ダイヤのA act2【第240話】ネタバレと考察・感想!反撃の糸口をつかむ青道

ダイヤのA act2【第240話】ネタバレと考察・感想!反撃の糸口をつかむ青道のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

週刊少年マガジン2021年8号(1月20日発売)の『ダイヤのA act2』第240話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第239話第240話第241話

ダイヤのA act2【第240話】のあらすじ・ネタバレ

試合は三高リードのまま進む

天久はこの前の試合で完全に化けた感があると周りのものも話していた。

青道はヒットが出ているがなかなか得点圏までランナーが進む事はないと。

打点を上げられる御幸もここまで3打席ノーヒットである。

このまま追加点を決めたら試合が決まってしまうのではないかと考える者もいた。

鳴さんは天久と投げ会ってみたいと思うようにまでなっていた。

試合はすでに7回の表になっていた。

ツーアウトランナーなしで7番のキャッチャーの高見。

監督もあと1点決めれば試合が決まると思い挑んでいるが、やはりなかなか相手のピッチャーを打ち消すことができない。

この試合ここまではヒット3本しか打たれていない、さらにフォアボールがないと言う。

今の沢村は1点は失っているが間違いなくこの夏ベストのピッチングをしているのであった。

沢村はここまで果敢にインコースを攻めている。

周りの観客の歓声も頂点に達している。

自分が打たれるようなことがあれば先輩たちの夏が終わってしまう、そんなことはできないと。

沢村は渾身のボールを投げた。

そして見事にストライクを取る、空振り三振のスリーアウトチェンジである。

沢村は打たれはしているが後半に入ってさらにギアを上げているのであった。

キャッチャーもそれを見てナイスボールと称えるのであった。

ここからは攻撃で援護をしてあげなければならないであろう。

監督は選手たちを鼓舞していた

向こうはここで失投をしてはならないとプレッシャーがかかっているはずだと。

そして疲れもあるし後半には甘いボールが増えてくるだろうからそれを逃すなと言う指示が入った。

後は自分たちのやってきたことを全力で出し切ると言って締めくくった。

沢村はその頃着替え室でシャツを着替えていた。

それを見てキャッチャーは沢村にプレッシャーがかかっているのではないかと感じていた。

川上先輩が投げられないことがプレッシャーになっているのではないのかと。

沢村はこのまま終わるようなチームではないと言うことを告げた

懸命にバッティングで行援護する野手たち

先頭打者はセンターへのヒットを見事放った。

5球目をはじき返し見事1塁ベースを踏んで果敢に吠えているのであった。

7回裏これでノーアウトランナー1塁である、これを反撃の糸口とせねばならない。

続くバッターは東城である。

ベンチは高めに浮いたカットボールを狙う作戦に出た。

ダイヤのA act2の最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊少年マガジン2021年8号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ダイヤのA act2』第240話が含まれている、週刊少年マガジン2021年8号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

ダイヤのA act2【第240話】の考察・感想

天久はここまでナイスピッチングでしたが、疲れもあるのかボールが高めに浮き始めてきたようです。

それがわかっているならできる事は1つ。

低めに決まってきたボールには手を出さないこと。

せっかくランナーを出したのに下手なボールに手を出してゲッツーをとられてしまってはせっかくのチャンスがパーになってしまいます。

東條はここはセオリー通りならバントでいいでしょうね。

ランナーが2塁まで進めば後は、1打逆転のチャンスです。

あとは天久を下げてくるかどうするか‥。

まとめ

以上、『ダイヤのA act2』第240話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ダイヤのA act2』241話は、週刊少年マガジン9号にて1月27日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!