無料で読むならココ
この記事は約5分で読めます

ビッグコミックスペリオール2021年9号(4月9日発売)の『血の轍』第96話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第95話第96話第97話

血の轍【第96話】のあらすじ・ネタバレ

静一の取り調べが開始していた

刑事さんは取り調べを開始していた。

刑事さんはこれから聞くことに正直に答えてくれとうながしている。

しげちゃんが本当に一人で自分の家に行ってきたのかと刑事さんは問い掛けてきた。

それに黙っていると刑事さんが答えるように促してくる。

しげちゃんは一人で自分の家まで行ってきたのだと答えた。

そしてしげちゃんは 山に行こうと自分を誘ってきたのだと答えた。

それを見て自分は家に入るように言ったのだがしげちゃんは一人で山の方に向かっていたのだという。

しげちゃん のことを放ってはおけないから自分が歩いて行ったのだと。

その時しげちゃんは一体どういう様子だったのかと刑事さんは問いかけてきた。

その時静一はふと 取調室の窓にかかっている鉄格子を見た。

鉄格子の 後ろにある景色をずっと眺めてみる。

外では雪が降っているらしい。

外で雪が降っていることを告げると刑事さんは それに関心を持たずにじっと睨みつけてきた。

そうやっているとドアがコンコンとノックされる。

ドアが開いて他の刑事が顔を出すと取調べをしている係長は呼び出されて部屋を出て行った。

係長はすぐに戻ってきた

係長は再び 机に着くとため息をしてから 話しかけてくる。

係長は病院でしげちゃんが亡くなったことを伝えるのだった。

静一は改めてしげちゃんはあの時になくなっていたのかと伝えた。

刑事さんからそうだということを 伝えられると しげちゃんがちゃんと死ぬことができて良かったと静一は伝えた。

刑事さんがそれは一体どういうことかと尋ねてくる。

もしかしたらお母さん のやろうとしていた事の代わりをやったのかと 問いかけてくる。

静一は それは違うと答えた。

自分はお母さんのせいにするのはもう止めたのだという。

自分はしげちゃんが前から 死んだ方が良かったと思っていたのだと刑事さんに伝えた。

さすがの刑事さんもそれには少し悲しそうな顔をしていた。

弁護士さんと話をする 静一

取り調べは一旦は終わったらしい。

弁護士さんは お腹が空いたなら何か買ってこようかと 訪ねてきた。

静一は おにぎりがいいと答えてその日は眠りについた。

夢の中で自分の体を蝶が包んでいくのを感じた。

血の轍の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『ビッグコミックスペリオール2021年9号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『夏目アラタの結婚』第42話が掲載されている、ビッグコミックスペリオール2021年9号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

血の轍【第96話】の考察・感想

ここまでまだお父さんの投稿がわからないのが逆に怖いですね。

自分がお父さんだったらこんな状況になって生きていたいと思えるでしょうか。

そしてお母さんも今どうなっているのかが分からないのが気になります。

まとめ

以上、『血の轍』第96話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『血の轍』第97話は、スペリオールにて4月23日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!