ダイヤのA act2【第238話】ネタバレと考察・感想!1点差を追う展開

ダイヤのA act2【第238話】ネタバレと考察・感想!1点差を追う展開のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年6号(1月6日発売)の『ダイヤのA act2』第238話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第237話第238話第239話

ダイヤのA act2【第238話】のあらすじ・ネタバレ

ボールの行方は

御幸の辺は確かにいい当たりではなく何とかくらいついたと言う打球だった。

打球はファーストの横に飛んでいく。

ここはファーストの星田がナイスキャッチ。

そのまま2塁に送ってワンナウト。

さらに1塁に送ってダブルプレーを狙う。

すでに1塁のカバーにはピッチャーが入っているようだ。

全力疾走の御幸。

しかし健闘もむなしく無情にも審判はアウトのコールをした。

これにて361のダブルプレーが完成してしまったのであった。

これでランナーは3類には進んではいるがツーアウトオンにしたことで、ピッチャーの天久はベースの上で吠えているのであった。

この3塁ランナーが生還できるかと言う所。

しかし5番バッターの前園はサードゴロに倒れてしまいスリーアウトチェンジとなった。

沢村はまだ試合は折り返し地点とハッパをかける

青道のナインは表情にも焦りが見え始めていた。

まだ沢村も4イニングを投げて球数も38、ヒット2しか打たれていない。

次のイニングも少しきおう部分もあったが、先頭バッターをセカンドゴロに止めてワンアウト。

8番と9番のバターも連続でセカンドゴロにしてスリーアウトチェンジとなった。

下位打線とは言えこの街をきっちりと3人で抑えて勢いをつけようとしていた。

しかしキャッチャーは全く違うことを考えていた。

全員が右方向全く同じように売っていたと。

これはただバッターが凡退しただけではなくて、球を引きつけて見極めてきているのではないかとキャッチャーは感じていた。

この試合は1点がものを言う試合となってしまうのか天久は考える

やはりあそこで1点を取っておいてよかったんだと。

5回裏。

ここはバッターは外のスライダーには一切バットを出さないと言う選択をした。

インコースよりのタマをやっていくのだと。

青道はワンアウトランナー2塁と言う場面になる。

八番バッター金丸。

天久のボールには今まで負けた試合に対する後悔の気持ちが込められていた。

見事に8番バッターを打ち取るのであった。

ダイヤのA act2の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年6号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ダイヤのA act2』第238話が含まれている、週刊少年マガジン2021年6号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

ダイヤのA act2【第238話】の考察・感想

乱打戦ではなく1点を追うですか。

昨シーズンのプロ野球ではこういう試合を制するのは千葉ロッテマリーンズが非常にうまかったですね。

1点差もしくは僅差で勝つ試合がものすごく多かった記憶があります。

ではどうすれば青道は勝てるのか。

ここは我慢してフォークボールを振らないとか、フォアボールでも何でもいいから出塁することを心がけて残りのイニングに挑むのはいかがでしょうか。

実際にプロ野球ではトップクラスのピッチャーのロッテの美馬が同じバッターにフォアボールを連発してしまったことで一気に崩れてしまった試合があります。

とにかく相手にプレッシャーをかけることですね、追うものは追われるものに勝るです。

まとめ

以上、『ダイヤのA act2』第238話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ダイヤのA act2』239話は、週刊少年マガジン7号にて1月13日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

ダイヤのAの24巻の画像

『ダイヤのA』24巻が11/17に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※