九龍ジェネリックロマンス【第36話】ネタバレと考察・感想!過去の夢

九龍ジェネリックロマンス【第36話】ネタバレと考察・感想!過去の夢のアイキャッチ画像
31日間無料でお試し可能
この記事は約5分で読めます

ヤングジャンプ2020年8号(12月21日発売)の『九龍ジェネリックロマンス』第36話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第35話第36話第37話

『九龍ジェネリックロマンス』を全巻無料で読む方法は、以下の記事で解説しています。
無料で読む方法をお探しのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

九龍ジェネリックロマンス【第36話】のあらすじ・ネタバレ

金魚茶館にて

鯨井は、金魚を見つめていた。

「どうすか。」

そう声を掛けられて、視線を正面に座る工藤に戻す。

「いい店でしょ。」

同意を求める工藤に、鯨井ははじめて入ったけどステキなお店ねとほほ笑んだ。

「でしょ!合格っスか!?」

まるで工藤のお店であるような口ぶりに、鯨井は思わず笑ってしまう。

アリ⁉ナシ⁉と重ねて聞く工藤にアリ。合格ですと答えると、工藤は両手でガッツポーズして喜んだ。

金魚茶館の店員、グエンにも合格だってよと嬉しそうに報告する。

偉そうにごめんなさいねと謝る鯨井に、グエンはこれから工藤さんと沢山来てくださいと言い、サービスにスイカを出してくれた。

スイカを一口かじり、タバコを一服した鯨井は、心から美味しそうにため息をついた。

「はあ…」

クセ

「うまそうに吸いますよね…」

感心する工藤に、鯨井はおいしいのよ、スイカとタバコと返す。

工藤は、そういえば鯨井が以前も屋上でタバコとスイカジュースを飲んでいたことを思い出した。

おいしかったでしょ、と鯨井に聞かれたが、工藤にはよくわからなかった。

鯨井はスイカの後にタバコを吸いたくなるのがクセみたいなものなのだ、と言った。

「工藤くんはなにかクセとかある?」

そう聞かれて、工藤は考え込んだ。

そういえば、以前鯨井から発と8のことを聞いてから、道で8を見かけるとつい触ってしまう。

それを聞いて鯨井はかわいいわね、と笑った。

思いがけずかわいいと言われて気恥ずかしくなった工藤は、クセは無意識で出るのが多いから自分じゃわからないとぶっきらぼうに言った。

「いつも側にいる人とかに言われてはじめて気づくんじゃないんですか?」

「じゃあ、私が見つけて教えてあげる。」

片手にタバコを持ち、頬杖をついてそうほほ笑む鯨井に、工藤は思わず見入ってしまった。

夢から醒めて

鯨井は、手元の腕時計を見て自分の内見予約の時間が迫っている事に気が付いた。

グエンにスイカの礼をいい、工藤にお先に、と声をかけて店を出て行く。

その後ろ姿を見送る工藤に、グエンはいい女じゃないですかと声をかけた。

「向こうも工藤さんのことだいぶ好きそう。」

そういうグエンに、工藤は顔を赤くしてマジで!?オレ遊ばれてない!?と必死に聞いてきた。

その反応を見て、工藤さんってカワイイですよね、とグエンは笑う。

「彼女も、そう思ってますよ」

そう言ってほほ笑むグエンに、工藤は少し照れたように、最初に九龍に転勤と聞いたときはカンベンしてくれよと思ったのだと言った。

しかしいざ実際九龍に住んでみたら、食べるものも美味しいし雑多な雰囲気も嫌いではなかった。

「なんつーか…出会っちまったよな――…」

「工藤さん、すっかり恋してますね。九龍に。」

グエンにそう言われ、工藤はますます赤くなった。

オレばっかりこんな話して恥ずかしいだろ、お前も何か話せとわめく工藤を、グエンははいはいと流す。

工藤の後ろで、金魚たちが泳いでいる。

――――

工藤は目を覚ました。体中に汗をかいている。

時間は深夜1時35分。

ベットから身を起こし、胸元をつかむ。

「あぁ、あぁあああ」

悪い夢でも見ていたように、顔を両手で覆って慟哭する工藤。

――――

ちょうど同じ時間。

鯨井の部屋の金魚鉢がビリビリと僅かに揺れた。

針仕事をしていた楊明も、飲み屋でバイトする小黒もかすかな揺れに気づいた。

「今ナンか…地震?」

鯨井はふと部屋の外へ出て、辺りを見回す。

何も見当たらずにそのまま、部屋へ戻り扉を静かに閉めた。

九龍ジェネリックロマンスの最新話を無料で読む方法とは?

U-NEXTの『週刊ヤングジャンプ2021年8号』詳細画像

漫画が今すぐ読めないときは、
文字から想像して楽しむのも良いですよね。

しかし、
やはり、漫画ならではの価値があると思います。

イメージも一緒に、
スピーディに楽しみたい!

ワクワクしながら、
漫画ならではの世界を味わいたい!

そんなあなたにおすすめなのが、U-NEXTです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『九龍ジェネリックロマンス』第36話が含まれている、週刊ヤングジャンプ2021年8号を無料で読むことができます。

31日間無料でお試し可能

九龍ジェネリックロマンス【第36話】の考察・感想

工藤と鯨井Bのやり取りが、なんとも甘酸っぱい感じでしたね。

工藤の鯨井Bが好きな気持ちが伝わってきて、ほほえましい気持ちになりました。

それだけに、夢から覚めた工藤の叫びが鬼気迫っていて怖いというか、悲しいというか…。

鯨井Bが死ぬまでに、二人の間に何があったんでしょう?

今でも苦しんでいる工藤を見るのがツライです。

今の鯨井は工藤の気持ちを救うことができるんでしょうか?

まとめ

以上、『九龍ジェネリックロマンス』第36話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『九龍ジェネリックロマンス』第37話は、ヤングジャンプ10号(2月4日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!

九龍ジェネリックロマンスの3巻の画像

『九龍ジェネリックロマンス』3巻が11/19に発売されました!
最新刊を今すぐ読むならU-NEXTがおすすめです。
無料体験で600円分のポイントをゲットできます。

※期間内の解約で一切料金がかかりません※